ゲームプランナー学科 2018年4月開設予定

  1. トップページ
  2. ゲームプランナー学科
  3. 文章・アイディアとは

文章・アイディアとは

文章・アイディアとは 文章・アイディアの授業は、文章を具現化してまとめる力を養うために行われます。

ゲームプランナーは、ゲームプログラマーなどの開発メンバーに的確な指示を出さなくてはならないので、文章をまとめてわかりやすく伝える力は重要になります。
特に、仕事の効率を上げる為にはチームプレイが欠かせません。

この授業で、ゲームプランナーとして欠かせないスキルを磨いていきましょう。

AMGゲームプランナー学科の「文章・アイディア」の特徴

その1 プロのアナログゲームデザイナーの講義を受けられる

文章・アイディアの授業では、プロのアナログゲームデザイナーの講義を受けることが出来ます。
具体的には、カードゲームや、ボードゲームどのプロの講師の方です。
ゲームの中身を分析し、どのようにアナログゲームが作られているかを説明してくれます。

実際にプロの方の講義を受けることで、どんな言葉が文章として伝わりやすいのか、実際に使われているのかがわかるので、より効率的な学習が出来ます。

その2 アナログゲームを自作し、取り扱い説明書の作成が行える

授業の中で、実際にアナログゲームを自作し、取り扱い説明書や資料の作成を行なっていきます。

アナログゲームの取り扱い説明書の作成には、実際のゲームの企画書や仕様書にも通じる「文章のわかりやすさ」が求められます。
文章がわかりやすくないとゲームの内容が上手く伝わらず、ユーザーに楽しんでもらえないからです。

文章・アイディアの授業では、その文章力を鍛える為にアナログゲームの取り扱い書を通して文章を具現化して伝えていくスキルを磨いていきます。

その3 自分が作ったゲームをみんなでプレイできる

更に、自分が作ったゲームをみんなでプレイできるのもメリットの一つです。

例えば、独学でアナログゲームを作り、取り扱い説明書を作ったとしても、作ったゲームの感想を求められる人数は限られます。
しかし授業で作ることによって、より多くの人にゲームの良さや悪さを具体的に教えてもらうことが出来るようになります。
その分、自分が文章を作る上でどのような点に気をつけなくてはならないのかがわかりやすくなるので、成長のスピードを早く出来ますね。

「文章・アイディア」の授業について

文章・アイディアの授業は、講義を受けた後は実習をしていくという内容になります。

講義の中では、カードゲームやボードゲームのアナログゲームデザイナーが来て、実際にゲームを分析していきます。
分析の中で、このゲームの説明書の文章はどんな点が分かりやすいのかや、どんな点が考慮されているのかなどを見ていきます。
分析の方法が分かっていると、自分がアナログゲームの取り扱い説明書を書くことになった時、分かりやすい文章を書きやすくなります。

実習はそれぞれでゲームのアイディアを出し合って制作を進めることが出来るので、より多角的な視点を鍛えましょう。

文章・アイディア」のゴール

文章・アイディアの授業のゴールは、「文章を具現化し、まとめる力を身につけること」です。
この力は、ゲームプランナーの仕事をする上でも大切なものです。

ゲームプランナーは開発メンバーに対しての指示が多くなる上、実際に企画書や仕様書を書く上で、分かりやすく簡潔に情報を伝えなくてはなりません。
その為、文章を具現化してまとめる力をつけておかないと、円滑に仕事が進まなくなってしまう可能性があるんです。

授業中は勿論、普段から文章を具現化出来るように意識をして話したりして、自分のゲームプランナーとしての価値を高くしていきましょう。

プロの現場でこのように活きる!

文章を具現化してまとめる力をつけることが出来れば、それだけでゲームプランナーとしての仕事も進めやすくなります。
自分の伝えたいことを誤解なく伝えられるので、社内の企画プレゼンを通しやすくなる上、開発メンバーとの意思疎通も取れるからです。

更に、ユーザーが読む取り扱い説明書もより分かりやすく作成出来るようになります。
その分ゲームの面白さも更に伝えられるようになりますし、売れるゲームを作る時の大きな武器です。

文章・アイディアの授業で、ゲームプランナーとして通用する力を身につけていきましょう。