夏期共同制作プログラマーインタビュー ~Quest編~|ブログ

夏期共同制作プログラマーインタビュー ~Quest編~

こんにちは!

大阪アミューズメントメディア専門学校 チューターの阪牧です。

今回はチームQuestのプログラマーである中塚君、古倉君にインタビューしました♫

Q.どんなゲーム内容ですか?

使い魔と共に最奥にいる大魔女を倒す2Dシューティングゲームです!

Q.共同制作をやってみて楽しかったところと大変だったところは何ですか?

中塚君: 自分はプログラムを書く、動かすことは楽しいことが再確認できた。2人以上でプログラムを書いたことがなかったので、役割分担や自分以外が書いたプログラムを読むのが大変だった。

古倉君: 文章のみだと相手が思っていたことと、自分が想像していたものが違うことがあるのが大変でした。

↑仕様実装についてどうやってプログラムするかを考えています。

Q.今回初めてほかの学科とチームで絡んでみた感想をお願いします。

中塚君: 自分一人でゲームを作っていたときは一人ですべてをしなければいけなかったが、多人数ですると専門に注力することができた。

ただ人が多いとゲーム仕様の考えが違うことがあったので、情報共有はとても大事だと感じました。

古倉君: 今回の共同制作で他学科の方たちと共にゲーム制作をして人とのコミュニケーションをしっかりとるのは改めて大事だと思いました。

Q.共同制作を経験した感想をお願いします。

中塚君: プランナーが出した仕様に沿うものができなくて仕様変更したりすることがあったりと、自分は技術不足だと痛感しました。

古倉君: ちゃんとしたゲームの製作は初めてなのでその割にはできたかなという印象があります。また他学科とのコミュニケーションがあまりとれなかったのでもう少しとることができたらよかった方と思いました。

↑二人ともデバッグやバグ修正、データ統合をしています。

とのことで今回はチームQuestのゲームプログラマー中塚君、古倉君にインタビューしました!中塚君、古倉君ありがとうございます!

中塚君も古倉君も今回の共同制作では一つしかなかったシューティングゲームを作っていました!

二人ともチーム間のコミュニケーションなど苦戦することはありましたが、それぞれの仕事をしっかりこなしゲームを形にしていきました!

プログラムを組むことも楽しめているようでよかったです!! これからもゲームのブラッシュアップやプログラムの勉強頑張ってくださいね!!

6/1(土)AOエントリースタート!

初年度授業料より10万円の免除と
入学前学習(プレスクール)に参加できる!

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。