株式会社トーセに内定した小川くんインタビュー|お知らせ

株式会社トーセに内定した小川くんインタビュー

株式会社トーセに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームプランナー学科・小川隼矢くんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。
とりあえず喜びよりも内定が決まった安心感の方が強いですね。 コロナの影響もあり就職出来るか、かなり不安でしたから・・・。内定をいただいたトーセ様には感謝しかないです。

ogawa04

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?
もともと幼い頃からゲームは好きだったのですが、ゲーム業界を意識したきっかけは中学の時にプレイした「ダンガンロンパ」のシステムが衝撃的すぎて、自分も誰かに衝撃を与えるようなゲームを作ってみたいと思ったことですね。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?
学校では当然、様々なことを学べます。でも入社した後に得られる経験の方が圧倒的にスキルアップに繋がると思うんです。なので4年制ではなく、2年制の学校を候補にして、その中でも現役プロの指導で実践的なカリキュラムが組まれているのが決め手でした。

ogawa02

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?
1人でRPGツクールをいじったり、シナリオを書いたりしていただけで、ガッツリと作ったことはありませんでした。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?
プランナー学科というコミュニケーションを重視してる学科だけあって、クラスは賑やかで活気のある雰囲気でしたね。質問や発表がしやすいかったので、とても良かったと思います。

ogawa03

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?
どの授業もエンタメをただ消費してきた人には衝撃的だと思いますよ。実際に僕も何かを作る時に意識するべき事の多さには度肝を抜かれました。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。
初めてのゲーム制作で右も左も分からない状態からスタートしたました。 チームで話し合い方針やスケジュールを決めて作業をしていき、ちょっとずつ今まで頭の中にしか無かったモノが形になっていくのは、とても感慨深いもので、なかなか体験できないものだと思ます。 共同制作を通じてよりゲーム業界への憧れがつよくなりました。

ogawa01
冬期共同制作のチーム結成の様子

Q8.学園祭やビジネスデーで自分のゲームを遊んでもらった時の感想を教えてください。
僕が制作したゲームはアクションパズルゲームだったのですが、人によっては全18ステージクリアしようと何時間もプレイしてくださったのが、頑張って作った甲斐があったなと思い、とても嬉しかったです。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?
エントリーシートや面接練習は、これでもかと言うぐらい何度も付き合って頂いて凄くサポートが手厚いと感じました。 面接での質問は練習しておいたモノが多く、予想外の質問も練習時の応用で何とかなる事も多くホントに先生方には感謝しかないです。

ogawa05

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。
勿論スキルアップして、ディレクターとして世界に衝撃を与えるようなシステムのゲームを送り出すことです。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。
ゲームクリエイターはしっかり努力さえすれば比較的、叶えやすい夢です。 もしもなれるかどうか不安でも、ゲームは好きって方がいるなら思い切って1歩を踏み出してみてください。きっとその好きって気持ちを失わない限り叶えることができると思います。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

小川くん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

合格特典・プレスクール!

AO入学、特待生入学合格特典プレスクール
2024年スケジュールを公開しました

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。