ニュース

  1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. キャラクターデザイン学科
  4. 株式会社ゲームスタジオに内定した岡本さんにロングインタビュー

CHARACTER DESIGNER NEWS

2020年06月05日

株式会社ゲームスタジオに内定した岡本さんにロングインタビュー

株式会社ゲームスタジオに内定をいただきましたキャラクターデザイン学科2年生の岡本(おかもと)さん。作品制作や学生生活、就職活動など内定までの思い出をインタビューで答えてくれました!

Q1.内定おめでとうございます!では、内定の知らせを聞いたときの気持ちを聞かせてください。

夢かと思いました。丁度就職活動が上手くいかず激しく落胆していた時期だったので、内定の連絡を受けた時は本当に驚きました。正直驚きの反面、「やっと成功した」という安堵感が湧きました。

okamoto01
内定をとったポートフォリオ

Q2.大阪アミューズメントメディア専門学校で、就職に役立った講義や先生、サポート制度はなんですか?

1番大きかったのは2年生の夏期に行われたクリエイター面接です。様々なゲーム企業の方々と面接する機会を頂き、実際このクリエイター面接をきっかけに内定を頂きました。本格的な面接の模擬練習でもあり、本物の企業の方々に話を伺えるので、就職活動真っ最中で面接慣れできていない就活生には大変ためになるイベントだと思います。

Q3.就職活動、指導でなにか思い出のエピソードを教えてください。

日々色んな講師の方々にポートフォリオの添削をして頂いてたのですが、1番言われたのが色の塗りこみについてでした。色彩感覚は1番褒められるんですけど、「塗りこみが甘くてどの絵も未完成に見える」という意見を頂いた時かなり衝撃が走ったのを覚えています。今でも絵を描く時に塗りこみを意識してますが、塗りこみが深ければ深いほど見応えのある絵になるのは確かです。

okamoto02
共同制作で、講師からのチェック受ける

 Q4.学校の雰囲気はどうですか?

親しみやすい雰囲気です。専門学校なので当然趣味の合う同士や似たもの同士がクラスメイトになるので、皆気軽に発言が出来るしそれぞれのアイデアも尊重し合える良い環境です。クラス内での上下関係もなく親しみやすいです。

Q5. 大阪アミューズメントメディア専門学校へ入学してよかったと思うことがあれば教えてください。

正直に言うと今こうして内定を頂いたことです。先程も言った事と同じですが、内定を頂くきっかけになったのはこの学校で行われたクリエイター面接でしたから。企業の方々に作品や人間性を見てもらう機会はそうそうないので、このイベントがなければ私は長い間就職活動に苦戦していた気がします。

Q6.学園祭や展示会など発表会での思い出はありますか?

ビジネスデーや春季発表会で様々な企業の方々に作品を見てもらう機会がありました。普段じゃ知り得ない、企業視点では自分の作品がどう思われるかを実際に知ることができたので就職活動を頑張るきっかけにもなりました。

okamoto03
楽しく、そして緊張した学園祭

Q7.就職活動でくじけそうな時は、あったでしょうか?どんな時ですか?どう乗り越えましたか?

ゲーム業界を目指していましたが、UIや剣士などのキャラクターなど、ゲーム業界にウケるようなイラストを描くのが苦手だったので、書類選考の時点でどの企業にも落ちていました。特にUIを作るのが苦手だったけど、普段から趣味で描く創作キャラクターをイメージしたUIを作ることでなんとか乗り越えていました。

 Q8.これから、どんなクリエイターになっていきたいでしょうか。

私は自主制作で自分の好きなようにイラストを描くことが大好きです。ですがその反面、世間にウケる流行のものに疎く、どういうものが需要があるのかを勉強中です。自分の個性を活かしたイラスト活動を続けつつ、時流に沿ったアイデアを追求し常に学びながら絵を描いていきたいです。

okamoto04
時間をかけて取り組んだデッサン

 Q9.後輩や、これから同じ業界を目指す人にメッセージやアドバイスがあれば、お願いします!

自主制作で常日頃から自分の絵を描くことが好きな人はそのまま続けていてほしいです。その特性は絶対に業界に活かせます。お互い頑張りましょう。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

畑さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。