CHARACTER DESIGNER
キャラクターデザイン学科

  1. トップページ
  2. キャラクターデザイン学科
  3. グッズデザイナーの仕事とは?

グッズデザイナーの仕事とは?

グッズデザイナーの仕事とは? 雑貨が好きだという方はグッズデザイナーに憧れを抱いたことが一度くらいあるのではないでしょうか?
本記事ではグッズデザイナーの仕事について求められる能力や、やりがいなどについて詳しく解説していきます。
ぜひ、参考にしてみてください。

グッズデザイナーとは

グッズデザイナーとは別名「雑貨デザイナー」とも呼ばれ、小物やステショナリーなどの雑貨を企画・デザインする人のことを言います。
中小企業の場合はデザイナーが商品を企画する所から手がけることもありますが、手掛けている商品の点数が多かったり、商品企画部署があるような場合、グッズデザイナーはデザインすることに専念します。
グッズデザイナーの大まかな仕事の流れとしては、まず初めに打ち合わせを行い、その後は類似商品のリサーチやデザイン案の作成、設計図や仕様書の作成、サンプル製作や完成品の製造までを行なっていきます。

グッズデザイナーに求められる能力とは

グッズデザイナーに求められる能力としては、デザインに関する知識や技術はもちろん、ユーザーのニーズを読み取る力や、依頼主に対して説得力のある提案ができるコミュニケーションスキルも必要になります。
また、グッズは日常生活での使用頻度が高い傾向にあるので、ユーザーの目線に立って考え、商品の素材の質感や機能性、安全性などを追求していく必要があります。
ですから商品のスタイリング、スペック、ユーザービリティ、ブランディング、生産性に配慮した、たくさんのユーザーに喜ばれるようなモノづくりが求められます。

これらの能力を養うためには日頃から雑貨店に足を運ぶなどして、積極的に情報収集を行うことが大切です。
色んな商品を見ていくことで感性が刺激され、インスピレーションが深まるとともに今後のアイデアや商品作りのヒントにもつながっていくでしょう。

グッズデザイナーのやりがいとは

グッズデザイナーのやりがいとしては、やはり「自分の好きなグッズ作りを仕事にしている」ということです。
グッズ作りに興味があってグッズデザイナーの道を選んだという方は非常に多いと思います。
また、自分の作ったグッズがお客様の手に渡り生活の一部として使ってもらえるというのも、グッズデザイナーのやりがいの1つと言えます。
グッズの人気が出れば、使いやすいという理由で何度もリピートして購入してもらえたり、たくさんの人に使ってもらえるようになります。
1つのグッズを作り出すのには多大な労力や時間が必要になるので、苦労して作り上げた分、商品が大ヒット時には大きな喜びや充実感を味わうことができるでしょう。

グッズデザイナーの仕事まとめ

今回はグッズデザイナーに関する情報をお伝えさせていただきましたが、いかがだったでしょうか?
グッズデザイナーとして一人前になるためには、グッズ作りが好きだという気持ちを忘れず、日々目標に向かって努力し続けることが大切です。

これからグッズデザイナーとしての道を進む方は、雑貨店などに行ってさまざまなグッズに目を通すことから始めてみるといいでしょう。
色んなグッズを目にしていくことで、グッズ作りのアイデアや、今後自分が伸ばすべきポイントなどが見えてくるかもしれません。