株式会社サイバーコネクトツーに内定した大谷さんインタビュー|お知らせ

株式会社サイバーコネクトツーに内定した大谷さんインタビュー

株式会社サイバーコネクトツーに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームクリエイター学科・大谷 直樹さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。
ホッとしたと同時に、自分の課題が更に見えてきたので、やれることをしっかりやっていかなければな、といった心境です。

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?
小学校三年生の時、同世代がゲームに熱中している姿を見て、自分もこんな風に皆を熱中させるようなゲームを作りたい!と思ったことがきっかけです。

ootani002

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?
多くの作品に携わりたいと考えていた為、二年制という点が非常に魅力的でした。また、体験授業に参加した際の、先生や授業の雰囲気にも惹かれました。

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?
個人で「Scratch」や「Wolf RPG エディター」等を用いた制作を行ったことはありますが、チームでの制作はありませんでした。

ootani003

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?
非常に和やかな雰囲気です。皆ゲームが好きなので、いつもゲームの話題が飛び交っています。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?
どの先生の授業も非常に面白く、為になります。(一言では言えないほど…)特に小笠原講師には企画だけでなく、就職活動、課外活動面でもサポートしていただいたので非常に感謝しています。

ootani001

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。
自分達のゲームを遊んで更に良くしていこうと、毎日、試行錯誤していた事を覚えています。チームでのゲーム制作は初めてで、不安な事ばかりでしたが、チームメンバーに恵まれた事もあり、いいスタートが切れた「夏期共同制作」だったと思います。

Q8.学園祭やビジネスデーで自分のゲームを遊んでもらった時の感想を教えてください。
様々な方から意見を頂くことは非常に新鮮でした。自分達では見えていない部分を指摘して頂いたり、アドバイスを頂くことは、作品のブラッシュアップに必ず繋がると思うので、今後も求める姿勢を大事にしていきます。

ootani005

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?
キャリアセンターの先生や、担任の先生のサポートが非常に手厚かった事が印象的です。
エントリーシートや面接練習等、付き合って頂いた事に感謝しています。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。
「世界中の人々が熱中するようなゲームを作る」という目標を達成する為にも、まずは自分のやりたい事、やるべき事をコツコツと積み重ねて邁進する所存です!

ootani004

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。
チャンスはいくらでもあると思います。目指すところが決まっているのなら、貪欲に挑戦して行きましょう!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

大谷さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパスも随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。