声優になりたい人へ【デビューを目指す方法】

  • by
    デビューの方法
    声優になりたいとう夢を持ち、強く願っている人は数多くいます。
    ですが、いざ声優になりたいと思っても、何も分からない状態では不安になってしまいます。
    ここでは声優になりたいと願っている人に向けて、デビューの方法についてご紹介していきます。

    • 大阪アミューズメントメディア専門学校 声優学科
    • 大阪アミューズメントメディア専門学校 声優学科は、プロダクション直接所属67.7%。 インターンシップではプロの声優と一緒に仕事ができ、学生のうちから現場を経験できます。
    • 柿原徹也さん、白井悠介さん、降幡愛さんなど、AMG卒業生の人気声優もたくさんいらっしゃいます。
    • 大阪アミューズメントメディア専門学校 声優学科
    • 大阪アミューズメントメディア専門学校 声優学科は、プロダクション直接所属67.7%。 インターンシップではプロの声優と一緒に仕事ができ、学生のうちから現場を経験できます。
    • 柿原徹也さん、白井悠介さん、降幡愛さんなど、AMG卒業生の人気声優もたくさんいらっしゃいます。

    声優としてデビューできる確率

    声優になりたいと強く願っている方は、全国で30万人ほど存在すると言われてます。その内、声優としてデビューできる人数は1万人前後と言われています。
    そのため、声優としてデビューできる確率は約3%という事になります。
    実際に声優になるための行動を取っている人は30万人以下である可能性が高いため、実際にデビューできる確率としては3%より多少高いと考えると良いでしょう。

    声優を目指すならやっておくべきこと

    10代から目指すなら

    最近の声優の中でもは10代から実力を発揮し、主役やヒロインを射止めていることが多々あります。そういった方々は特別に天才という訳ではなく、声優を目指す前から劇団に所属して経験を積んでいたり、中学や高校に通いながら養成所にも通っているという人が大半です。
    この事からも、早い段階で声優になるための活動をしていたという事が窺えます。
    そのため10代から声優を目指すのならば、中学や高校に通う傍ら、限られはしますが、養成所に通った方が、早い段階からスタートできます。
    また高校の卒業後に声優の専門学校に通うのも、立派な道の1つです。ほとんどの時間を声優としてのノウハウの向上に注げるメリットもありますし、専門学校出身の売れっ子声優も多いです。

    >>10代から声優を目指すについて詳しくはこちら

    20代から目指すなら

    大学に通いながら、または仕事をしていても、声優になれるチャンスは十分にあります。
    養成所であれば、大学や仕事と両立しながら通える所も多いですし、最近では夜間過程も開設している専門学校もあります。
    大学や仕事との両立はとても大変かもしれませんが、それでも実際に夢を叶えた人は多くいます。もちろん自分の頑張り次第にはなりますが、少なくとも20代というのは、まだまだ諦めるような年齢ではありません。
    しかし20代後半ともなると、オーディションすら受けられない養成所もあるので、その点は注意する必要性があります。

    >>20代から声優を目指すについて詳しくはこちら

    30・40・50代から目指すなら

    30代以上になってしまうと、現実問題として声優業界への入り口がぐんと狭くなってしまいます。
    その理由としては、養成所のオーディションの受験資格すら満たせないという事が多々あるからです。
    しかし、それでも全ての養成所が年齢制限を設けているだけでなく、場所によっては40歳まで、もしくは年齢制限なしという所もあります。
    そして声優の活躍の場は何もアニメや洋画の吹き替えだけという訳でなく、例えばナレーションならば、年齢を重ねていた方が味わい深い雰囲気を醸し出せます。
    入り口や活躍の場という側面から見れば、確かにシビアな現実が待っていますが、完全に道が閉ざされているという事はありません。若い人より一層の努力をすれば、徐々にですが道は開けてくるのかもしれません。

    >>30・40・50代から声優を目指すについて詳しくはこちら

    女性が声優を目指すなら

    男性よりも女性の方が声優を志す人は多いみたいなので、必然的に競争率が上がります。
    また、女性の方が声質が似たり寄ったりするという面があるみたいです。
    そのため、激しい競争を勝ち抜くために演技力などで差別化を図る必要性があります。専門学校や養成所に通っている段階で、その点を常に意識しておいた方がいいかもしれませんね。
    最後に昨今ではアイドル声優がとても人気ですが、その方向性を目指すなら若いに越した事はないので、できるだけ早く始動した方が無難でしょう。

