ニュース一覧

  1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. ゲームグラフィックデザイナー学科
  4. 株式会社トライエース内定者 川上雅巳くんインタビュー

GAME GRAPHIC DESIGNER NEWS

2016年02月25日

株式会社トライエース内定者 川上雅巳くんインタビュー

『スターオーシャンシリーズ』『ヴァルキリープロファイルシリーズ』など、大人気のコンシューマーゲーム機用ソフトの開発を行っている株式会社トライエースに、AMGの学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームプログラマー学科2年生の川上雅巳(かわかみ まさみ)くんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q.ゲーム業界を目指すきっかけは?
小さい頃から多くのゲームに触れ、そのつど感動を与えてもらいました。
その感動をいつか自分が作ったゲームで多くの人に感じてもらいたいと思ったのがきっかけです。
Q.AMGに決めた理由は?
就職の実績と、実際にプレ講義などに参加してみて、AMGの雰囲気に触れ、AMGなら夢を叶えられると感じたからです。
Q.クラスの雰囲気はどうですか?
全員仲が良く、互いに切磋琢磨している良い雰囲気のクラスだと思います。
Q.印象に残っている講義・先生は?
はじめてのゲーム制作の講義は、簡単なものとはいえ、実際に自分が作ったものをはじめて動かす講義だったので、そのときの感動は特に印象に残っています。
Q.入学してすぐに始まる夏期共同制作の思い出は?
右も左もわからないなかで、チームメンバーと論争しながら少しずつ進んでいったのは印象深いです。

Q.学園祭の思い出は?
自分が作ったゲームを様々な人に遊んでもらい、いかにユーザー目線でゲームを作ることが難しいか、またその大切さを痛感しました。
Q.冬期共同制作と春季発表会の思い出は?
チームリーダーとしてプロジェクトに携わり、チーム全員で同じ目標に向かって突き進むことがいかに難しいか学びました。
発表会では企業の方に多種多様な言葉をいただき、自信と力の無さを同時に痛感することができ、それからの就職活動のモチベーションになった気がします。
チームメンバーとひとつの達成感を得たことは、人生においてもかけがえのない経験になったと確信しています。
冬期共同制作作品
Q.就活指導や就職活動で印象に残っていることは?
挫折を幾度か経験しながら、何が足りなかったのか、あれだけ自分のことをまじめに考えたのは最初で最後だと思います。
そうして最終的に自分の希望していた企業に内定をいただいたときは、すごく感動しました。

Q.これから業界を目指す皆さんへのメッセージ
実際にこの学校に入るまでは、ゲーム業界はすごく敷居が高いイメージがあり、正直自信はありませんでした。
ですが実際にAMGに入学し、クラスの友達、講師の先生方、学校の手厚いサポート、多くの支援のおかげで夢を叶えることができました。
なにごとも大切なことは最初の一歩を踏み出せるかだと思います。
勇気をもってゲーム業界の門を叩いてください。
そしてともにゲーム業界を盛り上げていきましょう。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

川上くん、ご協力ありがとうございました。
大阪アミューズメントメディア専門学校では、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムなどについて詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。