内定者たちの紹介~その2~|ブログ

内定者たちの紹介~その2~

みなさんこんにちは。
ゲームプログラマー学科担任のしょこたん先生です。

☆★☆本日もたくさんのアクセスありがとうございます★☆★

「しょこたん先生のブログだけが僕の心の支えです」というそこのアナタのために、元気1200%のブログをお送りしちゃうZO★

さて今回は、ゲームプログラマー学科第1期生、内定者情報第二弾です!!
本日は中国地方出身の2人をご紹介しちゃいましょう!

本日の一人目にご紹介するのはこちら!
岡山県出身、山下 天晟(やました てんせい)くんです♪

(写真クリックでインタビューページに飛びます。)

山下くんはAMGグループの卒業生である『アークシステムワークス』の森利道さんの大ファン!
それがきっかけでAMGを知って、岡山から親御様と一緒に体験説明会に来て入学を決めてくれました。

スタイリッシュな見た目とは裏腹に、常に目標を明確に持ち、その実現のための最短ルートを考えて行動できるアツ~い心を持った学生です。
1年生の冬期共同制作では、チーム結成の前から水面下で相方を見つけてゲーム作りを始めちゃうという気合の入れようでした。

その甲斐もあって、発表会や講評会では山下くんの作品は常に高評価!
持ち前のコミュニケーション能力も相まって就職活動はスムーズに進み、早い段階で志望企業から内定をゲットしました♪

そんな山下くん、『ヘディング工場』などVR開発にも力をいれており、AMGグループのOBOGも多数活躍中の【ジェムドロップ株式会社】に、学内クリエイター面接を通して内定致しました!
おめでと~~~う!東京に行っても引き続き頑張ってね!

続けて2人目にご紹介するのはこちら!
鳥取県出身、金田 康弘(かねだ やすひろ)くんです!!!

(写真クリックでインタビューページに飛びます。)

金田くんも、入学前に親御様と一緒に鳥取から体験説明会に参加してくれました。
実はそのとき、「ソフト制作はもちろん、ハード制作にも興味がある」と少し進路を悩んでいました。
(AMGは基本的にゲームのソフト開発の習得を目指す学校なので、もしハード制作にしか興味がないようであればミスマッチになっちゃうのです。)

悩んだ結果大阪AMGに入学、1年生の冬期共同制作では「パルクール」をテーマにアクションゲームを制作!流行のゲームエンジン等は使用せずに、ライブラリからゴリゴリと自作しました。

(大阪AMGの3D制作では、基本エンジンやライブラリは使っていないんです。キビシー!!)

また金田くん、高校時代はバレー部で全国大会出場経験もあるスポーツマンな一面も♪
礼儀正しいのはもちろん、AMG入学後もちょこちょこ地元に戻ってバレー部の応援にかけつけたりと、人との繋がりやチームワークを大切にできる子でもあります。

とにかくゲームが好きで、早い段階から企業研究も熱心に行っていました。
学校応募だけでなく、気になる企業には個人でもどんどん応募!
その中でも、昔から憧れていたという『BRAVELY DEFAULT FAIRY’S EFFECT』などの人気ゲームの開発を手がけ、またミドルウェア開発にも力をいれている【シリコンスタジオ株式会社】に見事内定!
ぴったりの会社に決まり、本当に嬉しいです♪

さぁ今回は、『中国地方出身で大阪AMGに入学し、東京のゲーム企業に就職が決まった』という2人をご紹介しました。
関西在住の方はもちろん、地方在住の方も大阪AMGで一緒にゲーム業界を目指せます!
しょこたん先生、体験説明会で君に会えるのを待ってるZO★

pg_moji

taiken

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。