夏期共同制作デザイナーインタビュー~ワンダーラビット前編~|ブログ

夏期共同制作デザイナーインタビュー~ワンダーラビット前編~

ゲーム・アニメ3DCG学科チューターのMです👾

現在ゲーム3学科の1年生は夏期共同制作として10チームに分かれてゲーム制作をおこなっています!

今回のブログではチーム[ワンダーラビット]さんにインタビューさせていただきました!

(ワンダーラビットさん制作中のWonderAlice~LitallLADYの企画書)

Q1:今、どんな作業を行っていますか?

満仲さん(リーダー):現在はプランナーの方とプログラマーの方でゲームを作るにおいての、各学科での大まかな注意点の出し合い(アセットの分け方や実現可能な範囲など)やラフの決定などを行っています。

Q2:今回の共同制作でこだわっている又はこだわりたいところはなんですか?

満仲さん(リーダー):現在まで授業で学んだことを存分に活かしたり他学科とのコミュニケーションの取り方など、就職して役に立つように今回の制作で勉強したいと考えています

平井さん:モーション担当なのでキャラクターのスカートの揺れなどにこだわりたいです

平野さん:愛らしく親しみやすいキャラ制作と小物のディティールです

水井さん:良いものを作ろうとするのは当然として、共同制作ということで一つのゲームとして全体的にまとまりのあるデザインを目指したいと思っています

Q3:共同制作をやってみて楽しいところはなんですか?

満仲さん(リーダー):プランナーやプログラマーの方達と話すときにデザインを渡す際の注意点やこうしてほしいなど、仕事にも役に立つことを言ってくれるところです。とても勉強になります。

平井さん:他の学科の人たちと意見交換などをし、さまざまことを知れるのが楽しいです

平野さん:共同で物事を進め、作品を作り上げるところです

水井さん:大人数でのゲーム制作って主にこんな風に進むんだ、と勉強になるところです

共同制作で新しい知識が身についていくことや協力しての作業が楽しそうな様子のワンダーラビットデザイナー班👾

後半ではチームのことや意気込みなどを聞いていきたいと思います!

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。