ニュース

  1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. ゲーム・アニメ3DCG学科
  4. 株式会社トーセに内定した岡林さんロングインタビュー

GAME ANIME 3DCG NEWS

2020年09月28日

株式会社トーセに内定した岡林さんロングインタビュー

株式会社トーセに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲーム・アニメ3DCG学科・岡林稜桜さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。
希望先の企業に内定を頂くことができて、嬉しい気持ちでいっぱいです。
入社日が近づくにつれて不安等はありますが、早く仕事がしたい、ゲーム制作がしたいという気持ちが強いです。

okabayashi01

Q2.ゲームやアニメ業界でCGクリエイターを目指したいと思ったきっかけはなんですか?
もともと何かをつくることやゲームが好きなのもありましたが、ゲームで自分が味わった感動を、より多くの人に広めたいと思ったのがきっかけです。

Q3.大阪AMGに入学を決めた理由は何ですか?
他学科とチームを組んでゲームを制作する機会があったからです。
チーム制作では、コミュニケーションの取り方であったり、授業だけではわからないような事が実際に体験できます。また、完成したゲームを企業の方に評価していただく機会もあり、ゲーム開発の大変さや面白さを身をもって学ぶことができました。こうした経験は、入社後のゲーム開発に携わる際にも、活かせると考えております。

okabayashi03

Q4.入学前に何かしら絵の勉強や3DCGの勉強などはしていましたか?
高校生の頃から、ゲームやアニメのキャラクターのファンアートを描いていました。3DCGは入学してから勉強を始めました。

Q5.実際に3DCGを勉強していかがでしたか?
最初は慣れないツールや専門用語に戸惑いました。授業を重ねるごとに学ぶことも増え、これから出会うことになる膨大な技術を想像して、圧倒されたのを覚えています。

okabayashi05
昨年の「学園祭2019」テーマイラストにも選ばれました!

学園祭テーマイラストのブログはこちら

Q6.入学してからのクラスや授業の雰囲気はどうですか?
雰囲気は全体的にいい感じです。授業もわからないことがあれば、質問すれば丁寧に教えていただけます。クラスの雰囲気は、頑張る人と頑張らない人の差が激しい印象です。

Q7.今までで印象に残っている先生や講義はありますか?
授業中に仕事で作成したデータを見せて貰えたのが印象に残っています。どれもすごかった!

okabayashi02
緊張のマスタープレゼン!

Q8.大阪AMGに入学して行った『共同制作』での思い出を教えてください。
チームメンバーが休んで、制作が思うように進まなかったのが思い出です。引き受けた作業量は凄まじかったですが、様々な作業を担当することにより自分の進みたい職業を決めることができました。
最終的にはゲームも完成して、企業の方からもちゃんとした評価をいただけたので今となっては良い思い出です。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?
就活やポートフォリオ制作は大変でしたが、面接でゲーム開発者の方とお話するのはとても楽しかったです。

okabayashi04

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。
ヒット作品を手掛けられるような3Dモデリングのスペシャリストになりたいです!

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。
わからないことがあればプロの講師にすぐに相談してください!自分達が目指す業界から来た人に聞くのが一番早いです。!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

岡林さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。