ニュース

  1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. ゲームプランナー学科
  4. 株式会社トーセに内定した山本瑞希くんロングインタビュー

GAME PLANNER NEWS

2020年10月13日

株式会社トーセに内定した山本瑞希くんロングインタビュー

株式会社トーセに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームプランナー学科・山本瑞希くんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。
素直に嬉しいです。第一志望の会社だったのでとても光栄に思っています。

mizuki04

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?
昔からゲームしかやってこなかったのですが、ゲームを仕事にする発想はなく、高校生の時に将来について迷っていると担任教師から「ゲームを作って俺に遊ばせてくれ」と言われたことがきっかけで、将来の仕事の視野が広がりゲーム業界を目指しました。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?
僕自身、実際にやってみて成長していく人間だと思っていて、大阪AMGの実践カリキュラムが自分とベストマッチしていると思ったことが決め手になって、入学を決めました。

mizuki05
学校パンフレットの撮影にも参加しました

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?
知識も経験も全くないです。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?
とにかく明るいクラスです。みんな同じ「ゲームが好き」という共通点があるので仲良く協力しあい、喧嘩もなく、時には真剣に物事に取り組んだりしています。

mizuki01

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?
香川先生の演出の講義が強く印象に残っています。講義だけではなく香川先生には企画書や就活の事についても相談に乗って頂きました。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。
制作中にメンバーが減ってしまい期限までに間に合わない事態に陥りましたが、残ったメンバーで協力し合い何とかゲームを完成させました。
残ったメンバー全員が必死になって制作に取り組んでくれ、今も本当に感謝しています。

mizuki03
冬期共同制作の音声収録メンバー

Q8.学園祭やビジネスデーで自分のゲームを遊んでもらった時の感想を教えてください。
何とか完成させたゲームを本当に多くの方にプレイして頂いて「楽しかった!」とその一言を聞いただけで、どれだけ苦しい状況になってもチームで必死になって作った甲斐があったと思い、泣きました。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?
人生初の面接であったこともあり、そもそもまともに話せるのかと不安になっていましたが、キャリアセンターの八木先生と面接練習を何度も行いました。ガムシャラに自分の熱意を伝えることができたことが印象に残っています。

mizuki02

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。
自分の将来の目標に向かって、とにかく知識とスキルを磨き目標を達成できるように、人生かけて本気で取り組んでいきたいと思っています。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。
これからゲーム業界を目指す人は「ゲームが大好き」という人がほぼ全員だと思うのですが、それでも自信がなかったり不安だったりする人は、一度だけトライしてみてください!
そこで新たな発見だったり、よりゲームが好きになったりするかもしれません。僕は正直「ゲームが好きな人」がゲームを作らないなんてナンセンスだと思っています。是非、一緒にゲーム業界を盛り上げていきましょう!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

山本瑞希くん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。