GAME CREATER
ゲームクリエイター学科

本気で学ぶ 唯一のクリエイター育成校

あなたのアイデアゲームになる!

プロと同じ方法でゲーム制作を学ぼう

あなたのアイデアゲームになる!

プロと同じ方法でゲーム制作を学ぼう

ゲームを構成する全体の流れから、プログラムやグラフィックの基礎、映像演出、シナリオ、マーケティング、自分の意図が確実に伝わるプレゼンテーションまで学びます。
また、プランナーに必要なすべての知識や技術を、1年次からゲーム制作などで実践的に身につけることができます。
最新のゲーム機器における開発にも対応し、確実にプロとして活躍する人材を育てます。

  • つくりあげた作品

  • 身に付けた実務とスキル

  • 100人100通りの就職サポート

  • AMGインターンシップ

  • 即戦力となるゲームクリエイター

ゲームクリエイター学科の特徴

特徴01

AMG産学共同ゲーム開発プロジェクト

AMGグループが提供する「産学共同プロジェクト」で在校中からプロの商品開発に参加

エンタテインメント業界に多くのグループ会社を持っているのが、大阪アミューズメントメディア専門学校の強みです。

ゲーム・アプリケーション開発をする「AMG GAMES」では、学生がゲーム制作に参加し、在学中からプロと一緒に仕事ができます。

プロのゲームクリエイターがどうやって企画をし、作品を作っていくのかを間近で見られます。

プロの現場での経験は就活の強みになり、就職した後も役に立つこと間違いなしです。

AMG産学共同作品

VR音楽リズムゲーム「Airtone」を開発し、全世界で販売!

特徴02

共同制作

プロと同じ方法でゲームを創る!

4つの学科(ゲームプログラマー学科/ゲームクリエイター学科/ゲーム・アニメ3DCG学科/声優学科)が共同でゲーム開発を行う実習です。
ゲーム開発に必要なスキルを身につけるためには、ゲーム開発を実践することが不可欠です。
1年次に講義と並行して、チームでのゲーム開発を2度行うことで、本物のスキルが身につきます。

ゲームクリエイターに必要な4つのスキル

  • 1. アイデアを具体化するための「論理・分析スキル」

    なぜ面白いのか、なぜ必要なのか、システムに根拠と信憑性を 持たせ、ユーザーを納得させる面で必要なスキルです。

  • 2. ユーザーやスタッフに正しく伝えるための「伝達スキル」

    自分の意見や設計を、言葉や書式にまとめ正確に伝え、理想的な ゲームを構築する際に必要なスキルです。

  • 3. 理想を現実化するための導線を引く「管理スキル」

    理想値で考えられたゲームアイデアを、実際に完成させるために 具体的なスケジュールを引いて進捗を管理するためのスキル。

  • 4. チームワークで必須となる「コミュニケーションスキル」

    開発は基本チーム制で行うため、すべての業務において必須と なる重要なスキルです。

共同制作について詳しくはこちら

学びのポイント

point01

全ての基礎スキルをキチンと学ぶ

未経験者からスタート!すべてのコンピュータやゲーム制作の基礎を学ぶことできちんと仕様設計・ディレクションが行えるようになります。
プログラミング、シナリオ、グラフィックなど、ゲーム制作の技術を一通り学び、ゲームクリエイターに欠かせない企画のスキルも習得。
幅広い技術を学び、2年間で未経験者からゲーム制作のプロへと成長します。

point02

ゲームを「創る」から、スキルが「身につく」

技術を身に付けるには、実際に手を動かして体で覚えるのが一番です。
大阪アミューズメントメディア専門学校では、実習中心でゲームクリエイターに必要なスキルを学んでいきます。
実際にゲームを開発することで、学んださまざまなスキルを生かせます。また、設計上の問題点を開発作業を通して発見・修正。頭の中で考えるだけでは不可能なリアルな経験を得ることができます。
また、ゲームプログラマーやCGデザイナーとのやりとりも、自然に身に付きます。

point03

聞くだけではない参加型・プレゼン主体の講義

方法や理論だけを知っていても、実践のトレーニングをしなければ、現場では役に立ちません。講義で理論を学び、ゲームづくりを実践することで即戦力となる実力を身につけます。
特に、ゲームクリエイターにはプレゼンテーション能力が欠かせません。
良い企画を作ることも大切ですが、それを上手く伝えることが大切です。
そのため授業では、企画を講師や学生の前でプレゼンするところまで行います。

