GAME ANIME 3DCG
ゲーム・アニメ3DCG学科

  1. トップページ
  2. ゲーム・アニメ3DCG学科
  3. デザイン・アートワークⅠ・Ⅱとは

デザイン・アートワークⅠ・Ⅱとは

デザイン・アートワークⅠ・Ⅱとは デザインアートワークⅠ・Ⅱは多くのゲーム制作で使用されており、2DCGや3DCGなどの製作には欠かせないPhotoshopやIllustratorの操作を会得していく授業です。
デザインアートワークⅠ・Ⅱの授業で学べる内容は、特にゲーム業界で活かせるPhotoshopやIllustratorのスキルを中心に身につけていくことができます。

多くのゲームを制作している会社で使用されているPhotoshopやIllustratorを基本から応用までさまざまなスキルを会得することは、ゲームを制作していく上で必要不可欠なものです。
より多くのゲーム作品に携われるように、ゲーム制作に欠かせないグラフィックソフトPhotoshopやIllustratorのスキルを身につけながら磨いていきましょう。

ゲーム・アニメ3DCG学科の「デザインアートワークⅠ・Ⅱ」の特徴

その1:Photoshopを一から学べる

デザインアートワークⅠ・Ⅱの授業では、ゲーム制作のメインと言えるグラフィックソフトPhotoshopを一から学ぶことができます。
主に使用するレイヤーをはじめ、パスやアルファチャンネルがどのようなものか、フィルタ機能などがどのような効果を与えるのかといったことを、Photoshopに触れたことがないという人でも安心して一からを習得することができます。

その2:テクスチャーマップを作れるようになれる

さらに、ゲーム制作で欠かせないあらゆるテクスチャーマップを制作できるようになれるのも、デザインアートワークⅠ・Ⅱの授業の特徴でもあります。
写真を加工してからテクスチャーにするスキルは、ゲーム内に登場する背景やキャラクターに使用することが多いので、ここでしっかり学ぶことができますよ。

その3:現役のCGクリエイターに指導してもらえる

デザインアートワークⅠ・Ⅱの授業は、現役のCGクリエイターが指導する授業でもあります。
現場ではどのようなレイヤー管理法を行なっているのかはもちろん、Photoshopのオペレーションを通して多くを学べます。
なので、多くの学生はPhotoshopなど触れたことがないですが現役のCGクリエイターから本格的な現場でのスキルを習得し、卒業するときにはプロのゲームグラフィックデザイナーになれます。

「デザインアートワークⅠ・Ⅱ」の授業について

デザイン・アートワークⅠ・Ⅱの授業は講義を経て、実際にPhotoshopやIllustratorを使った実習を行なうことで学んでいきます。
いずれも先々ゲームを制作していく上で欠かせないスキルとなるので、ここでしっかり学んでいきましょう。

授業の大まかな流れとしては、PhotoshopやIllustratorを操作していく上で基本となるショートカットをはじめ、レイヤーやパス機能、アルファチャンネルをどのように使えばいいのかといった基本から学んでいきます。
そこからさらに実際作業をする上でのレイヤーの管理方法や質感やテクスチャーなどの描き分け方、絵画調のペイント方法などを身につけていきます。
さらに3DCGや2DCG、写真を参考にした上での背景作成方法、バリエーションフィルタなども身につけていきます。

「デザインアートワークⅠ・Ⅱ」のゴール

デザインアートワークⅠ・Ⅱの授業のゴールは、「PhotoshopのオペレーションやIllustratorを覚える」、「テクスチャーの技術を身につける」ことです。

多くのゲーム制作会社では、キャラクターや背景などを作るときにPhotoshopやIllustratorを使用します。
なので、Photoshopの機能などオペレーションを通して覚えていくと同時にIllustratorや3D制作スキルなどを併用できるようにカリキュラムが構成されています。
以上のことから、デザインアートワークⅠ・Ⅱの授業で、ツールの知識と技術をしっかり授業で会得していきましょう。

プロの現場でこんな場面で活きる!

デザインアートワークⅠ・Ⅱの授業でPhotoshopをはじめ、Illustratorを使用した3D制作スキルを身につけていると、ゲーム制作をよりスムーズに進めることができるようになります。
ゲーム制作で必要なPhotoshopやIllustratorを一つの画材として2D制作、さらには3Dや加工などで使用できると、多くのゲーム製作に関わることができます。
したがって、多くのゲーム作品に登場する多くのものを制作できるスキルを持てるように、デザインアートワークⅠ・Ⅱの授業で知識や技術を習得していきましょう。