オーディション対策に有効な方法とは

  • by

    声優として働くにはオーディションで選ばれることが一般的です。
    それでは、オーディションに合格を得るにはどうすれば良いのでしょうか?
    今回は声優のオーディション対策についてお伝えしていきます。

    • 大阪アミューズメントメディア専門学校 声優学科
    • 大阪アミューズメントメディア専門学校 声優学科は、プロダクション直接所属67.7%。 インターンシップではプロの声優と一緒に仕事ができ、学生のうちから現場を経験できます。
    • 柿原徹也さん、白井悠介さん、降幡愛さんなど、AMG卒業生の人気声優もたくさんいらっしゃいます。
    • 大阪アミューズメントメディア専門学校 声優学科
    • 大阪アミューズメントメディア専門学校 声優学科は、プロダクション直接所属67.7%。 インターンシップではプロの声優と一緒に仕事ができ、学生のうちから現場を経験できます。
    • 柿原徹也さん、白井悠介さん、降幡愛さんなど、AMG卒業生の人気声優もたくさんいらっしゃいます。

    オーディションの悩み

    声優のオーディションを受けるときに、悩みを持ってしまう声優は多いと言われています。
    ここでは、声優のオーディションにおける悩みについて紹介します。

    緊張してしまう

    声優のオーディションを受ける際に、緊張してしまうという人が多いようです。
    オーディションに慣れていない、人見知りなどで、うまく話せるか不安だと緊張することもあるでしょう。
    複数人を一緒に審査する場合は周りの人のレベルもわかってしまうので、余計に緊張してしまう状況になる場合もあります。

    自己PRが苦手

    自己PRが苦手声優のオーディションでは自己PRをお願いされる場合がありますが、この自己PRが苦手な人が多いのも事実です。
    ただでさえ緊張しているオーディションで印象に残る自己PRをしたいと思っても、簡単ではありません。
    慣れないうちはたくさん経験することや練習が必要です。

    なかなか合格しない

    オーディションをたくさん受けているのになかなか受からないことを悩む方もいます。
    今人気のある声優さんでも昔はオーディションを受けるたびに落ち続けていたという人もいます。
    有名な人は輝いている部分しか見えませんが、最初は周りの人と同じようにオーディションに落ちていた時もあるのです。
    オーディションに落ちても、悪い部分を修正して次のオーディションに向かっていれば、いずれ合格のチャンスが巡ってくるでしょう。

    オーディション対策に有効な方法

    オーディション当日は緊張するし、不安を感じる位ならオーディション対策が欠かせないですよね。
    ここからはオーディション対策として有効な方法を紹介します。
    参考にしてみてくださいね。

    本番と同じような練習をする

    オーディション対策として、本番と同じような状況で練習をしましょう。
    当日の内容を確認して、セリフの課題があるならその練習や自己PRの練習を行います。
    できればオーディションと同じように会議室のような広めの部屋に椅子を用意して、本番と同じ状況の中で練習をすると当日の状況をイメージできます。
    友達や家族を審査員に見立てて課題のセリフや自己PRを聞いてもらいフィードバックを受けましょう。
    自分だけで練習するよりも、声の大きさや話の速さなど自分でも気が付かなかった問題点がみつかり、当日まで修正することができます。
    当日を最善なものにするために、事前の練習をしっかり行いましょう。

    当日に向けての準備を行う

    当日に向けての準備を行うオーディション対策として当日までの準備をしっかり行いましょう。
    準備をすることによって不安な気持ちを取り払い、自信を持ってオーディションに望むことができます。
    当日の交通機関や会場までの場所の確認もしっかりと行いましょう。
    行ったことのない場所やわかりにくい会場の場合は、事前に会場へ一度足を運び場所を確認しておくと安心です。
    余裕を持って会場に行くために前日は早く寝るようにして、起きたらすぐに電車や交通機関に遅れはないかの情報を確認しましょう。
    当日の天気が悪くて電車が遅れてしまいそうな場合も考慮して、迂回経路なども調べておきましょう。
    当たり前のことではありますが、やるのとやらないのでは結果が変わってきます。
    当日良いコンディションで向かえられるように事前の準備をしましょう。