カリキュラム

1年次 履修科目

    講義科目

  • 企画ディレクションⅠ 企画プレゼン
    アイディアを企画として成立するように考え、個別で企画書を書き、プレゼンテーションを行います。
  • スケジュール管理実習 制作管理Ⅰ
    チームでCMを制作しながらスケジュール管理の実習を行い、管理・運営の基礎を学びます。
  • ゲーム分析
    ゲームプログラムで必須とされる、アニメーション、キー入力、サウンド再生などを、AMゲームライブラリを用いて学習します。
  • プログラム基礎
    プログラムの基礎を理解し、簡単なゲームプログラミングを行なう中で、ゲーム設計の基本を学びます。
  • 2DCG基礎
    2Dグラフィックの基礎を理解し、2DCGに関する指示の基本を学びます。
  • 3DCG基礎
    3Dグラフィックの基礎を理解し、3Dゲーム制作時に必要な指示や指定の基本を身につけます。
  • ゲームデザイン・プレゼン
    ゲームプランニングの基本となる、企画・仕様制作・工程管理の理解を深め、冬期制作に使用する仕様書を作成します。
  • 世界観分析
    文学、映像、コンピュータにおける歴史を学び、蓄えた知識を組み合わせて作品世界を発想する力を養います。
  • 映像・演出I
    絵コンテ、動画を作成し映像と演出の基礎について学びます
  • アナログゲーム制作Ⅰ
    アナログゲームの分析、制作を通してゲームメカニクスについて学びます
  • 企画応用・アイデアⅠ
    アイデアの出し方、発想法と、それを活かした企画の作り方について学びます

    制作実習科目

  • 夏期共同制作
    他学科共同による多人数でのゲーム開発実習です。 グループワークやコミュニケーション能力を養い、現場で必要な実務を学習します。
  • 冬期共同制作
    他学科共同によるチームでのゲーム開発実習です。就職活動を見据えた作品をつくると共に、実務に磨きをかけて、さらにスキルを高めます。

2年次 履修科目

  • 企画ディレクション
    個別で企画書を作成し、コンセプトからターゲット層を理解した企画、プレゼンテーションを可能にする力を養い、プロとして恥ずかしくない企画書を作成します。
  • 世界観設定
    1年次に学んだ文学、映像、コンピュータにおける歴史を活かし、様々な世界を創造する力を身につけます。
  • ターゲットマーケティング
    PS4、PS3、3DSのゲームソフト、スポーツや歴史などの、実践的な企画立案について学びます。
  • ゲームシナリオ
    ゲーム特有の分岐シナリオの作成法を、 実際にゲーム制作を行いながら学びます。
  • 企業課題 実践講座 就業力育成講座
    ゲーム会社が出題した課題作品を制作します。 ゲーム会社のスタッフが評価するため、プロのレベルを学ぶことができます。
  • ゲーム制作技術 制作実習
    映像演出、構成、制作現場の様子など、 ゲーム制作に関わる様々な知識の応用を学びます。
  • プログラム基礎
    Unityを使用してゲームプログラムの基礎を学びます
  • ゲームエンジン基礎
    Unreal Engine を使用してゲームエンジンの基礎を学びます
  • 映像・演出Ⅱ
    動画を作成し、映像と演出の応用について学びます
  • アナログゲーム制作Ⅱ
    アナログゲームの分析、制作を通してゲームメカニクスについて学びます
  • 企画応用・アイデアⅡ
    アイデアの出し方、発想法と、それを活かした企画の作り方について学びます

ピックアップカリキュラム

大阪アミューズメントメディア専門学校では、就職に強いカリキュラムを用意しています。
中でもおすすめの授業はこちら!

