夏期共同制作プログラマーインタビュー~ワンダーラビット編~|ブログ

夏期共同制作プログラマーインタビュー~ワンダーラビット編~

こんにちは!
ゲームプログラマー学科 チューターの阪牧です。

入学して最初の大きなイベントである夏期共同制作が始まりました!

なので、今回はチームごとにインタビューをし、共同制作の雰囲気を皆さんにお伝えしていきます!1回目はチームワンダーラビットのプログラマーである山口君にインタビューしました♪

Q.どんなゲーム内容でどのような作業を行っていますか?

不思議の国のアリスをモチーフにしたパズルアクションゲームです。現在は、ゲームのマップの要素になるプログラミングを組んでいます。

↑少しだけ現状を見せてもらいました!かなりマップが出来上がってきている感じがします!

Q.こだわっているまたはこだわりたいところはなんですか?

ゲームでできることの幅を広げたいので多くの要素を増やしたいです。

Q.共同制作をやってみて楽しいところは何ですか?

ゲームクリエイター学科や3DCG学科の方たちと協力、相談して自分たちなりに制作を進められるのが楽しいです。

↑皆さんどれだけゲームを面白くできるかがかかっているので真剣に話し合いながら制作を進めていっています😁

Q.初めてほかの学科とチームで絡んでみての感想をお願いします。

いい人が多い印象で、安心して作業ができています。

Q.共同制作での意気込みをどうぞ!

最後までできる限り多くのことにチャレンジしてみたいと思います。

とのことで今回はチームワンダーラビットのプログラマーの山口君にインタビューしました!山口君ありがとうございます!

山口君は向上心が高く、多くのことにチャレンジしてゲームをより面白くしていきたい!そんな思いがこちらにも伝わってきました!

よりゲームを面白くするためにこれからも引き続き頑張ってくださいね!!

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。