CHARACTER DESIGNER
キャラクターデザイン学科

  1. トップページ
  2. キャラクターデザイン学科
  3. キャラクター論Ⅰ・Ⅱとは

キャラクター論Ⅰ・Ⅱとは

キャラクター論Ⅰ・Ⅱとは キャラクターデザイン学科のキャラクター論Ⅰ・Ⅱの授業は、キャラクターデザイン学科の基礎とも言える授業です。
キャラクターデザインをしていくために必要とするあらゆることの技術や理論について、多くを学んでいきながら、自分で考えたキャラクターの魅力を高めていけるようになっていきます。

媒体を問わず、多くのオリジナルキャラクターを生み出していくためには、キャラクターデザインの基礎に関わる知識や技術、そしてアイディアを出し続けていくために多くのものを見ていく力が今日の現場で求められています。
いずれの知識や技術などを今後現場に就き、生み出してきたキャラクターを売り出していくための広告なども手がけていけるように、キャラクターデザイン学科のキャラクター論Ⅰ・Ⅱの授業でたくさん学んでいきましょう。

キャラクターデザイン学科の「キャラクター論Ⅰ・Ⅱ」の特徴

その1:発想方法を理論的に学べる

キャラクターデザイン学科のキャラクター論Ⅰ・Ⅱの授業は、キャラクターを考案するための発想方法について理論的に学ぶことができることが特徴です。
キャラクター論Ⅰ・Ⅱの授業では、キャラクター考案をしていく上でアイディアをどのように具現化していけばいいのかについて深く学ぶことができるようなカリキュラムとなっています。
例として、歴史的な作家の方が考えたキャラクターはどのように考えられたのかを分析していくことで、キャラクター考案のポイントをつかみながら、多くの訓練を重ねていくといったことなどが挙げられます。
AMGでは、キャラクターデザインを初めて行なう人でも、以上のようなことを繰り返すことで学んでいけるようになっているので、キャラクターデザインを楽しみながら、理論的に学ぶことができるようになっているので、安心して授業に取り組めます。

その2:さまざまなデザインや描写について学べる

キャラクター論Ⅰ・Ⅱの授業では、さまざまなデザインや描写について学んでいくことができることも特徴として挙げられます。
キャラクターのデザインは、関わっていく媒体に併せてデザインを行なえるようになることが求められます。
そのため、AMGのキャラクター論Ⅰ・Ⅱの授業では、自分自身のデザインや描写だけではなく、さまざまなテイストに合うデザインや描写ができるように授業で学んでいきます。
そして、デザインや描写を学んでいくためにはどのようなインプットをしていけばいいのかといったポイントも学んでいきます。
新たなキャラクターデザインを行なっていくためには、日々多くの作品や情報をインプットも求められるので、さまざまな方法で学んでいくコツも授業で指導していきます。

その3:デザインやイラストいずれの制作ができる

そしてキャラクター論Ⅰ・Ⅱの授業の特徴として、デザインや描写に加え、デザインやイラストいずれの制作ができるようになることも挙げられます。
デザインや描写のときにもお話ししましたが、今日さまざまな作品が生まれていることから、同じようなテイストのキャラクターデザインのみでは、ユーザー離れなどが懸念されます。
そのため、デザインやイラストにも多様性が求められており、一つのデザインやイラストではなく、さまざまなデザインやイラストの制作ができるキャラクターデザイナーを欲している現場が多いのが現状です。
AMGでは、キャラクター論Ⅰ・Ⅱの授業でデザインやイラストの制作を多く行なっていくことで、さまざまなデザインやイラストを制作できるように指導していくので、初心者でも安心して学ぶことができます。

「キャラクター論Ⅰ・Ⅱ」の授業について

キャラクターデザイン学科の中でも、基礎とも言えるキャラクター論Ⅰ・Ⅱの授業は、制作を重きに置いたカリキュラムとなっています。
授業のカリキュラムは、どれもプロのキャラクターデザイナー、もしくは企業内のチームに所属したときに活かすことができるように組まれているので、キャラクター論Ⅰ・Ⅱの授業で1から学んでいきましょう。

キャラクター論Ⅰ・Ⅱの授業は、現役のデザイナーが講師として学生一人一人の作品を見て、それぞれの課題がなんなのかといったアドバイスを行ないます。
そして制作するものも商業用のポスターなどシンプルなものから、書籍の挿絵などさまざまなデザインやイラストを制作していきます。
さらに、授業の回数を重ねていきながら、自身がデザインしたキャラクターの架空企画のイベント用のポスターなどの作成などを行うことで実践的な経験も積んでいきます。
キャラクター論Ⅰ・Ⅱの授業でデザインやイラストを制作する経験を多く積み、企画に沿ったポスター、そして物語に沿った書籍の表紙や挿絵などの制作ができるようになるためにも、日々の授業で多くの技術と知識を学んでいきましょう。

「キャラクター論Ⅰ・Ⅱ」のゴール

キャラクターデザイン学科のキャラクター論Ⅰ・Ⅱの授業のゴールは、「商業用のポスターや書籍関連の挿絵を制作できるようになる」、「プロとして求められるであろうことを基礎からしっかりできるようになる」ことの2つです。

キャラクターデザイナーは媒体を問わず、多くのイラストやデザインを行なっていくことが多いことから、より魅力的なポスター書籍関連の挿絵が制作できることが求められます。
キャラクター論Ⅰ・Ⅱの授業は、イラストやデザインの制作を行なうことに加え、宣伝商材として使用される商業用ポスター、書籍の挿絵などに対しさまざまな想定をしながら制作できるスキルを身につけられるカリキュラムになっています。
なので、日々の授業で経験を積み重ねていきながら、現場に立ったときに戦力となることができる授業として挙げられます。

プロの現場でこんな場面で活きる!

キャラクターデザイン学科のキャラクター論Ⅰ・Ⅱの授業で学んだ内容は、実際に発想をする段階のときに大いに活かせます。
キャラクター論Ⅰ・Ⅱの授業は、さまざまな要素を組み合わせていきながら新たなアイディアとして生み出す発想力が求められます。

そして、日々の授業で多くのデザインやイラストの制作を行なっていきながら、実際の企画を想定しながらの制作もできるようになります。
なので、キャラクターデザイナーとして、より多くの企画を練り出せるようになるためにも、キャラクターデザイン学科のキャラクター論Ⅰ・Ⅱの授業を受講していきましょう。