夏期共同プログラマーインタビュー ~ジャッジメントストライク編~|ブログ

夏期共同プログラマーインタビュー ~ジャッジメントストライク編~

みなさまこんにちは

ゲームプログラマー学科 チューターの阪牧です

今回は去年に引き続き夏期共同制作について学生にインタビューしました😄

今年はチーム数多くなっていますので、より多くのゲームをみなさまにお届けしていきますよ♪️
では早速行きましょう
今回はチーム:ジャッジメントストライクの辻君、田中君、瀬口君にインタビューしました‼

Q1. どんなゲームですか?

ハクスラアクション※です。
※敵を倒しプレイヤーキャラクターを強化して、さらなる強敵に挑むアクション

Q2. 今、どんな作業を行っていますか?

辻君: 敵の出現処理やゲームのクリア判定を実装しています。

田中: インゲームのユーザーインターフェースを実装しています。

瀬口君: 画面遷移時のフェードイン、フェードアウトを実装しています。

Q3. 今回の共同制作でこだわったところは何ですか?

辻君: ステージエディターの作成を頑張りました。

田中君: 処理速度の速くなるコードを意識してプログラムを組んだところです。

瀬口君: ゲーム画面に遅延が出ないようにプログラムを組んだところです。

↑ステージエディター

Q4. 共同制作を経験した感想をお願いします。

辻君: チームメンバー全員が同じベクトルで制作に取り組まないとスムーズに進めることができないので難しいと感じました。

ただ、アイデアを出し合うことにより一人で作るよりも面白いゲームが作れると感じたので、チーム内でもっと上手く立ち回れるよう、今回の経験を次に生かしていきたいと思いました。

田中君: 就職後に行うことの練習としてとても貴重でいい経験になりました。また、自分の知らない知識や対処法などいろいろ知ることができ、とてもよかったです。

瀬口君: 自分に割り振られた仕事の責任やチームコミュニケーションが大切だと改めて実感しました。

ということでチームジャッジメントストライクへのインタビューでした❗

三人ともありがとうございます❗

夏期共同制作になってからはチーム間でのイメージ共有や今後ゲームをどう面白くしていくかなどの会議を行い、ゲーム制作を進めていきます。

その間で共有などができていなかったりすると問題が起きてしまうこともあるので、ここのコミュニケーションに苦労している様子がよく見られましたね😅

ですが今回苦労した点をこれからに活かしていければヨシ‼

これからも自身のこだわりたいポイントをもっと突き詰めていけるように頑張ってください‼

ゲームプログラマー学科に少しでも興味が出たという人はオープンキャンパスや個別相談会にぜひ参加してください!学科の公式Instagramも見てくださいね!

6/1(土)AOエントリースタート!

初年度授業料より10万円の免除と
入学前学習(プレスクール)に参加できる!

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。