夏期共同制作プログラマーインタビュー ~カミツレ編~|ブログ

夏期共同制作プログラマーインタビュー ~カミツレ編~

こんにちは!
大阪アミューズメントメディア専門学校 チューターの阪牧です。

今回はチームカミツレのプログラマーである中村君、竹中君にインタビューしました。

Q.どんなゲーム内容ですか?

色を使って壁のパズルを解き進むアクションパズルゲームです!

Q.今回の共同制作でこだわっている又はこだわったところはなんですか?

中村君: 他のメンバーが作りやすいようにツールを作ったり、画像サイズやアイテムの仕様が変わってもすぐに対応できるようなプログラムにすることを心掛けました。

↑仕様変更に柔軟に対応できるようにプログラムを組み、ツール作成などにも力を入れています!

竹中君: ステージセレクト画面でステージ選択中のキャラクターの挙動をこだわりました。

Q.共同制作をやってみて楽しかったところと大変だったところは何ですか?

中村君: グループでの活動が大変でもあり、楽しいです。

竹中君: こだわった点でも挙げたステージセレクト画面でのキャラクターの挙動が大変でした。

↑ステージセレクト画面を作るためにしっかり勉強しています!

Q.共同制作を経験した感想をお願いします。

中村君: グループ活動は大変ですが、失敗を糧に残り数日や次からのグループ活動を頑張っていきたいです。

竹中君: 仕様の実装や他学科とのコミュニケーションなど大変なことが多かったですが良い経験になったと思います。

とのことで今回はチームカミツレのゲームプログラマー中村君、竹中君にインタビューしました!中村君、竹中君ありがとうございます!

中村君も竹中君もプログラムに対する向上心が非常に高く、プログラムを仕様変更に対応しやすいように書いたり、プランナーさんの方でステージ作成ができるようにツールを作ったりと初めての共同制作でもかなり柔軟に対応できていました!

これからもゲームのブラッシュアップやプログラムの勉強など頑張ってくださいね!!

オーキャン交通費サポート!

学校公式LINEをお友だち登録した全員
交通費サポートカードがもらえる♪

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。