    外見を整える

    オーディション対策では、外見にも気を遣う必要があります。
    オーディションを受ける上での書類審査でも写真が必要になりますが、その写真も服装や髪型に気をつけて撮影しましょう。
    だぼだぼした服やスニーカーだと印象が悪いので、体のサイズに合ったシャツやジャケットなどの服が好印象に見えるでしょう。
    女性の場合は、ワンピースやブラウスやスカートの上にジャケットを着る服装がオススメです。
    好感を持たれるような清潔感のある服装や髪型を心がけて写真撮影やオーディションに臨みましょう。

    合格だけをイメージする

    声優のオーディションを受ける際は、絶対合格するという気持ちで受けましょう。
    合格者は根拠のない自信を持っている人が多いのも事実です。
    オーディションは自信を持って堂々と受けましょう。
    落ちることばかり考えてしまうと、気持ちに引きずられて行動も落ちる方向に変わってしまいます。
    前日の寝る前には合格のイメージトレーニングを行うと、より自信をもってオーディションに臨めるのでオススメです。

    面白いことをして印象付ける

    オーディション対策として、面白い演技や話ができると審査員の方の印象に残る可能性が高まります。
    応募者がたくさんいるオーディションなら、周りの人と同じようにただ受けるだけではその他大勢と見分けがつかなくなってしまいます。
    そうなってしまっては、受けても受けなくても同じことです。
    例えば、モノマネやダンスや前後開脚、マジックなど、何かネタになるようなものを身につけておくと困らないでしょう。
    せっかくオーディションを受けるなら、名前でも顔でも話でも何か一つでもいいので覚えてもらえるような工夫をしましょう。

    オーディション対策として役立つ技術

    オーディション対策として技術的な面を鍛えておく必要があります。
    声優は声を扱う仕事なので、その声を自由自在に操り、仕事に合わせて使っていくことが前提となります。
    その場合に必要となる技術を詳しくみていきましょう。

    滑舌や発声が出来ている

    滑舌や発声は声優の基本中の基本となる技術です。
    どんな声でも、キャラクターの話す内容が視聴者に伝わらないと本来の役割を果たすことができないので、聞き取りやすい速さと音量で話すことがポイントとなります。
    滑舌や発声の練習は普段からしっかり行い、オーディションの時に練習の成果が出せるように準備をしておきましょう。

    キャラクター別に演じ分ける

    声優は新人やベテランに限らず、幅広い役柄を演じることが求められます。
    それは出演の役が決まっていても、脇役の声をその場にいる誰かに頼むことがあるからです。
    現場では作品制作にかかる予算が決まっているので、声優を呼ぶ人数も限られています。
    ですから、新人のうちは脇役での出演だったとしても、幅広い役が出来ると現場で重宝されるので、多くの役を演じられるようにオーディションまでに用意をしておきましょう。

    まとめ

    今回は声優のオーディション対策についてお伝えしました。
    声優のオーディションはしっかりと話す準備や当日の準備を行い、当日自信を持っていつもと同じように頑張って審査員に覚えてもらえるようにすることが大切です。
    声優という仕事はオーディションでその後の未来が変わってきます。
    早くオーディションに合格して仕事がもらえるようにしっかり対策を行いましょう。

    >>声優になる方法の詳細情報はこちら

    資料請求案内 イベント案内

    監修・運営者情報

    監修・運営者大阪アミューズメントメディア専門学校 声優学科
    住所大阪市淀川区西中島3-12-19
    お問い合わせ0120-41-4648
    詳しくはこちらhttps://www.amg.ac.jp/voice/
    名前