冬期共同制作プログラマーインタビュー~arms編~|ブログ

冬期共同制作プログラマーインタビュー~arms編~

皆様こんにちは!

ゲームプログラマー学科チューターの阪牧です。

今回は夏期共同制作に引き続き冬期共同制作でも各チームにインタビューしていきますよ😄

冬期では夏期とは違い作るゲームは3Dゲームとなっております!

2Dから3Dになったことで学生たちもかなり苦戦しながら制作していましたが、苦戦した分良いゲームに仕上がっていると感じました😁

そんな学生たちのゲーム制作中の様子を今回のインタビューブログで皆様にお届けできたらと思います!

という事でチームarmsのプログラマー奥田君、米満君、沖野君にインタビューしました!

Q.どんなゲームですか?

銃やファンネルと呼ばれる兵装を使って敵を倒す3Dシューティングゲームです。

↑ゲーム画像


Q.
一番苦労した点は何ですか?

米満君: 他の学科とゲームのイメージ共有をすることが苦労しました。

奥田君: 広範囲に影を落とす実装に苦労しました。

沖野君: 上半身、下半身に分けてのアニメーションの実装に苦労しました。

互いに思い描いている完成イメージが違うと話の中でもずれがあったり、完成してから『なんか違うな…』となってしまったりしますよね…

米満君はそうならないように他学科とのイメージ共有をしっかりとしつつ自身の作業に取り組んでいたのですね!

Q.一番こだわった点は何ですか?

奥田君: スピード感の演出にこだわりました。

沖野君: 移動時の違和感を少なくした点です。

米満君: 倒していて気持ちの良い敵を考えながらプログラムした点。

今回チームarmsの演出面のプログラミングは全体的に奥田君が担当していたので、やはり演出面に関しては特にこだわりを持って作っているのですね!

↓これが

↓こうなります

かなりスピード感が違いますよね…

Q.現在どんな作業に取り組んでいますか?

沖野君: UI制作,ロック機能の改善

米満君: 敵の挙動の調整

奥田君:個人制作

UIやロック機能などを改善することによってユーザーにとってどれだけ親切な設計にしていくかという部分を突き詰めていっているようです。

いまも就職活動に向けて作品のブラッシュアップに力を入れているようですよ!ぜひ頑張ってほしいですね。

ゲームプログラマー学科に少しでも興味が出たという人はオープンキャンパスや個別相談会にぜひ参加してください!学科の公式Instagramも見てくださいね!

6/1(土)AOエントリースタート!

初年度授業料より10万円の免除と
入学前学習(プレスクール)に参加できる!

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。