企画プレゼン

企画で大切なのは、①発想法②書き方③プレゼンの3つです。

大阪アミューズメントメディア専門学校の授業では、この3つのポイントを全て学びます。

この授業は、ゲームクリエイター学科、ゲームプログラマー学科、ゲーム・アニメ3DCG学科の3学科合同で行うため、実際の仕事と同じようにゲーム作品を作れるのが魅力です。

ゲームの企画、プレゼン、メンバーへの指示まで、ゲームクリエイターの仕事の一連の流れを経験できるので、就職後のイメージもわきやすくなります。

制作管理I

ゲームクリエイターや制作進行は、制作現場のスケジュールやメンバーを管理する仕事もするので、マネジメントスキルも求められます。

大阪アミューズメントメディア専門学校では、プロのゲームディレクターに制作管理について教わります。

実践形式で学べるため、実際の仕事に近い状況で、メンバーのスケジュール管理の方法について理解できるのが特徴です。

また、この授業で学んだことをチームでの共同制作でも活かすことができるでしょう。

3D基礎

ゲーム制作の技術を一通り学べるのがゲームクリエイター学科の魅力ですが、本格的な3DCGの技術もマスターできます。

大阪アミューズメントメディア専門学校では、3DSMaxとAfterEffectを使った3DCG制作を学びます。

3DCGの知識があれば、3DCGで制作されるゲームも企画できるようになります。

またCGデザイナーに的確な指示ができるようになるだけでなく、自分で3DCG制作もできるので、企画から制作までオールマイティにできるようになりたい方におすすめです。

プログラム基礎

ゲームクリエイターは、企画書を書いたりゲームプログラマーに指示を出したりする際にプログラミングの知識が必要です。

プログラミングの知識があれば、ゲームプログラマーとも円滑なコミュニケーションを取れるようになります。

大阪アミューズメントメディア専門学校では、ゲームクリエイター学科でもプログラミングの授業を行っています。

プログラミングの基本であるC言語や、ソーシャルゲームで使われるUnityをマスターし、サンプルゲームを作れるようになるのが目標です。

業界の最前線をいくプロからのメッセージ

  • アークシステムワークス株式会社

    アークシステムワークス株式会社 代表取締役社長
    木戸岡 稔

    海外の人たちと
    一緒にものづくりを
    する時代

    ゲーム業界の市場は日々拡大が進んでいて、アメリカ・ヨーロッパ・日本を中心に国際化が進んでいます。このような背景に合わせ、作り手側も地域に合わせた物づくりを意識し、開発の場面でも、海外の人たちと一緒に物づくりをする時代が到来しています。
    これからは世界を市場として、今までゲームを知らなかった人たちを相手にする時代。
    みなさんと一緒に日本発の画期的なエンタテインメントを作り、世界に発信していきたいと思います。

  • 株式会社アトラス

    株式会社アトラス クリエイティブプロデューサー&ゲームディレクター
    橋野 桂

    「強度のある経験」ができる特別な娯楽

    何故、ゲームを作ろうとするのか。いつも自分に問いかけていることです。映画や小説などと違い、ゲームはプレイヤー自身がその世界で「強度のある経験」ができるという、特別な娯楽だと思っています。
    言い換えれば、新しい世界観や経験を「驚くほど手軽に得られてしまう装置」だと表現していいかもしれません。そんな素晴らしい体験を、多くのプレイヤーに提供する役割に就こうとすること。
    それこそが「クリエイターを目指す」ということなのかなと思います。いつか皆さんと一緒に、同じ目標を目指せたとしたら幸せに思います。未来のクリエイターを応援します。頑張れ!!

