夏期共同制作プログラマーインタビュー~ファンタジスタ編~|ブログ

夏期共同制作プログラマーインタビュー~ファンタジスタ編~

こんにちは!
大阪アミューズメントメディア専門学校 チューターの阪牧です。

今回はチームファンタジスタのプログラマーである河南君、中川君にインタビューしました🎵

Q.どんなゲーム内容ですか?

お姫様に忍び寄る敵を殴って弾いて殲滅する、アクションディフェンスゲームです!

Q.今回の共同制作でこだわっている又はこだわりたいところは何ですか?

河南君:バグを極力なくしていることです。

中川君:やってもらう人が飽きないようなゲームにしたいです。

Q.共同制作をやってみて楽しいところはなんですか?

河南君:個人製作の時よりもクオリティが高くなるところです。

中川君:ほかの学科の人たちと関わり、一緒にゲームを作り上げていくところが楽しいです。

Q.3学科含めてのチームと学科ごとのチーム、それぞれの雰囲気はどうですか?

河南君:3学科ともに初めての共同制作ということでやる気がかなり高いです!

中川君:それぞれの学科も真剣に話し合っている感じがします!

↑ゲームの素材に関する事をゲームクリエイター学科や3DCG学科と話しあっています!

Q.今回の共同制作での意気込みをどうぞ

河南君:過去のどの夏期共同制作作品よりもクオリティの高いゲームを作ります!

中川君:自分はサブプログラマーですが、できることを最大限頑張りたいと思います!

とのことで今回はチームファンタジスタのゲームプログラマー河南君、中川君にインタビューしました!河南君、中川君ありがとうございます!

河南君も中川君も自身に割り振られた仕事をしっかりこなし、高いクオリティのゲームを目指して頑張っています。😊

二人ともプログラム能力もどんどん向上しているように感じ、クオリティの高いゲームに仕上がってきています!!

引き続きゲームのブラッシュアップやプログラムの勉強をがんばってくださいね!!

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。