CHARACTER DESIGNER
キャラクターデザイン学科

  1. トップページ
  2. キャラクターデザイン学科
  3. イラストレーターの仕事とは?

イラストレーターの仕事とは?

イラストレーターの仕事とは? 絵を描くのが好きだという方はイラストレーターを一度くらい夢見たことがあるかもしれません。
イラストレーターが関わる媒体は数多く、広告やチラシ、ポスター、雑誌や小説の表紙や挿絵などを始め、ゲームやアニメ、活動の場はとても幅広いです。
本記事ではイラストレーターの仕事について求められる能力や、やりがいなどについて詳しく解説していきます。
ぜひ、参考にしてみてください。

イラストレーターとは

イラストレーターとは、クライアントの要望に応じて絵を描くお仕事です。
イラストレーターが関わる分野はとても幅広く、小説や雑誌、カタログ、広告など、媒体によって適切な絵柄は変わってきます。
イラストレーターは基本的に自分の描きたいものを描ける訳ではなく、編集者や広告代理店などの依頼主の趣旨に沿って描いていかなければなりません。
大まかな業務の流れとしては、クライアントと打ち合わせを行うところから始まり、そこで受け取った詳しい要望や設定資料をもとに、納期までのスケジュールを意識しながらイラスト製作を進めていきます。

イラストが一通り完了した後は一度クライアントに見てもらい、修正が必要であれば指示された部分の修正作業を行っていきます。
基本的には修正を何度も繰り返して少しずつ完成形へ近づけていくといったケースが多いです。

イラストレーターに求められる能力とは?

イラストレーターはクライアントの要望に沿って絵を描くお仕事です。
そのために画力はもちろん、さまざまな依頼に対応できるような描写のバリエーションも持ち合わせておく必要があります。
そして時にはイラストレーターにおまかせで絵を描いて欲しいと頼まれることだってあります。
そういった時は0の状態からイラストを作り上げていく必要があるので、豊かな想像力や感性も必要になります。
特にイラスト業界では画力のほかに個性も重視されるので、「多くの人の印象に残る絵を描くにはどうしたらいいのか」を自分なりに考えることもとても重要です。

また、イラストレーターは依頼主の意図を読み取り、自分の考えを伝えることも重要なお仕事の1つです。
お互いに意思の疎通が取れていないと作品の方向性にズレが生じてしまうことがあります。
ですから、お仕事を円滑に進めていくためにもコミュニケーションスキルがとても重要になります。

イラストレーターのやりがいとは?

イラストレーターの1番のやりがいは何と言っても、自分の描いた絵を多くの人に見てもらい、感動や喜びを与えられることではないでしょうか。
自分の手がけたイラストが公共の場に貼られていたり、本屋などに並んでいたりするのを見ることは、大きな喜びや充実感を感じられる瞬間です。

絵を通して自分の伝えたい世界観やメッセージを知ってもらうこともできまし、それを共感してくれる人だって現れるかもしれません。
また、イラストレーターとしての実力が認められれば、「あなたにイラストを描いて欲しい」と依頼を頼んでくる人が増えてきます。
そのように自分のイラストや個性が認められれば、今後のモチベーションや自信につながっていくでしょう。

イラストレーターの仕事まとめ

今回はイラストレーターに関する情報をお伝えさせていただきましたが、いかがだったでしょうか?
イラストレーターは基本的にクライアントの要望に応じて絵を描くのが仕事です。
そのため単純な画力はもちろん、相手の要望に応えられるようなイラストを描くことが何よりも大切になります。
また、画力だけでなくオリジナリティーもイラストレーターが持っておくべき大切な要素の1つです。
ほかには無い自分だけの個性を上手く表現することにより、業界で重宝されやすい存在になります。

自分の好きな「描くこと」を仕事にできるのはイラストレーターだからこそ感じられる喜びです。
これからイラストレーターを目指す方は、まず初めに自身の目標を明確にしてみてください。
「将来どんなイラストレーターになりたいか」、「イラストレーターになってどんなことをしたいか」を明確にすれば、自然と進むべき道が見えてくるでしょう。