実は企画もやってます|ブログ

実は企画もやってます

みなさんこんにちは。
ゲームプログラマー学科担任のしょこたん先生だぜっ!

ゲームプログラマー学科の学生は基本的に、来る日も来る日も、雨の日も風の日も、朝から晩まで、たとえ火の中水の中草の中森の中、土の中雲の中あのコのスカートの中、プログラムに取り組んでいるわけですが、実は週に1回半日だけ、ゲーム企画の授業もあるんです(きゃーっ!)。

とある日のゲーム企画の授業を覗いてみると・・・
8-%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0a
8-%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1a

先生からいただいたテーマをもとに、おもしろい企画を考えるべくグループに分かれて相談中。
その後順番に考えた企画を発表し、先生からご講評をいただきました。
8-%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a2a
8-%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a3a

もちろんみんなゲームプログラマーとしての就職を目指しますので、企画の能力が絶対に必要なわけではありません。
ですが「ただ言われたことだけをやるプログラマー」と、「どうすればおもしろくなるかを常に考えられるプログラマー」だと、どちらが就職のときに有利になると思いますか?
一見ゲームプログラマーとしての就職に関係なさそうに思えるかもしれませんが、実はこのカリキュラムもAMGが高い就職実績を誇る理由のひとつなんです。
AMGは未経験からたった2年でゲーム業界を目指す学校ですので、就職に必要なことをぎゅぎゅ~っと凝縮した日々が過ぎていきます。
こうしてみんな憧れのプログラムマスターに、ぜったいなってやってくださいね。

pg_moji

taiken

平日 学校見学・個別相談会

学び直し、キャリアチェンジの相談がしたい!
普段の学校の様子がみたい

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。