冬期共同制作プログラマーインタビュー ~C・M編~|ブログ

冬期共同制作プログラマーインタビュー ~C・M編~

皆様こんにちは!

ゲームプログラマー学科チューターの阪牧です。

今回は見出しにもある通りチェンソーを使ったゲームです!

何か変わったアクションゲームを遊んでみたいと思った人にはおすすめのゲームかもしれませんよ😄

ということでチームチェンソーマシンのプログラマー中村君、三口君、古倉君の3人にインタビューしました!

Q.どんなゲームですか?

チェンソーを振り回す3Dアクションゲーム

Q.一番こだわった点は何ですか?

中村君: キャラクターのアニメーションはこだわって作りました

三口君: 見た目や演出を世界観にあうようにみせることです!

古倉君: 仕様書通りの敵をつくることです

キャラクターの動きを自然に見せるために中村君はかなりアニメーションにはこだわっていたようですね。

例えばアニメーション遷移時にパッと切り替えると、さっきまで止まっていたのに次の瞬間には走っている、という風になってしまいます。それを防ぐため、二つのアニメーションを徐々に切り替えていくようにプログラムを組むなどしてキャラクターの動きを自然に見せています!

Q.チーム制作でこれだけは気を付けたという点は何ですか?

三口君: チーム間でコミュニケーションをしっかりとることです

古倉君: コミュニケーションです

中村君: プログラマーはもちろんプランナーやデザイナーとのコミュニケーションをとることです。

なんと3人ともコミュニケーションと答えてくれました!!

共同制作なのでチーム間でのコミュニケーションはやはり大切ですよね!

ゲームの仕様に関する話やデザイナーとのキャラクターモデルの話などなど、しっかりとコミュニケーションをとっていなければ問題が出てしまうこともあります…

Q.現在どんな作業に取り組んでいますか?

古倉君: 経路探索のプログラムを組んでいます

中村君: 個人制作を進めています

三口君: 自身で組んでいたプログラムをきれいにする作業をしています。

経路探索のプログラムを勉強することで敵がプレイヤーに向かって近づいてくるとき、障害物を避けて近づいてくるという動きなどを実現できます。

Q.今後に向けての意気込みをお願いします!

中村君: 個人制作や就職活動も頑張ります!

三口君: 何とか就職できるように頑張ります

古倉君: いろいろなアルゴリズムに手を出してものにしていきたいです!

とのことで今回はチームチェンソーマシンのプログラマー

中村君、三口君、古倉君にインタビューしました!3人ともありがとうございます!

3人ともチーム間でのコミュニケーションを欠かさず行い、自身の担当箇所では妥協せずどんどん突き詰めていく姿勢が見えて素晴らしかったです😁

これらからも向上心高く頑張ってください!!

ゲームプログラマー学科に少しでも興味が出たという人はオープンキャンパスや個別相談会にぜひ参加してください!学科の公式Instagramも見てくださいね!

合格特典・プレスクール!

AO入学、特待生入学合格特典プレスクール
2024年スケジュールを公開しました

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。