ニュース一覧

  1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. ゲームプログラマー学科
  4. 株式会社トーセに内定した芳野くん・能美くんロングインタビュー

GAME PROGRAMMER NEWS

2017年02月06日

株式会社トーセに内定した芳野くん・能美くんロングインタビュー

京都に本社を持ち、ゲーム開発会社の最大手である株式会社トーセに、今年もAMGの学生が内定をいただきました! 内定者であるゲームプログラマー学科2年生の芳野友大(よしの ゆうた)くん能美大翼(のうみ だいすけ)くんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

能美1
能美 大翼くん

芳野1
芳野 友大くん
Q.ゲーム業界を目指すようになったきっかけは何ですか?
芳野:高校卒業後別の仕事をしていたのですが、やっぱり自分の好きなことを仕事にしたいと思い、ゲーム業界を目指そうと思いました。
能美:ゲームが好きなので、高校卒業後の進路に選びました。
Q.AMGに入学を決めたのはなぜですか?
芳野:入学前は福岡に住んでおり、地元にもゲーム系の学校はありましたが、実際にゲームを作る環境があるAMGを選びました。また体験授業に参加したときに知り合った人と仲良くなったことも大きかったです。
能美:卒業生に有名人が多く、この学校でなら自分もプロになれると思いAMGに決めました。
Q.入学後の生活に、想像とギャップはありましたか?
芳野:僕は22歳での入学だったので周りに馴染めるか不安でしたが、思った以上に年齢にばらつきがあって安心しました。また学校ではありながら、高校までのような雰囲気ではなく、比較的自由に過ごすことができました。あとは男女比が・・・ゲームプログラマー学科は女の子が少ないです(笑)。
能美:ギャップはありました。体験授業で経験したことよりも、実際の授業は随分難しくペースも早いです。勉強についていくのに必死でした。
Q.クラスの雰囲気や友人関係はどうですか?
芳野:みんな共通の趣味があるので、ゲームやアニメの話が多くてとても楽しいです。年齢差があっても気にならないくらい仲が良いです。
能美:雰囲気は良いです。常に何かしらゲームの話が聞こえてきて、とてもにぎやかです。
Q.印象に残っている先生や講義はありますか?
芳野:1年生のときに受けた企画の授業が印象に残っています。先輩から、厳しい先生だと聞いていたので…。どの先生方も講義前にいろんな話をしてくださるのですが、その時間がすごく好きでした。
能美:僕も企画の授業が印象に残っています。他の授業と比較しても、みんなすごく厳しいことを言われました…。
Q.入学してすぐに始まる夏期共同制作はうまくいきましたか?
芳野:初めてのゲーム制作でわからないことだらけだった上、メンバーがひとり途中で来なくなってしまったり…本当に大変でした。でも結構何とかなるものです!振り返るとすごく楽しかったなと思います。
能美:初めての制作にしてはうまくいった方だと思います。チーム全員でたくさん話し合いの場を設けたことで、みんなの思い描いたことを実現することができました。
Q.学祭およびビジネスデーでの思い出は?
芳野:自分では自信がなかったのですが、作ったゲームを面白いと言ってもらえ、とても嬉しかったです。ゲーム企業の方たちは自分たちと違ったところを見ているんだなと思いました。
能美:学祭では、自分が初めて作ったゲームを実際に遊んでもらうことができ、多くの方に楽しんでもらえたのが良かったです。ビジネスデーでは初めてゲーム企業の方と直接お話しをさせていただき、とても緊張したのを覚えています。
能美2
夏期共同制作作品(能美くん)

芳野2
夏期共同制作作品(芳野くん)
Q.冬期共同制作と春季発表会はどうでしたか?
芳野:3Dゲームの制作に苦労しました。作品の出来に納得がいかないまま発表会の場を迎えてしまい、悔しかったです。
能美:初めて一人で3Dゲームをつくってみて、改めてプログラムの難しさを実感しました。思い通りに作業が進まず、本当に大変でした。
Q.今回内定した会社を受験しようと思った理由は?
芳野:自分たちでゼロから作れる開発会社に行きたいと思っていました。中でもトーセさんは、家庭用・業務用・スマホなど幅広いゲームを作っていることに魅力を感じました。
能美:コンシューマーゲーム、ソーシャルゲーム、パチンコ・パチスロなど、幅広く開発していることが一番の魅力です。
Q.入社後の目標や決意を教えてください。
芳野:早く開発の中心を担える人材になれるよう頑張ります!
能美:多くの卒業生のように、僕もすごいプログラマーになって有名になります!
2人
Q.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。
芳野:まずは何かしら行動しましょう。行動しないと何も始まらないです。自分の好きなことだと、辛くてもきっと頑張れると思います。そして最後まで諦めないことが大切です。…とえらそうなことを言っていますが、僕もまだまだ実践できていないことが多いのでこれからも頑張ります!
能美:ゲームプログラマーになるには大変なことも多いと思いますが、めげずに頑張ってください!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

芳野くん、能美くん、ご協力ありがとうございました。
大阪アミューズメントメディア専門学校では、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムなどについて詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

※ここに掲載されているのは、大阪アミューズメントメディア専門学校の前身となるアミューズメントメディア総合学院の卒業生です。