ニュース

  1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. ゲームプログラマー学科
  4. 株式会社ジーンに内定した中山くんロングインタビュー

GAME PROGRAMMER NEWS

2020年11月29日

株式会社ジーンに内定した中山くんロングインタビュー

株式会社ジーンに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームプログラマー学科・中山 竜くんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。
とてもホッとしています。

nakayama04

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?
高校在学時に進学ではなく就職を考えていたのですが、楽しいことをして働きたいと思い、それまで長く遊んでいたゲームの制作に携わりたいと考えゲーム業界を目指しました。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?
オープンキャンパスを通して他の専門学校も入学を考えていたのですが、2年間で他校よりも多くのゲーム作品を作ることができ、より早くゲーム業界へ進むことができる部分に魅力を感じ大阪AMGへの入学を決めました。

nakayama02

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?
ありません。プログラムも専門学校に入学してから初めて勉強しました。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?
互いに教え合いながらわからない部分を補い合うことができる、とても良い環境だと思います。

nakayama03
プレゼンはみんなで乗り切りました

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?
描画プログラムの授業は普段のプログラミングに比べ結果が目で見てわかるので、勉強していて新鮮な感覚がありました。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。
初めてのゲーム制作ということもありスケジュールに追われていましたが、その中でチームとのコミュニケーションやゲームの面白さの作り方を実践の中で学ぶことができました。

nakayama01
チームのコミュニケーションというものを学びました

Q8.学園祭やビジネスデーで自分のゲームを遊んでもらった時の感想を教えてください。
緊張していましたが、企業の方からの貴重な意見や、外来でいらっしゃった方のプレイしている表情が近くで見れたのでとても良い刺激になりました。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?
私は緊張するタイプだったので面接がとても大変でした。ですが一度失敗してから自分に合った喋り方を見つけることができたので、それからの面接は自信を持ってできるようになりました。

nakayama05

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。
勉強を通してできることが増え、自身の助けになると共同制作中に実感したのでとにかく勉強を続けていこうと思います。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。
私は高校であまり勉強をしなかったのですが、専門学校でしっかりと授業を受けていれば徐々に知識が身についていったのでこれから入学を考えている人も気負わずに頑張ってください。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

中山くん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。