イラストレーターの収入は?フリーランスの年収や給料を上げる方法も解説

イラストレーターの収入は?調査結果まとめ

イラストレーターになりたいけど、収入面が気になるというお悩みをよく聞きます。

そこでイラストレーターの収入について、さまざまな調査結果をまとめました。
実際の求人もチェックして、イラストレーターの収入の不安を解消しましょう。

1

この記事の監修者

大阪アミューズメントメディア専門学校 キャラクターデザイン学科では、ゲーム、アニメ業界で幅広く活躍できるイラストレーターを目指せます。

就職・デビューどちらもサポートしているので、自由に働き方が選べるのが魅力です。

イラストレーターの平均収入

イラストレーターの収入について、各求人サイトが、掲載している求人を元に平均収入を公表しています。

ここでは、3つの求人サイトのデータを比べてみましょう。

・求人ボックス「イラストレーターの仕事の年収・時給・給料情報」
正社員のイラストレーターの平均年収は361万円、月給では約30万円です。
アルバイト・パートは平均時給1,073円で、派遣社員では平均時給1,346円というデータが公表されています。

・doda「クリエイティブ系の平均年収」
グラフィックデザイナーとイラストレーターを一緒に集計していて、平均年収は345万円となっています。
男女別の平均年収も公表していて、男性は424万円、女性は354万円です。

・マイナビAGENT「クリエイティブ系 年収ランキング」
こちらもグラフィックデザイナーとイラストレーターを一緒に集計して、平均年収は345万円です。

3つの求人サイトのデータを見ると、イラストレーターの平均年収は330万〜350万円ほどということが分かります。

一般的な会社員と比べると、事務員の平均年収が約337万円なので、ほぼ同じくらいだと言えます。

実際の求人ではどれくらい?

では続いて、イラストレーターの収入をもっと具体的にイメージするために、実際にある求人の一例を紹介します。

都内のイラストレーターの、初任給(学校を卒業してすぐ就職した時の給料)を見ていきましょう。

  • 広告・Web制作会社のイラストレーター(正社員):月給22万円
  • 広告会社のイラストレーター(正社員):月給22万7千円
  • ゲーム制作会社のイラストレーター(正社員):月給24万円
  • ゲーム制作会社のイラストレーター(正社員):月給23万1千円
  • テレビ番組内で使われるフリップを描くイラストレーター(正社員):月給20万円

国の調査によると技術職の初任給の平均は、大学卒で約20万円、短大卒で約18万円なので、全体の平均と比べてもイラストレーターの初任給は同じくらいかやや高い方だと言えます。

フリーランスのイラストレーターの収入

フリーランスのイラストレーターの収入
ここまで、会社で働くイラストレーターの収入を紹介してきましたが、イラストレーターは会社に所属しないで個人で働くことも可能です。
このような働き方を、フリーランスと言います。

イラストレーターの働き方を調査した「イラストレーター白書 2019」によると、イラストレーターの約80%がフリーランスとして活躍しています。

フリーランスは自分で仕事量を調整できるため、人によって収入はさまざまですが、中には会社に所属するイラストレーターよりも収入が多い場合も。

フリーランスで働くイラストレーターの単価の相場

独立してフリーランスとして働くイラストレーターは多いですが、単価の相場はどれくらいなのでしょうか。一口にイラストレーターと言っても、駆け出しの人とある程度知名度がある人では単価も異なります。

フリーランスとして働くイラストレーターの単価の相場について、企業との直接契約、クラウドソーシング、スキルマーケットの3つのケース別に見ていきましょう。

直接契約の場合

フリーランスのイラストレーターが、企業と直接契約する形で仕事の依頼を受けた場合、一般的な相場単価は数千円から10万円ほどです。
単価は、イラストの大きさや制作の難易度などによって左右されます。例えば企業ロゴの単価の相場は、数千円から3万円ほどになっています。
イラストレーターとしての知名度が上がると、企業側が制作依頼を求めるスタンスになるため、単価が上げるように交渉してから仕事を受けるのが一般的です。
イラストの制作内容や交渉スキルによって差はありますが、単価は2万円から10万円ほどになることが多いでしょう。
例えば、継続依頼で単価4万円のイラストを月間15枚獲得できれば、月収は60万円になり、年収720万円に到達することが可能です。

クラウドソーシングの場合

クラウドソーシングとは、企業や個人がインターネット上で不特定多数に対して業務を発注する業務形態で、最近では日本でも利用者が増加しています。

独立後にクラウドソーシングを利用してイラストレーターとしての知名度を上げるケースも珍しくありません。

クラウドソーシングでは、企業ができる限り安くイラストを発注する傾向が強く、イラストの単価は数千円~5万円ほどです。クラウドソーシングを始めたばかりの段階では、単価が1万円に満たない案件も多いかも知れません。

