夏期共同プログラマーインタビュー ~ロボコネクション編~|ブログ

夏期共同プログラマーインタビュー ~ロボコネクション編~

みなさまこんにちは

ゲームプログラマー学科 チューターの阪牧です

前回に引き続き2チーム目のインタビューです❗
早速行きましょう。
今回はチーム:ロボコネクションの東野君、前田さん、安福君にインタビューしました‼️

Q1. どんなゲームですか?

回路が描かれたブロックをつなぎ合わせ、ゴールまで電流を流して脱出を目指すパズルアクションゲームです。

Q2. 共同制作をやってみて楽しかったところ、大変だったところは何ですか?

東野君: 全員で作ったプログラムが正しく動いたときは達成感があり楽しかったです。大変だったところはバグが出た時の修正や各メンバーへのタスクの振り分けが苦労しました。

前田さん:チームメイトと納得のいく仕様を完成させたとき、特に楽しいと感じました。逆になかなか思ったように仕上がらないときは大変だと感じました。

安福君: ゲームがだんだんと完成に近づいていく様子を見るのが楽しく、難しいプログラムを組むのが大変でした。

Q3. 今回初めて他の学科とチームで絡んでみた感想をお願いします。

東野君:プログラマーとは違った視点でゲームを見ているので面白く感じました

前田さん: 普段受けている授業や共同制作で行う作業等が他の学科の方とは異なるため、報告・連絡・相談で情報を共有することがとても重要だと思いました。

安福君: コミュニケーション(報連相)を取ることが大切だということがわかりました

Q4. 共同制作を経験した感想をお願いします。

東野君:メインプログラマーとしてチームを引っ張るのが難しいです

前田さん: チームの皆で協力して一つの作品を完成させるという経験は、今まであまりしたことがないため今回とても貴重な経験をさせていただきました。

安福君: 実際のゲーム作りの現場に近いものを体験できて良い経験になりました

ということでチーム:ロボコネクションへのインタビューでした❗

三人ともありがとうございます❗

人によって個々の視点でゲームを見ていたりするのでチーム内で話をしていると自身では思わなかったことなどを発見できます。それらを経験できるのも共同制作の良いところですね😄

夏期共同制作で得た知識は後の個人制作や冬期制作でも大いに役立つと思いますのでどんどん知識を吸収してこれからに活かせるよう頑張ってください❗

ゲームプログラマー学科に少しでも興味が出たという人はオープンキャンパスや個別相談会にぜひ参加してください!学科の公式Instagramも見てくださいね!

オーキャン交通費サポート!

学校公式LINEをお友だち登録した全員
交通費サポートカードがもらえる♪

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。