    >>女性が声優を目指すについて詳しくはこちら

    男性が声優を目指すなら

    声優の需要で言うと女性の方があるので、男性にも激しい競争を強いられるのは必至です。
    なので、声優としての差別化も無論必須ではありますが、男性だど30代になってから活躍するというケースがよくあります。
    そういう意味では、女性よりも耐え忍ばなければいけない面はあるのかもしれません。
    最近ではアニメ以外にもラジオやTV番組、そしてイベントなので声優が顔を出す機会が多いです。そのため、自分だけのキャラクターを持っていると、男性の場合は知名度が上がりやすくなるのではないでしょうか。

    >>男性が声優を目指すについて詳しくはこちら

    学力や学歴は必要なのか

    学力や学歴は直接的に必要な訳ではありませんが、勉強をコツコツ頑張れた人の方が、声優としても経験を積み重ねて成功することが出来ています。
    声優の中には中学を卒業してから声優の専門学校に進み、そのまま声優の仕事についた人も沢山います。
    ただ声優はそれまでの経験が演技の中で活かされる仕事なので学生生活の経験は貴重であり、高校や大学でしかできない経験もたくさんあります。
    また、声優になりたい人は読解力や漢字のために国語は特に頑張った方が、のちに仕事に生かされてくるでしょう。

    >>声優に学歴が必要かどうかについてはこちら

    声優を目指す際に知っておきたいこと

    デビュー方法

    デビュー方法声優としてデビューするには、プロダクションに所属しなければいけません。
    そのためには大きく分けて2つの道が存在します。
    それは、声優育成のための専門学校に通うか、もしくは養成所のオーディションを通過して入所するかになります。
    養成所によっては、専門学校を卒業した人や劇団などで演技の経験がある人だけでなく、全くの未経験という方もいます。
    いずれの道にしても声優になりたい人は、プロダクションのオーディションに合格しなければ所属することが出来ないため、努力は必要不可欠です。

    >>声優の体験をすることについてはこちら

    専門学校・養成所に通う

    専門学校・養成所に通ってデビューすることもできます。
    専門学校は通いたい人が入学することができますが、養成所の場合は入所するときに必ずオーディションを受けます。
    一般的には専門学校に通って発声や滑舌などの一連のトレーニングや勉強をしてから養成所のオーディションを受ける場合が多いようです。

    プロダクションに所属する

    ほとんどの声優は事務所に所属し、そこで仕事をもらうために事務所から選抜されてオーディションを受けます。
    事務所に入って実際に仕事を受けた段階でデビューしたことになるので、事務所に所属することがデビューへの近道となります。

    役のオーディションに合格する

    役のオーディションに合格することでデビューする場合もあります。
    役を得るためのオーディションは声優が所属するプロダクションに製作会社から募集がかかり役柄別に仕事をもらいたい声優を集めます。
    なりたい役柄を志望する声優は課題演技をオーディションで披露し審査で選ばれた人に、そのなりたい役の仕事が決まります。

    オーディションの重要性

    声優の仕事はアニメキャラクターの声の出演、TVやラジオのナレーション、映画の吹き替えなど活動範囲は多岐に渡ります。
    仕事は沢山ありますがそのほとんどをオーディションで選考しているため、オーディション対策が必要になります。

    ファン(オタク)の存在

    現代の声優において、ファン(オタク)の存在はとても大事です。そしてメディアやイベントにも露出する機会が増えている事もあって、ますますファン(オタク)の存在は重要視されているのではないでしょうか。
    そのため、声優として徐々に活躍し始めると、ファン(オタク)の期待やイメージを裏切るまいと過度にプレッシャーを感じてしまうかもしれません。
    ですが、自分の活躍を後押ししてくれるのも、応援してくれるファンがいてこそです。それこそ熱心なファン(オタク)は、声優が歌手デビューしてCDを販売したら買ってくれますし、ラジオやイベントに出演したら欠かせず見聞きしてくれます。
    ファン(オタク)の存在が心強く感じるようになるまでは大変かもしれませんが、それまではどれだけ重くとも足を前に踏み出し続けましょう。

    声優になるために必要な資金

    資金

    声優のデビュー方法に照らし合わせると、専門学校の学費は年間100万円以上します。ほとんどの専門学校は2年制なので、諸経費も含めたら300万円近くかかる可能性は十分にありえます。
    養成所の場合だと費用の振り幅はありますが、1年に80万円近くかかると言われており、通う年数が増えるごとに、その額は積み重ねっていきます。
    これだけでも相当な資金が求められますが、専門学校を卒業した後に養成所に入所するケースであれば、より高い資金が必要です。
    そのため、専門学校と養成所のどちらに通うにしても、強い覚悟を持って声優のノウハウの習得に励まないと、お金と時間の無駄になってしまう恐れが大いにあります。

    収入について

    声優の平均収入は、月16万円と言われており、声優によっては年収が1000万円以上の方もいます。
    収入の高い人と低い人の振り幅がそれほど大きく、特に20代は生活のために声優以外のアルバイトもしている人が多い傾向です。

