ブログ

  1. トップページ
  2. ブログ
  3. 「第12回 青春21文字のメッセージ」で入賞!!
2019年2月28日

「第12回 青春21文字のメッセージ」で入賞!!

重度の花粉症という診断を受けているにもかかわらず、まだ全然花粉に反応していないノベルス文芸学科担任の@キコです。
こんにちは(。・ω・。)

ノベルス文芸学科の「制作実習」では、それぞれ応募したい賞への投稿作品を執筆・制作しています。

その中で、「第12回 青春21文字のメッセージ」に応募した1年生の古泉晴香さんが《近江鉄道賞》を受賞!
そして、宮脇悠人くんも見事、入選を果たしました!ヽ(*´∀`)ノ゚

そんな2人から、コメントが届いているのでご紹介しましょう(。・ω・。)

《近江鉄道賞》

スマホを忘れた日、車窓の外を初めて見た日

古泉 晴香(19歳 滋賀県)

【コメント】
この度は近江鉄道賞という名誉な賞をいただき、大変うれしく思います。
私の何気ない体験をたった21文字におさめるというのは、なかなか考えさせられました。
数ある表現をできるだけ省き、伝えたいことを限定するのは、ある意味で小説を書くよりも難しいことかもしれません。
受賞したということも含め、良い経験になりました。
この経験を糧に、これからの執筆活動にも真剣に取り組んでいこうと思います。
最後に、「青春21文字のメッセージ」を紹介してくださった先生、私の作品を見てくださった審査員の方々、本当にありがとうございました。

 

《入選》

彼女に肩を貸し 私の降りる駅は もう過ぎ去った

宮脇 悠人(19歳 滋賀県)

【コメント】
「青春21文字のメッセージ」に作品を送り、見事入選した私ですが、元ネタは電車での失敗です。
電車でうっかり寝てしまい、降り損ねた経験をネタに作りました。
只の電車での失敗を、恋愛の甘酸っぱい経験に改変していきました。
帰りの電車で、自分の肩を枕に気持ちよく寝てしまう彼女。起こすのをもったいなく思っていたら、自分の降りる駅が過ぎてしまう。
思いついたら、後はどう21文字に収めるかでした。
伝えたいことだけを切り取っていき、21文字で収まり切った時は思わず、「よし!」と声が出てしまいました。
展示された自分の作品を観に行き、写真を撮って思い出として残しましたが、次は賞状を思い出として残せるように頑張りたいです。

 

ちなみに、2人で仲良く授賞式に行って来たようです。
カメラマンは宮脇くん!(笑)
カメラの腕もなかなか!(笑)

こうした実績を一つひとつ積み重ねていき、次の作品への活力に!

4月からはいよいよ2年生!
1年次の2倍、3倍がんばって、望みどおりの結果を出していこう~!!

 

taiken