しかし有名イラストレーターになり、企業から直接スカウトやオファーを得ることができれば、単価は1万円~5万円ほどに上がるでしょう。

スキルマーケットの場合

イラストレーターとしての実績や知名度が上がってくると、スキルマーケットで仕事を手に入れる道も開けます。

スキルマーケットとは、個人がサービスの売買を行う場を提供するプラットフォームで、イラストやホームページの制作、外国語の翻訳、美容系のアドバイスなどのサービスを出品することができます。

単価の相場は数千円から10万円と幅広く、自身の営業も兼ねて単価を設定するのが一般的です。例えば、最初はお試し価格として5,000円で納品し、次回以降は5万円で受注するといったやり方もあります。

また、スキルマーケットでは、単価を自分で設定できるので、有名イラストレーターになれれば強気な価格設定で出品することも可能です。

スキルマーケットでは、イラストレーターの営業力やマーケティング力などよって単価が左右される性質があります。

イラストレーターとして収入アップを狙うには

イラストレーターとして収入アップを狙うには
ここまでイラストレーターの平均収入を見てきましたが、イラストレーターの収入は個人差も大きいです。

たくさん稼げるイラストレーターになるには、どうすれば良いのでしょうか。
ここからは、イラストレーターとして収入アップを狙う方法について紹介していきます。

実績を積んでフリーランスになる

フリーランスのイラストレーターは、会社に所属するイラストレーターより収入が多いこともあると解説しました。

しかし、だからといって学校を卒業してすぐにフリーランスになるのはあまりおすすめできません。

収入が十分にあるフリーランスのイラストレーターは、過去の実績を認められたことで、仕事をもらっているからです。

実績を作るためには、まずは会社に就職するのがおすすめです。
新人のうちは、会社が取ってきた仕事をこなして実績を作ると良いでしょう。

会社員からフリーランスになった方が、収入も安定しやすくなりますよ。

丁寧なポートフォリオを作成して単価を上げる

フリーランスのイラストレーターとして仕事を受注する場合、経験が浅くスキルが未熟な人は、イラスト1枚あたりの単価が低くなってしまいます。年収を上げるためには、イラスト1枚あたりの単価を上げることが必要です。

単価を上げるためには、丁寧なポートフォリオを作成しましょう。ポートフォリオとは、自分の実績やスキルを評価してもらうために作成する作品集です。ポートフォリオは、実務で書いたイラストだけで構成する必要はありません。どういったイラストが描けるのか、自分の魅力は何かをクライアントに明示しましょう。

最近ではWeb上で閲覧できるポートフォリオの活用も広まっていて、場所を選ばない営業ツールとして注目されています。また、SNSをポートフォリオのように活用しているイラストレーターも少なくありません。

SNSの活用は、一般人のファンの獲得や出版関係者の目に留まる可能性といったメリットがあります。さらに、別業種のクリエイターとSNSで繋がることで、後々仕事につながるケースもあります。

オリジナリティを磨く

イラストレーターとして年収を上げたいのであれば、スキルはもちろん、個性を磨くことも大事です。数多くのイラストレーターの中から選ばれるには、自分にしか出せない味や作風、自分にしか描けないキャラクターといった個性で勝負することが必要になってきます。

自分だけのオリジナルキャラクターを生み出し、一目であなたが描いたと分かるような作風や画調で知名度が上がれば、イラストレーターとしてのアイデンティティが確立し、大きな強みになります。

また、そのキャラクターがグッズ化やアニメ化された場合は、ロイヤリティ料が発生して収入も増えます。簡単に達成できる道ではありませんが、ここまでイラストレーターとして大成できれば、かなりの高収入が見込めるでしょう。

イラスト以外のスキルを習得して仕事の幅を広げる

イラストレーターとして収入を上げるためには、仕事の幅を広げることが大事です。仕事受注のチャンスが舞い込んでも、苦手なジャンルだから受注できないということは避けたいところ。

どんな人でもイラストの得意不得意はありますが、苦手なジャンルのイラストもある程度は描けるようにスキルを磨いていきましょう。また、イラスト関連のスキルが身についているとクライアントから重宝されます。

例えば、グラフィックデザインやレイアウトに関する知識、イラストを用いたアニメーション制作も可能、HTMLやCSS、JavaScriptを用いてWebサイト制作も可能といった知識・スキルを身につけていると、他のイラストレーターと差をつけることができ、アピールできるシーンが増えます。

