ゲームプログラマー学科

  1. トップページ
  2. ゲームプログラマー学科
  3. プログラム技術基礎とは

プログラム技術基礎とは

プログラム技術基礎とは プログラム技術基礎は、ゲームのプログラマーになる為に必要な基本からしっかり学ぶ為に行われます。

ゲームはプログラミング言語で動いています。
ゲームを自分で作ってみたい、仕事にしてみたいと考える方の多くは「どうやってプログラミングを勉強したらいいのかわからない」という気持ちでいるのではないでしょうか。

プログラム技術基礎の授業は、そんなプログラミング初心者の方でも1から基礎を固めることが出来る授業です。

AMGゲームプログラマー学科の「プログラム技術基礎」の特徴

その1 プログラム初心者でも安心のゼロからの授業

プログラム技術基礎の授業は、プログラミングの初心者であっても安心の授業です。
ゲームプログラムがどうやって動くのか、簡単な足し算や引き算などからじっくり学べるからです。

ゲーム作りに対して「なんだか難しそう」というイメージがある方もいますよね。
しかし、プログラミングの基礎から学んでいくことで、「ゲーム作りは面白い」と感じることが出来るようになります。
ゼロからゲーム作りに触れ、興味を伸ばしていきましょう。

その2 ゲームプログラムで必須の要素を重点的に学べる

授業の中では、ゲームに実際に使われている必須要素を重点的に学んでいくことができます。
プログラムとひとくちに言っても、ゲームプログラムに使われている要素は限られている為、自力で沢山のプログラムについて学ぼうとするよりも効率的な学習が可能です。

授業では、ゲームプログラムの内容をより実践的に学ぶ為に、AMゲームライブラリを用いて「アニメーション」「キー入力」「サウンド再生」などを学習していきます。

その3 現役のゲームプログラマーから教えてもらえる

プログラム技術基礎の授業は、現役のゲームプログラマーから教えてもらえるのも魅力です。
現役のゲームプログラマーから授業を受けることで、実際に働き始めた時に必要な知識や、気をつけるべき点などを直接聞くことができます。

初心者の方はもちろん、たとえこれまで自作でゲームを作ったことがある方であっても、実際にプロの現場で通用するスキルかどうかは分かりません。
そんな不安もアドバイスをもらうことで解消してくれるので、少しでも分からないと思ったことはどんどん聞いていきましょう。

「プログラム技術基礎」の授業について

プログラム技術基礎の授業は、基本的には2週にわたります。
その為、1週目の授業ではしっかり理解出来なかった難しい内容でも、2週目の授業でより深く理解することが出来ます。

特にプログラミングの初心者の方は、最初に分からないことが多いとつまづきやすいです。
しかし、2週にわたっての授業を受けることで、自分が理解が難しいと感じる部分も分かりやすいですし、1週目の授業の後に講師の方に質問する時間を作ることが出来ます。
初心者の方にとっては、まさにゼロから基礎力を固めることが出来る授業だと言えますね。

「プログラム技術基礎」のゴール

プログラム技術基礎のゴールは、「基本的なプログラム技術をつける」ことです。
ゲームプログラマーとして働いていくなら、より高度なプログラミング技術が必要になります。

この授業は、プログラミングそのものよりも、どうやってプログラムが動くのかなどの基礎の基礎からの学習になります。
プログラム技術基礎の授業で、実際にプロの現場で通用する応用力をつけられるようにしていきましょう。

プロの現場でこのように活きる!

プログラム技術基礎の授業で学んだ基礎は、プロの現場で欠かせないものになります。
どうしてこのプログラムが動くのか、またどんな原理で動かすのかを分かっていないと、実際にプログラミングをしていくことが出来ないからです。

授業を通して、プロのゲームプログラマーと話が通じるレベルになっていきましょう。