大阪の声優専門学校

  1. トップページ
  2. 声優学科

発声基礎とは

発声基礎は、正しい発声をするのに必要な下地や土台を学びます。
声優や歌手などの職業は、声の表現者と言えるため、表現に必要な体や声を、しっかりと鍛え上げなければなりません。
そして、発声の基礎が身に付いていなければ、長く声優を続けることはできません。
ですが、発声の基礎は、誰もが後天的に身に付けられるものです。
AMGの発声基礎という講義では、声優に必要な体や声を鍛え上げられる為、徹底的な訓練を繰り返し行っていき、発声法や呼吸法の習得を目指します。

AMG声優学科の「発声基礎」の特長

その1 経験豊富な現役プロの講師

AMG声優学科にて行われる講義には、経験豊富なプロの声優が、講師として指導にあたります。
それは発声基礎の講義でも例外はなく、プロの声優が実演を交えながら、いま必要とされるスキルを身に付けられるように手助けしてくれます。
もちろん、分からないことがあれば、いつでも質問できる環境も整っています。
発声法や呼吸法などの基礎を習得するのは容易ではありませんが、やる気と地道な練習を続けていれば問題ありません。

その2 正しい発声のための体作り

正しい発声のための体作り体幹トレーニングやエア縄跳びなどを通して、正しい発声法や呼吸法ができるような体作りの訓練もきちんと行います。
AMGに入学する学生は未経験の方が多いですが、正しい発声法や呼吸法をするためには、適切な姿勢を取らなければならず、取れたとしても、長時間維持できるようにしなければなりません。
ですので、トレーニングを通して、適切な姿勢を長時間維持できるような土台を作り上げていくのです。

その3 発声基礎の専門的講義

発声や腹式呼吸に必要とされる筋肉の構造や動き、適切な口の動かし方なども、発声基礎の講義を通して学んでいきます。
闇雲に発声しているだけでは、通りの良い声を出すことはできません。ですので、発声と腹式呼吸の原理を明確に理解する必要があります。
また、原理を理解することで、声優に必要な発声の基礎の重要性もより理解できるようになります。
そして、医学的観点から見た発声の原理も資料映像を通して学ぶだけでなく、講師が実演してくれます。

「発声基礎」の授業について

AMGの発声基礎は、発声するだけでなく、体作りも行うので、動きやすい服装で学生は参加しています。
大勢でやるからこそ、もしかしたら他者との差を痛感する場面が訪れるかもしれません。
ですが、それは自分が成長するチャンスになり得るのです。
自分より出来る人の発声などを見て、そこから学ぶことができますし、講義にはプロ声優の講師があたるので、高度な技術を間近で見ることもできます。
最初は上手くいかなくとも、やる気を持って他者から学ぶ姿勢を持ち続ければ、スキルが磨かれるようになります。
実際にプロのアテレコ現場に立った時、人気声優からも技術を盗めるようになります。

「発声基礎」のゴール

AMGの発声基礎の講義は、舞台公演に密接に関わってきます。
腹式呼吸や正しい発声法を身に付けなければ、舞台の後ろまで声が届かないからです。
後方まで声が届かないという事は、演技も届かない、という事になります。
演技をすることに夢中になってしまっても、正しい発声と腹式呼吸が無意識に出来るようにならなければなりません。
自然に出来るようになるには、ひたすら基礎練習を積み重ねる事で、体に覚えさせるしかありません。
積み重ねというのは、やる気があってこそ出来ることなので、発声基礎の講義に限った話ではありませんが、やる気も相応に求められます。

プロの現場でこのように活きる!

発声に必要な基礎を身に付けていれば、マイクの前でも安定した声量で発声ができます。
また声優以外の領域、例えば歌手や舞台役者など、声に関わる表現であれば、発声の基礎を充分に活かすことが可能です。
発声の基礎は、声の表現者に必要な基礎、ということになるからです。
近年では本業以外でも、歌手や舞台で活躍している声優が多くいます。活躍できているのは、表現者としての基礎を既に持っていることが一因です。
ですので、仮に声優を目指す過程で舞台役者などに興味を持ったとしても、存分に発声スキルを発揮できるようになります。