ヤズ先生ってどんな人?【体験授業 講師紹介】|ブログ

ヤズ先生ってどんな人?【体験授業 講師紹介】

入学希望者の皆さんを対象に開催している体験授業は、体験者の皆さんにとってはもちろん、
私たち動画・配信クリエイター学科にとっても大切なイベントです。

体験者にとっては「大阪AMGってどんな学校?どんな授業?」をリアルに体感できる場として、
私たちにとっては「入学希望者はどんな興味や希望を持っているのだろうか?」を知るリサーチとコミュニケーションの場として大切なのです。


そんな大切な体験授業を担当いただいている講師陣の中、「授業」というより楽しさ満点の
「動画を使った遊び空間」を提供いただいているのが映像クリエイターのヤズ先生です。


ご本業は映像クリエイター。ご自身が出演する配信動画の「企画・撮影・編集」はもちろん、
ファン交流やモデル撮影会、撮影レッスン、オンラインコミュニティ運営、動画による地域活性化支援など「映像を基盤にしたすべての活動をフィールドにしている」とのことです。


子どもの頃は「映画を観るのが好きで、特にアメリカのバディ(相棒)ものが大好き」なごくごくフツーの男の子だったんですが、高校時代には「自分の生き方を貫き通すヘンなヤツ」に成長していたそうです。

高校卒業後に自主映画(※)に目覚め、そのシナリオ執筆にのめり込んだ結果、2作品が書籍として出版されるまでに成長!その後、撮影の世界に入り「とにかくすべてを吸収する日々」を経て独立フリーに。企業、教育機関、ショップなどのPV、ブライダルや学校関連の写真撮影などの仕事をこなしながら、ご自身の作品作りも行い「映像の可能性をいろいろ追求し続ける映像人生」とのことです。

※自主映画(インディーズ・ムービー):映画館や劇場での公開を前提にエンタテインメント企業によって制作・配給される「商業映画」に対して、個人や有志により製作・上映される「動画映像」全般を指す言葉。  


新学科を目指す人たちへのメッセージは「チャレンジし続けてください!」。

同じ教室で同じ授業を受けたとして「それが何かを掴み取る時間になるのか、ただ眠いのを我慢するだけの時間になるかは、アナタ自身の問題。だから興味を持てるようにする工夫や、学びを楽しめるように組み立てるのは講師が頑張るので、みなさんは興味を持って何かを掴み取ることに挑戦し続けてください。映像を楽しむ、人生を楽しむチャレンジ、大切です!」

ワイワイ楽しくスマホ撮影して、気が付いたら最後は動画ができていた!といったヤズ先生の体験授業に、ぜひ「遊びに来て」ください!

オーキャン交通費サポート!

学校公式LINEをお友だち登録した全員
交通費サポートカードがもらえる♪

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。