イラストレーターの収入は?調査結果まとめ

イラストレーターの収入は?調査結果まとめ

イラストレーターになりたいけど、収入面が気になるというお悩みをよく聞きます。

そこでイラストレーターの収入について、さまざまな調査結果をまとめました。
実際の求人もチェックして、イラストレーターの収入の不安を解消しましょう。

1

この記事の監修者

大阪アミューズメントメディア専門学校 キャラクターデザイン学科では、ゲーム、アニメ業界で幅広く活躍できるイラストレーターを目指せます。

就職・デビューどちらもサポートしているので、自由に働き方が選べるのが魅力です。

イラストレーターの平均収入

イラストレーターの収入について、各求人サイトが、掲載している求人を元に平均収入を公表しています。

ここでは、3つの求人サイトのデータを比べてみましょう。

・求人ボックス「イラストレーターの仕事の年収・時給・給料情報」
正社員のイラストレーターの平均年収は355万円、月給では約30万円です。
アルバイト・パートは平均時給1,002円で、派遣社員では平均時給1,450円というデータが公表されています。
   
・doda「クリエイティブ系の平均年収」
グラフィックデザイナーとイラストレーターを一緒に集計していて、平均年収は336万円となっています。
男女別の平均年収も公表していて、男性は375万円、女性は317万円です。

・マイナビAGENT「クリエイティブ系 年収ランキング」
こちらもグラフィックデザイナーとイラストレーターを一緒に集計して、平均年収は345万円です。

3つの求人サイトのデータを見ると、イラストレーターの平均年収は330万〜350万円ほどということが分かります。

一般的な会社員と比べると、事務員の平均年収が約337万円なので、ほぼ同じくらいだと言えます。

実際の求人ではどれくらい?

では続いて、イラストレーターの収入をもっと具体的にイメージするために、実際にある求人の一例を紹介します。

都内のイラストレーターの、初任給(学校を卒業してすぐ就職した時の給料)を見ていきましょう。

  • 広告・Web制作会社のイラストレーター(正社員):月給22万円
  • 広告会社のイラストレーター(正社員):月給22万7千円
  • ゲーム制作会社のイラストレーター(正社員):月給24万円
  • ゲーム制作会社のイラストレーター(正社員):月給23万1千円
  • テレビ番組内で使われるフリップを描くイラストレーター(正社員):月給20万円

国の調査によると技術職の初任給の平均は、大学卒で約20万円、短大卒で約18万円なので、全体の平均と比べてもイラストレーターの初任給は同じくらいかやや高い方だと言えます。

フリーランスのイラストレーターの収入

フリーランスのイラストレーターの収入
ここまで、会社で働くイラストレーターの収入を紹介してきましたが、イラストレーターは会社に所属しないで個人で働くことも可能です。
このような働き方を、フリーランスと言います。

イラストレーターの働き方を調査した「イラストレーター白書 2019」によると、イラストレーターの約85%がフリーランスとして活躍しています。

フリーランスは自分で仕事量を調整できるため、人によって収入はさまざまですが、中には会社に所属するイラストレーターよりも収入が多い場合も。

イラストレーターとして収入アップを狙うには

イラストレーターとして収入アップを狙うには
ここまでイラストレーターの平均収入を見てきましたが、イラストレーターの収入は個人差も大きいです。

たくさん稼げるイラストレーターになるには、どうすれば良いのでしょうか。
ここからは、イラストレーターとして収入アップを狙う方法について紹介していきます。

実績を積んでフリーランスになる

フリーランスのイラストレーターは、会社に所属するイラストレーターより収入が多いこともあると解説しました。

しかし、だからといって学校を卒業してすぐにフリーランスになるのはあまりおすすめできません。

収入が十分にあるフリーランスのイラストレーターは、過去の実績を認められたことで、仕事をもらっているからです。

実績を作るためには、まずは会社に就職するのがおすすめです。
新人のうちは、会社が取ってきた仕事をこなして実績を作ると良いでしょう。

会社員からフリーランスになった方が、収入も安定しやすくなりますよ。

描くスピードを上げる

イラストレーターは、スキルによって収入に差が出やすい仕事です。
特にフリーランスは、短い時間でたくさん描けた方が仕事もたくさん受けられます。

先ほど紹介したイラストレーター白書 2019にも、多くのイラストレーターが「どうやって制作するスピードを上げられるか」を課題にしているというデータがあります。

資料を見なくてもイラストを描けるようにする、デジタルソフトを使いこなすなど、効率よく作業できるように普段から意識しましょう。

アートディレクターになる

イラストレーターからスキルアップして、アートディレクターになることもできます。

アートディレクターは、イラストレーターに指示を出したり、イラストレーターが描いたイラストのチェックや修正をしたりして、作品のクオリティーを保ちます。

イラストレーターよりも高い画力が求められ、責任も大きいですが、その分収入も上がります。

アートディレクターの収入を各求人サイトで調べたところ、平均年収は446万円〜492万円と、イラストレーターと比べてかなり高いことが分かりました。

まとめ

調査の結果、イラストレーターの収入は330万〜350万円と、一般的な会社員とそこまで大きな差はないということが分かりました。

また、フリーランスとして独立したり、アートディレクターにキャリアアップしたりと、さらに収入を上げることも可能です。

イラストレーターはスキルによって収入が左右されることも多いので、これからイラストレーターを目指す人は、ぜひしっかりスキルをつけるよう意識してみてください。

運営者情報

監修・運営者
大阪アミューズメントメディア専門学校 マンガイラスト学科
住所
大阪市淀川区西中島3-12-19
お問い合わせ
0120-41-4648
詳しくはこちら
https://www.amg.ac.jp/chara/