CHARACTER DESIGNER
キャラクターデザイン学科

  1. トップページ
  2. キャラクターデザイン学科
  3. WEBデザイナーの仕事とは?

WEBデザイナーの仕事とは?

WEBデザイナーの仕事とは? 今日、パソコンやスマートフォンなどさまざまな媒体から閲覧することができ、多くの情報をもたらしてくれるWebページを制作している人々がWEBデザイナーです。
WEBデザイナーは自身の思い通りに制作していると考えている人も多いと思いますが、実際は異なります。
そしてWEBデザイナーを目指そうとしたとき、現場で求められている能力ややりがいがどうなのかが見えていないと、目指すために動き出せないと言う人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、WEBデザイナーの仕事について、さまざまな視点からお送りしていきたいと思います。

WEBデザイナーとは

WEBデザイナーは、主に広告代理店や制作会社などに勤務して外注で制作をする、さまざまな企業に就職してインハウスデザイナーとして勤務する、もしくは独り立ちをしてフリーランス(業務受託)という形態で働くといったケースに分かれます。
いずれも、社内外問わず多くのクライアントと接することとなるため、さまざまな人々と打ち合わせを重ねていくこととなります。
打ち合わせでは、どのようなWebサイトを制作していくのかをクライアントから聞き出していきます。
要件をまとめる要件整理ができたら、ワイヤーフレームの制作からはじまり、Webサイトのデザインを進めていきます。
クライアントの希望通りになるようにサイトのボタンや画像など細かい配置、配色などを考えながら制作していきます。

そしてパソコンやスマートフォン、タブレットなどで閲覧できるように土台をHTMLで、サイトの装飾をCSSなどで行なっていきます。
制作を終えたらクライアントに確認を取ってもらい、OKが出たら終えることができ、修正依頼が入ったら対応をしていきます。
以上のように、WEBデザイナーはWebサイトの制作に関するあらゆることを進めていくためにとても重要な立場であるといえます。

WEBデザイナーに求められる能力とは?

WEBデザイナーが仕事をしていく上で求められる能力は、「Webサイトを制作するためのスキル」「一定のルールに従ったデザインをすることができる力」、「ユーザーを集客できる企画発案力」などが挙げられます。
Webサイトを制作するためのスキルは、PhotoshopやIllustratorなど画像を加工するソフトに加え、Dream weaverなどデザインのデータをコーディングする為のソフトを使用します。
そして制作をするときは一定の法則に則ったデザインをしていくことも求められます。
一定の法則とは、制作を依頼されたWebサイトのテーマごとに求められたサイトをデザインできる力を指し、配色やフォントなどをテーマに合う物を選んでいける力こそ、クライアントにとって良いデザインとして制作できることといえるでしょう。

そして、ユーザーを集客できる企画を発案する力は、ターゲットとなる人々の性別や年齢層などを細かく分析し、いずれに見合うWebサイトはこういうものだと提案できる力を指します。
クライアントの意図を汲み取りながら、より顧客を引き寄せられるサイトを提案していくことで、より良いWebサイトを提供できるので、この点を特に力入れていくと良いでしょう。

WEBデザイナーのやりがいとは?

WEBデザイナーが仕事の中で抱くやりがいは、実際に自身がかかわったWebサイトが本番公開となり、多くの人々にアクセスしてもらっているときです。
外注形式やインハウスデザイナー、もしくはフリーランスなど勤務形態問わず多くのクライアントのWebサイトを担当していくWEBデザイナーはクライアントからの希望が通るように、さまざまなデザインを提案しては何度も修正を行うといったことも少なくありません。
そのため、その苦労を重ねに重ねた末にWebサイトが公開となったとき、自身の苦労が実になったと感じ、仕事に対してやりがいを抱くWEBデザイナーが多く見られます。
なので、WEBデザイナーは案件を多く抱えているからこそ、自身が関わったWebサイトが実際に見られているということを多く感じることができる環境だからこそ、やりがいをもってできる仕事といえます。

WEBデザイナーの仕事まとめ

ここまで、WEBデザイナーの仕事について、多角的に見ていきました。
日々スマートフォンやタブレット、パソコンなどさまざまな媒体で見られているWebサイトを制作しているWEBデザイナーが実際どのような流れで仕事をしているのかが見えてきたのではないでしょうか。
多くのWebサイトが誕生している今だからこそ、さまざまなデザインや企画力で既存のサイトと異なる一面を持たせるようなWebサイトを提供でき、公開できる瞬間を見られるときにやりがいを抱けるのはWEBデザイナーだからこそといえます。