夏期共同制作プログラマーインタビュー~シュヴァルツオーカ編~|ブログ

夏期共同制作プログラマーインタビュー~シュヴァルツオーカ編~

こんにちは!

大阪アミューズメントメディア専門学校 チューターの阪牧です。

今回はチームシュヴァルツオーカのプログラマーである米満君、小西君にインタビューしました♪

Q.どんなゲーム内容ですか?

マンションから出てくるゴミを回収していきポイントが高いほうが勝利という対戦型のゲームです。

Q.今回の共同制作でこだわっている又はこだわりたいところは何ですか?

米満君:対戦ゲームということなので、キャラクターの操作感や判定などにこだわっています。

小西君:タイトル画面の作成がこだわった点です。

↑真剣にゲームの調整やプログラムの修正、実装を頑張っています。

Q.共同制作をやってみて楽しいところはなんですか?

米満君:自分の考えていることとは違う視点でアイデアを得られる点です!

小西君:自身が考えて組んだプログラムが実行できた時はとても楽しいです!

↑ゲームの完成に向けて実装に関することやバグの確認、修正のことをゲームクリエイター学科の学生としっかり話し合いをしています。

Q.今回の共同制作での意気込みをどうぞ

米満君:プレイしてくれた人たちに、私たちの考えているコンセプトを伝えられるように精一杯頑張りたいと思います。

小西君:チームの皆さんと一緒にゲームをしっかり完成させるために頑張りたいと思います。

とのことで今回はチームシュヴァルツオーカのゲームプログラマー米満君、小西君にインタビューしました!米満君、小西君ありがとうございます!

米満君と小西君は自身のゲームについて深く考え、どうすれば面白さを伝えられるかをしっかり追求しているように感じました。プログラムに関しても高い向上心を持って取り組んでおり、苦戦しながらもしっかり共同制作に取り組めているようでよかったです。😊

これからもゲームの完成に向けて引き続き頑張ってくださいね!!

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。