夏期共同プログラマーインタビュー ~defense-of-the-ww1編~|ブログ

夏期共同プログラマーインタビュー ~defense-of-the-ww1編~

みなさまこんにちは

夏期共同制作プログラマーインタビューの続きです。
今回はチームdefense-of-the-ww1の古田さん、松友君、髙村君にインタビューしました、早速どうぞ!

Q1. どんなゲームですか?

クラフト要素とタワーディフェンス要素を組み合わせたタワーディフェンスゲームです。

Q2. 共同制作をやってみて楽しかったところと大変だったところはなんですか?

古田さん: チームメンバーとどんな風にゲームを作っていくかを考えている時間が楽しかったです。自分の企画したゲームではないのでシステムなどを考えて作っていくのが大変でした。

松友君: チームメンバーが意見を出し合ってゲームとして少しずつ進んでいくところは楽しかったです。

髙村君: 他の人についていくのに精一杯だったけど、試行錯誤しながら進めるのは楽しかったです。

Q3. 今回初めて他の学科とチームで絡んでみた感想をお願いします。

古田さん: 私の言った意見をすぐ取り入れてもらったことが嬉しかったです。それに加えてデザイナーさんがこうした方がいいと思ったことを言ってもらえたりしていたのでとても良かったです。

松友君: プランナーがいないこともあり、細かい仕様やスケジュール、コミュニケーションをとるのが少し難しかったですが、他学科の人と組めたのは良い経験になったと思います。

髙村君: コミュニケーションは大事だと思いました。

Q4. 共同制作を経験した感想をお願いします。

古田さん: グループでつくるというのが思ったより自由がきかない部分などがあるのでそれが大変でした。ですがそれ以上に、一緒に作るということ自体がとても楽しかったです。

松友君: 現場と同じ環境で制作をすることができてとても良い経験になりました。

髙村君: 複数人で作るのは楽しいですが、自分よりできる人とやっているので任されたところをできなかったらどうしようと緊張しました。

ということでチームdefense-of-the-ww1へのインタビューでした。
三人ともありがとうございます‼️

このチームが制作しているゲームは、今回の夏期共同制作で唯一クラフト要素を持ったゲームです。
色々とチャレンジしているのは素晴らしいですね。

ゲームプログラマー学科に少しでも興味が出たという人はオープンキャンパスや個別相談会にぜひ参加してください!学科の公式Instagramも見てくださいね!

6/1(土)AOエントリースタート!

初年度授業料より10万円の免除と
入学前学習(プレスクール)に参加できる!

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。