    収入はランクによって決まる

    収入の振り幅が大きい理由は、日本俳優連合が定めたランクが大きく関わっています。
    例えば、30分アニメの1本の出演のギャラは、日本俳優連合が定めたランクによって決まります。最初は15,000円からのスタートとなりますが、実力に関係なく経験年数によってランクが上がり、ギャラは最大で45,000円にまで膨れ上がります。ちなみに大御所ともなると、45,000円までという枠は取り払われます。
    これらの事から、声優の収入は仕事量に直結するけれども、競争率もそれ相応に高いというのが容易に察せられるのではないでしょうか。
    また、ランクに見合った実力も持っていないと厳しいので、デビューしてからも努力の積み重ねが必須となります。

    >>声優になるには何が必要?リアルな収入や仕事内容を詳しく解説!

    声優を目指す人の傾向

    声優を目指す人は、元々声優業に憧れていて目指しているという傾向がありますが、意外にも、自分にコンプレックスを持っているからという人も多くいます。
    内気で人前が苦手などのマイナスな面が嫌で、それを克服したいと強く願っているからという事かもしれませんね。
    そして、本当の意味で声優を目指す人は、目指す理由に関係なく、強い覚悟と責任感を持ってストイックに努力できる傾向があります。
    プロダクションに所属するまででもとても苦労するのですが、そもそも声優業界は飽和状態なので、所属後も更なる努力が必要です。
    そのため、強い覚悟や責任感、そしてストイックさはどうしても求められるので、本当に目指している人は、きちんとその先を見据えているかもしれませんね。

    >>声優になれる倍率についてはこちら

    デビュー後の人生について

    声優はデビューできたとしても、それはあくまでスタート地点に立ったに過ぎず、そこからが本当の勝負の始まりになります。
    先程も述べましたが、声優が生活できるだけの収入を得るには、仕事を増やす必要があります。
    しかし、その仕事を得るにはオーディションに合格しなければなりませんし、そもそもとして、プロダクションに実力を認めてもらわないと、受けさせてすらもらえません。
    そのためプロダクションに所属したら、自分の実力を養いつつ、周りに見てもらえる努力も並行して行うことも求められます。
    生活のためにアルバイトもしなければならないかもしれず、とてもシビアな状況かもしれませんが、売れっ子と呼ばれる声優のほとんどの人は、その壁を乗り越えてきました。
    声優になりたいと強く願っている方は、先を見据えてその強い願いを覚悟に変換すれば、専門学校や養成所に通っている時点で、他者と差が広げられるかしれませんね。

    声優を初心者から目指すなら

    全くの初心者から声優を目指すのなら、声優の技術が学べる専門学校やスクールに行くのが一番です。
    専門学校やスクールでは、声優になる為に必要な「発声方法」や「表現力」などの基礎からしっかり学ぶことが出来るからです。
    基本的には2年制で、卒業後に声優養成所に入る為のオーディションを受けることになります。
    また、少数ではありますが、専門学校やスクールに行かなくても養成所や作品のオーディションを直接受けることが可能な場合もあります。
    しかし、技術が身についていないと落ちてしまいますし、独学で声優としての技術を磨くのは困難です。
    早くデビューしたいなら、専門学校やスクールに通ってから養成所に入る方が早く確実に声優になることが出来ると言えるでしょう。

    >>初心者が声優になるについて詳しくはこちら

    声優になりたいという夢を叶えるためには

    声優になるためには、何よりも『声優になりたい』という気持ちが大切です。
    そして、その気持ちが本当のものだと確認できたら専門学校の門を叩いてみましょう。
    プロになるためのレッスンですから大変な思いをすることもあるでしょうし、オーディションに落ちて悔しい思いをすることもあるでしょう。
    しかし、夢を叶えるために頑張る日々はとても充実したものであることも確かです。
    有名な声優さん達もみんな最初は何もないところからスタートしています。
    厳しい世界ですが、夢を諦めずに頑張れる人ならきっとプロになって成功できるはずです。

    >>声優にアルバイト経験が必要かどうかについてはこちら

    まとめ

    声優になりたいと強く願っても、行動に移さなければ何も始まりません。
    確かに声優の世界はとてもシビアですが、夢のある職業ならば、そういった事情はどこも同じなのではないでしょうか。
    まずは、声優になるための一歩を踏み出してみることから始めてみましょう。

    資料請求案内 イベント案内

    監修・運営者情報

    監修・運営者大阪アミューズメントメディア専門学校 声優学科
    住所大阪市淀川区西中島3-12-19
    お問い合わせ0120-41-4648
    詳しくはこちらhttps://www.amg.ac.jp/voice/
    名前