夏期共同制作デザイナーインタビュー~ファンタジスタ編~  |ブログ

夏期共同制作デザイナーインタビュー~ファンタジスタ編~  

こんにちは、ゲーム・アニメ3DCG学科、チューターのYです。

今回はファンタジスタのデザイナーチームに話を伺いました。

(ファンタジスタさん制作【Knight&Princess】タイトル画面)

Q1:今、どんな作業を行っていますか?

河原さん(CGリーダー):モデリングやUIデザイン、モーションの制作などをしております。 データーの提出方法など、知らなかったことを学べるのでとても勉強になります。

阿部さん:UIやキャラクターモデル、モーションなどを制作しています。

飯田さん:
2D背景、UIを製作しています。

井上さん:モデリング、モーションを主に担当しています。

Q2:今回の共同制作でこだわっている又はこだわりたいところはなんですか?

河原さん(CGリーダー):キャラクターと背景をこだわりたいです。

阿部さん:ゲームで主に動かす騎士のキャラクターモデルを担当するのでこだわりたいです。

飯田さん:
ダークファンタジーのような雰囲気を感じてもらう為に、配色等にはこだわっています。

井上さん:上手く作ることよりも、違和感なく作るところ。その次により本物らしくつくることを、 プランナーからの提案を入れつつ心掛けています。

Q3:共同制作をやってみて楽しいところはなんですか?

河原さん(CGリーダー):自分達でデザインしたものに声がついたり、徐々に完成へと近づいているという事がとても面白いと感じました。

阿部さん:授業で習っていること以上のことが必要になるので 成長している感じがして楽しいです。

飯田さん:
ヒィヒィ言いながら共同で作業するのがなんだかんだ一番楽しいと思います。

井上さん:みんなの意見を出し合って、オリジナルのキャラや UIのデザインなどを考えることが楽しいです。

Q4:3学科含めてのチームと学科ごとのチーム、それぞれの雰囲気はどうですか?

河原さん(CGリーダー):普段はCGデザイン関係の勉強をしているので、この共同制作でプランナーとプログラマーがどのような事をしているかも知ることができるのでとても勉強になります。

阿部さん:初対面でやっていることも違うことから衝突してしまうんじゃないかと 内心ビクビクしていましたが、実際はそんなこともなく、やっていることが違うだけで目標は同じ仲間なんだなと感じています。

飯田さん:
初めての共同製作が、このメンバーで良かったと思っています。

井上さん:今のところこれといった衝突は起きておらず、円滑に進めれているほうなのかなと思います。

Q5 : 今回の共同制作での意気込みをどうぞ

河原さん(CGリーダー):実際にゲームを作るということが、ゲーム会社に就職しないとめったに経験できない事で、それを学生の間に経験できるということはとても貴重な事だと思います。この機会を無駄にしないよう、誰もが面白いと言ってもらえる素晴らしいゲーム みんなで作りたいです。

阿部さん:ゲームを作ったこともなければ誰かと一緒に作品を作ったこともないので、正直やり切れるか不安です。しかし、せっかく誰かと一緒に作品を作ることができる機会なので自分の力を出し切って最高のものが作れるように頑張りたいです。

飯田さん:
評価や就職に直結する大きなイベントなので、チームで連携をとって、 個々で見ても全体で見ても素晴らしいゲームになるよう一生懸命頑張ります。

井上さん:ゲームのクオリティを上げるため、しっかりとメンバーと相談をしながら、良い作品を作っていこうと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ファンタジスタのチームは、作業も順調で、メンバーとの仲も良好です。
このままの勢いで頑張りましょう!!!

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。