ニュース

  1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. ゲーム・アニメ3DCG学科
  4. 株式会社カプコンに内定した中平銀くんロングインタビュー

GAME ANIME 3DCG NEWS

2016年02月04日

株式会社カプコンに内定した中平銀くんロングインタビュー

株式会社カプコンに内定した、ゲームグラフィックデザイナー学科 中平銀くんの、内定者インタビューをお届けします。

Q.ゲーム業界を目指すきっかけは?
もともと絵を描くことが好きだったので、ゲーム業界で仕事をしたいと考えた時にグラフィックデザイナーを目指す事にしました。

Q.AMGに決めた理由は?
姉もAMG出身なので、学校に対して親からの強い信頼がありました。
親に「ここなら間違いないから」と言われ、特に意識せずに入学を決めました。

Q.クラスの雰囲気はどうですか?
とても良い雰囲気だと思います。
同じ業界を目指しているライバル達がいつも近くにいるという意識で、真剣に絵の勉強が出来ます。
逆に、まだ夢や目標を探している最中の方は、3年や4年かけて幅広く学べる他の学校を選んだ方が良いのではないでしょうか。

Q.印象に残っている講義・先生は?
もちろん、全ての講師がプロの方々なので、皆さん印象に残っていますが、中でもデッサンの吉岡先生が一番印象に残っています。
自身の絵に向かい合う姿勢、ストイックに技術を追求する精神を、厳しくも暖かく、徹底的に叩き込んで頂きました。
吉岡先生に出会えた事が、AMGを選んでよかったと思う理由の一つです。

Q.入学してすぐに始まる夏期共同制作の思い出は?
とにかく、ゲーム制作なんて初めてだったので、何をするにも分からない事ばかりで大変でした。
しかしゲームを作るためには知らない事も勉強して覚えていくしかないので、先生達に質問しながら必死に取り組んだのを覚えています。
驚くほど短期間でゲーム制作の流れを学んでいた事に後から気が付きました。

Q.学園祭の思い出は?
たくさんの人にゲームを遊んでもらって、感想や評価をもらい「もっとこうしていれば」と後悔することもありましたが、自分の作品をプレイして下さった方々に楽しんで頂けた事が良い思い出です。

Q.冬期共同制作と春季発表会の思い出は?
3D作品を画面に出すという事で、見栄えを確認するために描画の実験を何度も繰り返しました。
ゲーム業界の現場で活躍するクリエイターの方々に見て頂いて、発表会では褒めて頂くよりもダメだしの方が圧倒的に多かったと思いますが、自分の次のステップアップへ向けて、とても価値のあるアドバイスを沢山得る事が出来ました。
Q.就活指導や就職活動で印象に残っていることは?
自分の作品に自信が付くまで、思うように就職活動ができず苦労しました。
何度も作品を作り直してポートフォリオを充実させる中で、徐々に自信も付いてきたと思います。
面接にも苦手意識がありましたが、キャリアセンターや担任の先生と練習を重ね、一緒に面接突破の対策を立ててもらいました。
おかげで面接では堂々と話し、自分のアピールをする事ができたと思います。
Q.これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。
ゲームクリエイターは実力主義の世界だと思います。
徹底的にデッサン力を鍛えて、自分の意思で3Dの技術を磨く、自発的な行動が大切だと思います。
はじめは下手でも、この学校なら上手くなれる。やる気が大事だと思いますので、是非頑張って下さい。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

中平さん、ご協力ありがとうございました。
大阪アミューズメントメディア専門学校では、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムなどについて詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。