  • 株式会社レベルファイブ

    株式会社レベルファイブ代表取締役社長/ CEO
    日野 晃博

    遊び心や楽しむことを忘れずに

    学生時代から、しっかりと自分の得意分野や好きな分野をたくさん勉強して、スキルを伸ばしていってください。
    それは必ず作品クオリティの向上につながり、自分の武器になるはずです。
    また、日常から常に遊び心や楽しむことを忘れずに、クリエイティブに励んでもらえればと思います。
    皆さんもゲームクリエイターになって、面白い作品を作り、一緒にこのゲーム業界を盛り上げていきましょう!

  • 株式会社コーエーテクモゲームス

    株式会社コーエーテクモゲームス
    井上 忠信

    同じ目的に向かったチームでの経験

    ゲーム会社が求めるのはアグレッシブな人間です。“自分には無理だ”と思う人間よりは、“とりあえず挑戦しよう!”と思う人間を採用します。又、同じ目的に向かってチームを組んだ経験も重要。その意味で、早い段階でゲーム制作を行うアミューズメントメディア総合学院のカリキュラムは素晴らしいと思います。
    ゲーム開発における技術や意欲を学び、うまくいかなかった理由を考える。
    学生時代に貴重な体験をぜひ何度も経験してください。

夢をかなえた卒業生

  • プラチナゲームス 佐藤

    見つけた自分だけの「面白さ」を武器に!

    プラチナゲームス株式会社
    佐藤 貴宣さん(2010年卒)

    ゲーム業界を目指す人たちは「面白さ」に貪欲になってください。どういうときに面白さを感じたのか、触れた作品の何が面白かったか、日々の生活の中から「面白さ」をたくさん見つけだしてください。ゲームは時代と共に変化していますが、人が感じる「面白さ」の本質は昔から変わりません。あなたが見つけた「面白さ」は、必ずあなたの武器として力を振るってくれます。
    そしてゆくゆくはそれがゲーム業界を発展させてゆく原動力になっていくのです!

  • 株式会社オーツー 柏原

    あなたの「好き」が、
    業界への大きな第一歩!

    株式会社オーツー
    柏原 弘典さん(2014年卒)

    みなさんの好きなゲームはなんですか?まずは、なぜその作品を好きになったのか考えてみて下さい。
    それがゲーム業界を目指す第1歩となります。そして業界で必要とされている人材は、自分の好きな作品・ジャンルに限らずあらゆる物事に興味を持ち、幅広い視野と知識を持っている人です。
    学生のみなさんは、ぜひ今のうちに色々な事を経験しておいて下さい。
    みなさんがゲーム業界に来ることを楽しみにしています!

内定学生インタビュー

就職サポート

大阪アミューズメントメディア専門学校 ゲームクリエイター学科の卒業生は、就職サポートを受けてさまざまなゲーム制作会社に就職しています。

AMGインターンシップ

在学中にプロの現場でゲーム制作を経験できます。

エンタテインメント業界に多くのグループ会社を持つAMGは、ゲーム制作会社ともつながりを持っています。

AMGインターンシップで、プロの仕事や技術を間近で見てみましょう。

自身のスキルアップにもつながるので、ゲームクリエイターとしてさらに成長するチャンスです。

業界ガイダンス・セミナー

ゲーム業界の最新情報を、プロから直接教えてもらえます。

ゲームクリエイターやゲームプログラマーなど、さまざまな職種のプロをお招きし、業界の動きや今後求められるスキルなどについてお話しいただきます。

就職活動の時の参考になるのはもちろん、学生のうちに何をすればいいのか、どんな技術を身につければいいのかが分かる貴重なセミナーです。

学内クリエイター面談

プロのクリエイターや企業の採用担当が来校し、採用面接を行います。

「会社での面接は緊張する」「どんな企業を受ければいいのか分からない」という学生におすすめです。

大阪アミューズメントメディア専門学校とつながりの強い企業をお招きすることが多いので、キャリアセンターでしっかり面接対策を受けることができるでしょう。

学内企業・プロダクション説明会

大阪アミューズメントメディア専門学校の卒業生の就職実績があるゲーム制作会社が、学内説明会を行います。

その企業に就職した先輩も説明会に参加するので、会社の説明が聞けるのはもちろん、就職した先輩の体験談も聞けます。

授業のことや就職活動のこと、仕事のことなど、色々質問してみましょう。

ゲームクリエイターに資格は必要?

