夏期共同制作プログラマーインタビュー ~バブリン調査隊編~|ブログ

夏期共同制作プログラマーインタビュー ~バブリン調査隊編~

こんにちは!

大阪アミューズメントメディア専門学校 チューターの阪牧です。

今回はチームファンタジスタのプログラマーである奥田君、岩崎君にインタビューしました♪

Q.どんなゲーム内容ですか?

洞窟にバブリンという風船の性質をもつ生物を調査しにきた主人公が穴に落下してしまい、洞窟のとても深いところまで落ちてしまった。
バブリンを利用し洞窟からの脱出を目指すアクションパズルゲームです!

Q.今回の共同制作でこだわった点はどこですか?

奥田君:バブリンのキャラクター像に沿って、風船らしい動きを目指しました。特に壁にあたった時の変形、反射の動きにこだわりました。

岩崎君:バブリン大脱出なので、やはりバブリン周りについてはこだわりました。バブリンを生き物としてゲームに表すのをひそかに思って作っていました。

Q.共同制作をやってみて楽しかった点、大変だった点は何ですか?

奥田君:大変だったのは、プログラミングの分担です。役割をきれいに分けることが難しかったです。

岩崎君:楽しかったことは、一から作ってだんだん形になっていったのはうれしかったし楽しかったです。大変だったことは期間内にタスクをこなすのが難しかったです。

Q.今回初めてほかの学科とチームで絡んでみての感想お願いします。

奥田君:プランナーさん、デザイナーさんの仕事にはとても助かりました。おかげで楽しくプログラミングができました。

岩崎君:タスクの調整やグラフィックなど、様々な点でお手伝いしてくださったので、とても助かったと思います。プランナーさんとは毎日のように相談などをしていただき、完成できたのもそのおかげだと感じています。

↑プランナーさんと一緒にゲームの仕様について、バランスの調整などを決めるために話し合っています!

とのことで今回はチームバブリン調査隊のゲームプログラマー奥田君、岩崎君にインタビューしました!奥田君、岩崎君ありがとうございます!

奥田君も岩崎君も非常に向上心が高く、しっかりと授業に取り組み、先生への質問なども積極的に行いどんどんプログラム能力を高めていきました!そして他学科との話し合いなどもしっかりと行った結果が表れクオリティの高いゲームが完成したと思います!!

これからもプログラムの勉強やゲーム制作を頑張ってくださいね!

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。