描くスピードを上げる

イラストレーターは、スキルによって収入に差が出やすい仕事です。
特にフリーランスは、短い時間でたくさん描けた方が仕事もたくさん受けられます。

先ほど紹介したイラストレーター白書 2019にも、多くのイラストレーターが「どうやって制作するスピードを上げられるか」を課題にしているというデータがあります。

資料を見なくてもイラストを描けるようにする、デジタルソフトを使いこなすなど、効率よく作業できるように普段から意識しましょう。

転職する

イラストレーターとして企業に勤めている場合、企業によっては給与に関する規定があることがあります。そのため役職が変わらないと昇給できないといったケースも珍しくありません。

こういう場合は、転職を検討しても良いでしょう。クリエイターの転職では、あまり短期間で何回も転職しているわけではないのであれば、不利になることはあまりありません。

給料に関する交渉は入社してからよりも、入社前の方がしやすいため、年収を上げるために転職するという方法も選択肢のひとつと言えます。

アートディレクターになる

イラストレーターからスキルアップして、アートディレクターになることもできます。

アートディレクターは、イラストレーターに指示を出したり、イラストレーターが描いたイラストのチェックや修正をしたりして、作品のクオリティーを保ちます。

イラストレーターよりも高い画力が求められ、責任も大きいですが、その分収入も上がります。

アートディレクターの収入を各求人サイトで調べたところ、平均年収は402万円〜492万円と、イラストレーターと比べてかなり高いことが分かりました。

・求人ボックス「アートディレクターの仕事の年収・時給・給料情報」・doda「クリエイティブ系の平均年収」・マイナビAGENT「クリエイティブ系 グラフィックデザイナー・イラストレーター」

イラストレーターになるには?

イラストレーターになるためには、デッサンや色彩構成、絵画などの基礎を身に着けて、クライアントの理想をイラストで実現できるスキルを養うことが大切です。紙に描く練習はもちろん、近年ではPCでのイラスト制作が主流になっているので、PCスキルも必須になります。

こういったスキルを基礎からしっかりと身につけたいのであれば、美術系の大学や専門学校に通うことをおすすめします。

大阪アミューズメントメディア専門学校 キャラクターデザイン学科は、プロの講師に直接教えてもらえる、学ぶための施設が整っている、仲間と切磋琢磨できるといったメリットのほかに、「産学共同プロジェクト」で在学中に実績を作れるので就職に有利です。

イラストレーターの仕事内容とは?

イラストレーターの仕事内容は、ポスター・チラシや広告、雑誌、新聞といった印刷媒体をはじめ、Webサイトやアニメーション、ソーシャルゲームといったデジタル画像、商品カタログや取扱説明書などのイラストなどを描くことです。

その媒体を見る人を楽しませる、商品のイメージを高めるなど、イラストを通してメッセージを伝えることが仕事と言えます。イラストレーターは、クライアントの要望に応じてイラストを描く必要があるため、自分の好きなイラストを描くわけではありません。

イラストレーターの仕事の流れ

イラストレーターの一般的な仕事の流れは、以下のようになります。

  1. クライアントとの打ち合せ
    テーマに合わせてクライアントの要望や指示を聞き、どのような方向性のイラストにするかについて打ち合せ行います。
  2.  サンプルの制作と送付
    本格的なイラスト制作に入る前に、クライアントの要望に合わせたサンプルを送ります。こうすることでイメージが形になるので、クライアントの指示が具体的になり、作業しやすくなります。
  3. イラストの制作
    クライアントからのサンプルに対する意見や指示を受けて、タッチや彩色方法といった詳細が決定したら、本格的にイラストを描き始めます。
  4. 修正
    クライアントから修正の要望を受けて、イラストを修正します。全ての修正が完了してクライアントが了承すると納品となり、仕事完了です。クライアントに気に入ってもらえれば、追加の仕事を受注できるかも知れません。

まとめ

調査の結果、イラストレーターの収入は330万〜350万円と、一般的な会社員とそこまで大きな差はないということが分かりました。

また、フリーランスとして独立したり、アートディレクターにキャリアアップしたりと、さらに収入を上げることも可能です。

イラストレーターはスキルによって収入が左右されることも多いので、これからイラストレーターを目指す人は、ぜひしっかりスキルをつけるよう意識してみてください。

運営者情報

監修・運営者
大阪アミューズメントメディア専門学校 キャラクターデザイン学科
住所
大阪市淀川区西中島3-12-19
お問い合わせ
0120-41-4648
詳しくはこちら
https://www.amg.ac.jp/chara/