CHARACTER DESIGNER
キャラクターデザイン学科

  1. トップページ
  2. キャラクターデザイン学科
  3. キャラクターデザイナーの仕事とは?

キャラクターデザイナーの仕事とは?

キャラクターデザイナーの仕事とは? アニメやゲームが好きな方は、キャラクターデザイナーという仕事名を一度くらい耳にしたことがあると思います。
近頃ではキャラクターが商品化したり、企業広告にキャラクターが使われたりと、キャラクターデザイナーのお仕事の幅はさらなる広がりを見せています。
そんなキャラクターデザイナーですが、仕事内容やお仕事のやりがいとは具体的にどういったものなのでしょうか?

ここでは、キャラクターデザイナーの仕事内容や求められる能力、お仕事のやりがいなどについて詳しく紹介していきます。
興味のある方はぜひ、今後の参考に目を通してみてください。

キャラクターデザイナーとは

キャラクターデザイナーとは、クライアントの要望に応じてキャラクターの絵を描くお仕事です。
対象となるイラストはさまざまで、アニメやゲーム、雑誌、ポスター、企業広告など、キャラクターデザイナーの活動範囲は多岐に渡ります。
ゲーム会社などに勤務するキャラクターデザイナーの場合は、基本的にディレクターと打ち合わせをするところから始まり、ゲームの設定に応じてストーリーや世界観にマッチするキャラクターを描いていきます。
そしてイラストの製作が一通り完了したら、ディレクターに確認してもらい、指示された場所の修正を行っていきます。
修正の数はその時の状況次第で変わってきますが、通常は何度も修正を繰り返していき、少しずつ完成形へ近づけていくといったパターンが多いです。

フリーとして働くキャラクターデザイナーになると、クライアントからの指示書を元にキャラクターを作っていき、完成まで、何度もチェックのやり取りをしながらすすめていきます。

キャラクターデザイナーに求められる能力とは?

キャラクターデザイナーは絵を描く仕事ですので、まずは画力が一番に求められます。
アニメやゲーム、雑誌、ポスターなど、媒体によって求められる絵は異なるので、さまざまなイラストを臨機応変に描き分けられる人ほどキャラクターデザイナーに向いていると言えます。

また、キャラクターデザイナーはまったく0の状態からオリジナルの絵を生み出す必要があるため、豊かな想像力も求められます。
近頃では「Photoshop」や「Illustrator」といったデジタルツールを使う機会が増えているので、それらの知識も持ち合わせていると業務の幅がより広がります。

キャラクターデザイナーのやりがいとは?

キャラクターデザイナーのやりがいは何と言っても、自分の好きな「絵を描くこと」を仕事にできるという点です。
これは現役で活躍しているキャラクターデザイナーの方々も感じていることだと思います。

また、自分の作ったキャラクターが多くの人に評価されれば、自信がつきますし、今後のモチベーションにもつながります。
そのキャラクターの人気が高まれば、商品化されたり、別の作品に使われたり、さらには海外で人気が出ることもあります。
何世代にも渡って沢山の人から愛され続けるキャラクターを作ることは、キャラクターデザイナーにとっての大きな目標と言えるでしょう。

キャラクターデザイナーの仕事まとめ

今回はキャラクターデザイナーの仕事についてお話しさせていただきましたが、いかがだったでしょうか?
キャラクターデザイナーは単純な画力はもちろん、魅力あるキャラクターを生み出すための想像力も大きく求められます。

キャラクターを1から制作する楽しさを味わえるのは、キャラクターデザイナーならではのやりがいです。
これからキャラクターデザイナーを目指す方は、絵を描く練習はもちろん、空いた時間には色んな作品を見て着想やインスピレーションを養っていくといいでしょう。