GAME ANIME 3DCG
ゲーム・アニメ3DCG学科

  1. トップページ
  2. ゲーム・アニメ3DCG学科
  3. 背景デザイナーの仕事とは?

背景デザイナーの仕事とは?

背景デザイナーの仕事とは? 日々リリースされ続けているゲーム作品の中で、ゲームのコンセプトに見合った背景や小物、さらにはアイテムなどが多く見られます。
さらに、今日さまざまなCMやテレビ、映画、アニメなどの作品でも、世界観をより深めていく役割を果たしている人々がおり、その役割を担っているのが背景デザイナーです。
しかし、実際背景デザイナーという職業名を耳にしても、どんな風に仕事をしているのか、さらにはどんなスキルが求められているのかが見えてこないという人も多いと思います。
今回は多くの制作現場で仕事をすることができる背景デザイナーについて、さまざまな視点でお送りします。

背景デザイナーとは

さまざまなゲームや映像作品の世界観やストーリーを背景というポジションから関わっている背景デザイナーについてどのようなものか、ご紹介していきます。
背景デザイナーの多くはゲーム企業や、CG制作企業、アニメ企業などに所属しています。
そして、日々担当する作品の背景デザインなどを考えながら、さまざまなデザインソフトを用いてデザインを行なっていきます。
作業の工程は主にプランナーより渡された企画書をもとに、背景のラフをデザインし、作品の世界観をプランナーと共に作り上げて行きます。

ある程度のラフデザインが出来上がると、3DCGソフトで大まかな情景を作成し、さらに世界観をリアルにするための作りこみを行い、環境にあった光をあてたりして、自然さをより引き出す加工を進めていきます。
したがって、背景デザイナーが行う作業は多く、さらに企画書で意図していることを読み取りながら進めていく必要があることから、ゲームや映像の世界観を決めるといってもいいほどです。
なので、背景デザイナーの腕はゲームや映像の仕上がりを左右しているといっても良いものといえます。

背景デザイナーに求められる能力とは?

背景デザイナーに求められる能力は、大きく「多くの空間を描くための構成力」と「3DCGソフトやグラフィックデザインソフトでデザインできる力」の二つの能力が求めている現場が多く見られます。 「多くの空間を描くための構成力」は、さまざまなものを描くための力を指します。
ゲームのジャンルはもちろん、担当することとなる媒体問わず、背景に関わるもの(建物や地形、さらには海や空など)を描いていく必要があり、いずれを描くためには空間がどのようになっているかを構成する力が必要です。

さらに、「3DCGソフトやグラフィックデザインソフトでデザインできる力」は、ゲーム作品に合わせて制作していく上で欠かせないものなので、多くのスキルを要します。
ゲーム作品は2Dと3Dとあり、いずれを制作するためにはPhotoshopやIllustratorやZbrush、MAYA、3dsMAXなどのツールが使用できることが必須となります。
そのため、背景デザイナーは空間を構成するために全体を見る力、そしていずれを作り出すためのソフトを用いたスキルを持っていることが欠かせないものだと覚えておくといいでしょう。

背景デザイナーのやりがいとは?

背景デザイナーが働いていく上で抱くやりがいは、やはり自分が背景デザイナーとしてデザインに携わった作品が実際にリリースされたときです。
ここまでお話ししたように、背景デザイナーはゲーム作品を通して多くの背景に関わるものをデザインしていきます。

そのため、背景デザイナーは制作期間中とてもハードなスケジュールを送り続けるため、苦労が絶えない職業です。
なので、実際にゲーム作品がリリースされ、ユーザーが楽しんでいる姿を見てやりがいを抱く背景デザイナーが多くいることから、多くの作品に関われば関わるほどやりがいを抱くことができる職業と言えるでしょう。

背景デザイナーの仕事まとめ

今回は背景デザイナーについて、さまざまな視点で見ていきました。
背景という空間をどのように描いていけばいいか、さらにはより本当にその場にいるようなデザインを考案していくためにはどのようなスキルが必要とされているのか、そして仕事をして行く上でのやりがいなどが見えてきたのではないでしょうか。

背景デザイナーは近い将来多くのゲーム作品だけでなく、さまざまなジャンルで活躍できる職業でもあるため、より多くの人材が求められます。
ゲームをはじめ、さまざまな媒体に関わることができる可能性を持つ背景デザイナーになるためにも、実際にグラフィックデザインや3DCGソフトに触れていきながら、日々見ている風景をどのように描けばいいかを考えられるようにしていってみてはいかがでしょうか。