CHARACTER DESIGNER
キャラクターデザイン学科

  1. トップページ
  2. キャラクターデザイン学科
  3. イラストレーションとは

イラストレーションとは

イラストレーションとは キャラクターデザイン学科のイラストレーションの授業とは、一つの作品やクリエーターについて分析していきながら、先々の進路で使用するポートフォリオなどを研究していく授業です。
作品を客観的に分析していくことで、学生の作品一人一人の独自性を引き伸ばしながら、アピール法などを学び、学生たちそれぞれが目指している職業に近づけるための研究を行なっていきます。

今日、多くのキャラクターデザインの仕事をしているクリエイターがいる中に新人として飛び込んでいくことになります。
その中で埋もれず、より作家性をもてるよう1人1人が独自性を見出しさらなる作風を生み出していくことが欠かせません。
いずれをしっかり見出し、より良い表現方法を得られるようにイラストレーションの授業を通して多くを学んでいきましょう。

キャラクターデザイン学科の「イラストレーション」の特徴

その1:作品のクオリティーをより向上できる

キャラクターデザイン学科のイラストレーションの授業であげられる特徴としては、作品のクオリティーをより向上できる着眼点を得られることです。
イラストレーションの授業では、作品1つ1つを見てどのようなターゲット層、媒体を想定しながら考えられているのかといった研究を行なっていきます。
そしてそれは、学校内に限らず、校外などさまざまな場で行なうので、先々多くの作品と巡り合うときの見方を養うことができるので、イラストレーションの授業はプラスとなることが多い授業とも言えますね。

その2:自分の作風に独自性を加えられる

さらに、イラストレーションの授業では自分の作風に独自性を加えられるきっかけを得ることができるのも特徴といえます。
先ほどお話ししたように、プロのクリエイターはもちろん、美術館で展示されているような作品など多くのものを見ながら、客観的に分析できる目を養っていきます。

そして、多くの作品を見ていくことは、自身の作品をより良くするために加えるべきテイストを見つけるきっかけにもなります。
現に、イラストレーションの授業を受講する前と後の学生の作品は大きな変化を遂げているケースが多く見られます。
なので、自身の作風に独自性を加えるきっかけを得るという意味でも、イラストレーションの授業はとても良いカリキュラムとなっていますね。

その3:先々の進路をより目指していける

そして、イラストレーションの授業は、先々の進路をよりイメージでき、目指しやすくすることができることも特徴です。
ここまでお話ししたように、多くの作品のターゲット層や展開がどのようになっているかを考え、そこから自身が目指す会社などの方向性を定めていきます。
方向性を定めておくことで、自身の目指す会社や仕事ではどのような作風が求められているのかを把握した上で、ポートフォリオの制作などに活かすことができるようになります。

ポートフォリオでどんな表現を描いたものを制作していけばいいのかを考えられることは、実際に仕事を引き受けたときに企画内容に沿った内容のキャラクターを制作できるということをアピールすることもできます。
なので、自身が思い描いている進路へ向かうときにも、イラストレーションの授業内容は活かせるといえます。

「イラストレーション」の授業について

キャラクターデザイン学科のイラストレーションの授業は、制作などを行なう実技や校外授業、そして講義などを行なっていきます。
そのため、キャラクターデザイン学科の数ある授業の中でも、学べる幅は広く、豊富であることから、多くのことを吸収できる内容なので、日々の授業を真剣に受講していきましょう。

まず、イラストレーションの授業は、作品を客観的に見ていくための目を身につけていくために、講義内、もしくは校外授業などで多くのクリエイターの作品に触れていきます。
その中で、それぞれの作品はどのターゲット層を狙って制作されているのかといったことを学んでいきます。

また、実際に販売されているグッズ、雑誌などについても、自身の作品だったらどのように見られるのかを想定できるようにしていきます。
いずれで学んだ要素を踏まえ、授業内で個人の作品制作を行ない、ポートフォリオとして見せていけるように講師がチェックをし、アドバイスしていくという形で進めていきます。
以上のように、卒業するまでには、プロとして進めていけるようなカリキュラムとなっているので、しっかり授業を受けていくように心がけましょう。

「イラストレーション」のゴール

キャラクターデザイン学科のイラストレーションの授業のゴールは、「個々の作家性を確立させる」ことです。

イラストレーションの授業は、カリキュラムの内容から、1人1人の作家性を高め、より確立させるために多くのことを取り入れています。
キャラクターデザインをはじめとするイラストを制作する仕事は、個々の独自性が求められながら、新しいキャラクターを生み出し続けられることを求められます。

そのため、キャラクターを生み出す段階で先々の展開などがどうなるのかを見ていくために、より広い視野を持つことを養うことが大切です。
なので、AMGのキャラクターデザイン学科のイラストレーションの授業は、プロとして働いていくために必要なものが多く詰まっている内容と言えるでしょう。

プロの現場でこんな場面で活きる!

キャラクターデザイン学科のイラストレーションの授業は、実際に企業に就職、もしくはフリーランスとして働き始めたときから活かされます。

キャラクターデザインやイラストなどに関連する職種として働いていくと、クライアントである企業から求められているキャラクターのクオリティーを高めながらイラストを制作することが求められますが、この授業を受けていればそれもすぐに対応できます。
キャラクターデザインやイラストなどにかかわる職種は、即戦力であればあるほど多くの仕事に携わることができます。
いずれの仕事を担えるように、キャラクターデザイン学科のイラストレーションの授業は、先々プロとして働いていく上でも必要な授業なので、受講するときは真剣に取り組んでいってほしいですね。