ニュース一覧

  1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. アニメーション学科
  4. 株式会社ディオメディアに内定した國金 裕有さんロングインタビュー

ANIMATION CREATOR NEWS

2016年12月08日

株式会社ディオメディアに内定した國金 裕有さんロングインタビュー

『迷家-マヨイガ-』『ガーリッシュナンバー』『艦隊これくしょん-艦これ-』など数々のアニメーション作品を手掛ける株式会社ディオメディアに制作進行として内定をいただいた國金さん。
普段の学校の生活や、制作の様子、そして就職活動の状況などを答えてくれました!

%e5%9b%bd%e9%87%911
%e5%9b%bd%e9%87%912
Q.アニメーション業界を目指したきっかけは?
高校では絵を描くイラスト部に所属していたのですが、その時はいつかクリエイティブな仕事をしたいな、となんとなく思っていただけでした。
ですが、高校を卒業してもまだ進路に迷っていた時に、いざ本当に自分が情熱を持ってずっと続けていける仕事はなんだろうと考えました。
もともと絵を描くのが好きだったのですが、加えて音や声、その上動きが加わったアニメーションという表現で自分の考えや世界観を発信していきたいと思ったのがきっかけです。
Q.AMGに決めた理由は?
AMGの事は深夜アニメの合間で学校のCMを観て知りました。
「夢を、夢で終わらせない」というキャッチコピーに衝撃を受けたのを覚えています。
そこからネットでも調べ、「行ってみたい!」と思い説明会に参加しました。
他の学校にも行ったことはあるのですが、AMGは学生だけで行なうアニメ制作があることで、常に全力を出し、自分を試すことが出来る雰囲気だな、と思ったのが決め手です。
自分の実力を知れるといいますか…自分たちだけでやっているからこそ、目標だったり課題だったりが常に目の前にある環境でやっていきたいと思ったのが大きいです。
Q.クラスの雰囲気はどうですか。
最初は、クラスメイトたちとうまく接していけるかなと不安でした。
私は高校から進学してきたクラスメイトたちより年上ということもあり、なじめるかどうか不安になり、最初は少し遠慮するなど気を使いすぎた部分が多々ありました。
ですが、1年生の夏の制作を終えて、人間関係や意見交換などは遠慮していても良いものは出来ないと知ったので、今は自分の意見は積極的に言うようになりました!
アニメ制作の知識が増えたのはもちろん、年下のクラスメイトとも臆せず話せることが出来るようになったのは、自分の中でも成長出来たところだと思います。
Q.印象に残っている講義について教えてください。
良くも悪くもハラハラしながら受けているのはデッサン講義です。
モチーフごとに質感が違い、それを表現するのが難しくいまだに苦戦します。
前に貼り出す講評で「頑張れたな」と思えるときは概ねよく表現出来ていると思います。
今の講義課題になっている石膏デッサンは割と表現しやすく描きやすいと感じていますね。
Q.アニメーション制作の思い出は?
初めての共同作業ということもあり、私も含めクラスメイトも緊張していました。
今までひとりひとりが生きてきた環境、作業の進め方、考え方が違うので、衝突してしまったことをよく覚えています。
実は私は最初アニメーター志望で、最初のチームではメインが作画、加えて書類作成など制作進行の補佐を担当していました。
ですが、チーム内の衝突や意見の食い違いが増えてきたことから、自分自身もしっかりと相手と話すということをしなければと思い、チームメンバーひとりひとりと話し合いをすることにしました。
そうするのが、当時は一番円滑に制作を進めていけるかなと思ったからです。
この時から、スケジュール管理なども任され、周りと良く話し、得意・不得意などを把握した上で進行管理をしていくことに充実感と達成感を覚えていきました。
夏の制作が終わったときに、やりきれなかった悔しさと、本当に自分には何が向いているのかを考え制作進行として業界を目指すことを決めたので、実際にアニメを制作出来たのは大きなポイントになったと思います。
%e5%9b%bd%e9%87%914
%e5%9b%bd%e9%87%915
夏(上)と冬(下)で國金さんが手掛けた作品
Q.学祭の思い出は?
来場してくださった方に、アニメの描き方・動かし方を教えるワークショップを担当していました。
普段アニメを観ている人たちが、実際に動かす体験をして楽しんでもらえたことが嬉しかったです。
来場される方はアニメの作り方はまったく知らない方たちばかりなので、教えるにしてもわかりやすい言葉を選ぶなど気をつけていました。
同時に、私も入学前はこうだったなぁと振り返る、いいきっかけにもなりました。
%e5%9b%bd%e9%87%916
就職指導で自己PRを作成します
Q.就職指導や就職活動で印象に残っていることは?
私は就職活動自体が初めてでした。
今まで作文や感想文などは得意な方でしたが、いざ自分をアピールする文書(履歴書・自己PR文)などを書くときにはとても苦労しました。
具体的に、自分の強みだったり理由だったりを説明する時、どんな言葉を使えばいいのか迷うことが多くなってしまいました。
何度も添削を受けたり、自分で書き直したりしている内に何を書いて何を省略すればいいかなんとなく要領が掴めていきましたね。
先生の添削指導の回数が減っていき、初稿で「これで大丈夫」と言っていただいた時は「よっしゃ!」と思っていました(笑)
Q.内定をもらった時の気持ちをお聞かせ下さい。
実は、面接当日トラブルがありまして…自分の中でも焦りや不安もありましたが、落ち着いて自分の中で精一杯やりきったつもりです。
後日、電話で内定のご連絡をいただいたときは、本当に嬉しくて、ありがとうございます!!!という気持ちでした。
Q.これから業界を目指す皆さんへのメッセージをどうぞ!
アニメーション業界は、今後もいろいろと発展していくと同時に、大変なことも増えてくると思います。
私もその業界に飛び込む身ですが、今本当に目指そうか迷ってる人もこれから目指したいと思う人も、自分の「やりたい!」という気持ちを実現してほしいなと思います。
私の好きなスポーツ選手の受け売りですが、「夢をあきらめる理由を探すより、続けられる理由を探せ」というものがあります。
この言葉をモットーに、私はこれからも自分の目標に向かって突き進み、「生涯現役!」を貫けるような人物になりたいと思っています。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

國金さん、ご協力ありがとうございました。
大阪アミューズメントメディア専門学校では、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムなどについて詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

※ここに掲載されているのは、大阪アミューズメントメディア専門学校の前身となるアミューズメントメディア総合学院の卒業生です。