声優学科の日常①~美しい日本語を話すために~|ブログ

声優

2021.10.08

声優学科の日常①~美しい日本語を話すために~

しばらくぶりになりました… (^∧^)

声優になるために「どんな授業を受けているのか?」興味持たれている方に向けて声優学科ブログをお届けします!(﹡ˆ__ˆ﹡)

本日、潜入したのは「美語話法」の講義。

「美語話法」とは、正しいアクセントで日本語を話し、言葉でのアピール力を磨いていく講義です。

ふだん何気なく使っている言葉にも正しいアクセントがあります。そして話すプロになる者は、正しい発音・アクセント・イントネーションで話さなければなりません。

本日は実際にマイクを使ってナレーション原稿を、もちろん!正しいアクセントで読んでいきます。


▲マイクの位置は終わった人が次の人のをセッティング


▲先生からOKが

でもただ話すだけでなく、その前に原稿を分析して、どのような情報を伝えなくてはならないのかを考えていく作業を経てマイク前に立っています。


▲ほかの人のナレーションを聞いて勉強中です

マイクに立つ前にも、やることがたくさんあるのです。

その証拠は、こちら

「演習」という自主的に勉強するための時間ですが、次の講義に向けて学生たちは練習中。

アクセントがわからない言葉は、アクセント辞典で調べて正しいアクセントを身体に覚えさせています。

美しい日本語を話すために、日々たゆまぬ努力を重ねて声優に一歩一歩近づいていきます。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆   ◆ 

声優学科のことをさらに知りたい方は、こちらに参加してみませんか?

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。