ゲームクリエイターに資格は必須ではありませんが、持っていると就職時に有利になる可能性があります。
他の職種の資格を複数取得すると、幅広い技術を持っている証明になります。

・C言語プログラミング能力検定試験

ゲームプログラマー向けの検定試験です。

C言語を用いたプログラミングについて出題されます。

・Illustrator(R)クリエイター能力認定試験

CGデザイナー向けの検定試験です。

画像編集に使用されるIllustratorのスキルを証明します。

・TOEIC

海外向けのゲームを開発している企業や、大手ゲーム制作会社では、海外とやりとりをする機会も少なくありません。

そのため、TOEICで高得点を取ると就職時に有利になる企業もあります。

就職実績

  • アークシステムワークス(株)
  • アイディアファクトリー(株)
  • アソビモ(株)
  • (株)アトラス
  • (株)カプコン
  • ガンホー・オンライン・エンターテイメント(株)
  • グリー(株)
  • (株)ゲームフリーク
  • (株)コーエーテクモゲームス
  • (株)コナミデジタルエンタテインメント
  • (株)Cygames
  • (株)スクウェア・エニックス
  • (株)スパイク・チュンソフト
  • (株)セガゲームス
  • (株)バンダイナムコスタジオ
  • (株)フロム・ソフトウェア
  • (株)ミクシィ
  • XFLAG スタジオ
  •   
  • Ubisoft Osaka(株)
  • LINE(株)
  • (株)レベルファイブ
  • (株)アールフォース・エンターテインメント
  • (株)アクリア
  • (株)アクワイア
  • (株)イニス
  • (株)インティ・クリエイツ
  • (有)インディーズゼロ
  • その他多数
  • (株)ヴァルハラゲームスタジオ
  • (株)ヴァンガード
  • (株)ウィッチクラフト
  • (株)エイティング
  • (株)ガンバリオン
  • (株)クラップハンズ
  • (株)クラフト&マイスター
  • (株)gloops
  • クルーズ(株)
  • (株)クロスゲームズ
  • (株)ケイブ
  • KLab(株)
  • (株)ケーツー
  • 元気(株)
  • (株)サクセス
  • (株)サムライピクチャーズ
  • ジェムドロップ(株)
  • ジニアス・ソノリティ(株)
  • (株)ジュピター
  • (株)白組
  • (株)スティング
  • タボット(株)
  • (株)タムソフト
  • (株)ディンプス
  • (株)デザインファクトリー
  • (株)トゥエンティイレブン
  • (株)トーセ
  • (株)トムクリエイト
  • (株)トライエース
  • (株)トライクレッシェンド
  • (株)ドワンゴ
  • (株)バイキング
  • (株)ヒストリア
  • (株)B.B.スタジオ
  • プラチナゲームズ(株)
  • (株)ブリッジ
  • (株)プレミアムエージェンシー
  • (株)プロペ
  • (株)ヘキサドライブ
  • (株)ボトルキューブ
  • (株)ポリゴン・ピクチュアズ
  • ポリゴンマジック(株)
  • (株)マトリックス
  • (株)マーベラス
  • メディア・ビジョン(株)
  • (株)メトロ
  • (株)ユークス
  • (株)ラクジン
  • (株)ランド・ホー
  • (株)レッド・エンタテインメント
  • その他多数

NEWS学科ニュース

BLOGブログ

ニュース一覧

ブログ一覧