ニュース一覧

  1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. ゲームプログラマー学科
  4. アソビモ株式会社に内定した市原くん、藤原くんロングインタビュー

GAME PROGRAMMER NEWS

2018年11月28日

アソビモ株式会社に内定した市原くん、藤原くんロングインタビュー

『アヴァベルオンライン』『イルーナ戦記オンライン』など数々のオンラインゲームの開発、運営で有名なアソビモ株式会社に、大阪AMG在学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームプログラマー学科2年生の市原くんと藤原くんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

1111

Q.内定の知らせを聞いたときの気持ちを教えてください。
市原:一次面接が終わったその場で内定をいただいたので、驚きを隠せませんでした。 

藤原:連絡を頂いたときは実感が湧かなかったのですが、だんだんと嬉しさがこみ上がってきました。

Q.今回内定した会社を受験しようと思ったのはなぜですか?
市原:学内説明会で聞いた内容が、自分の目指したいと思っている事とあっていると感じたので受験しようと思いました。

藤原:会社説明会に参加させていただいた際、ユーザーを大切にしている会社という印象を持ち、とても魅力に感じました。学校内で筆記試験を行って下さるということもあり、受験を決めました。

Q.ゲーム業界を目指すようになったきっかけは何ですか?
市原:AMGに入学する前は大学に通っていたのですが、その時にUnityを使ったゲーム制作をしていました。そこでゲームを作る楽しさを知り、ゲーム業界を目指そうと思いました。

藤原:高校時代、進路について迷っていたときに「一度きりの人生、好きなことを仕事にしてやろう」と思ったのがきっかけです。

Q.AMGに入学を決めたのはなぜですか?
市原:2年制という短い期間で業界に行くことができる所が魅力的で入学を決めました。

藤原:2年制でありながらゲームを制作する機会が多く、濃い2年間を過ごせそうだと感じたからです。また、ゲーム企業の方々との距離の近さも魅力の一つでした。

Q.クラスの雰囲気や友人関係はどうですか?
 市原:よく学びよく遊ぶ人が多いクラスです。ゲームプログラマー学科と言うだけあって、クラスの人はゲーム好きばかりで話が合い、毎日が楽しい場所です。

藤原:とても良い雰囲気だと思います。時にはワイワイ騒いで、時には教え合ったり助け合ったり。友達というよりも戦友みたいな感じです(笑)。

Q.印象に残っている先生や講義はありますか?
市原:五十嵐先生のシェーダを使った講義です。自身のプログラマーとして伸ばしたい技術を決定付ける講義でしたので、とても印象に残る講義となりました。
藤原:全員です。先生方からは、業界で使われている技術から業界の裏話まで様々なことを教わりました。

Q.入学してすぐに始まる夏期共同制作はうまくいきましたか?
市原:大学時代にプログラムの勉強はしていたので、プログラム面では特に苦労することはなかったです。ですが、この制作で初めてプランナーも兼任していたのですが、その面ではうまくいかない部分が多かったです。
この制作を通じて、共同制作における大事なことを学び、後に行われる冬期共同制作に活かすことができました。

藤原:初めてのゲーム制作ということもあり、次から次へと問題が出てきました。それでもがむしゃらに作り続けて、完成した時は達成感が大きかったです。

Q.学祭およびビジネスデーでの思い出は?
市原:とても多くの方に自分が作ったゲームをプレイしてもらって、色々な感想や意見をいただきました。自分の作ったゲームを気に入って長時間プレイしてくれた方もいて、頑張って制作した甲斐があったなと思いました。

藤原:自分が何のために、誰のためにゲームを作っているのかを再確認できた場でした。また、自分たちだけでは思いつかないような意見や改善点を聞くことが出来てとても参考になりました。

Q.冬期共同制作と春季発表会はどうでしたか?
市原:この制作が就活に直結するものとなるので、身の引き締まる思いで制作に臨みました。学内で初めて挑戦する技術も取り入れ、しっかりとアピールのできる作品を制作することができました。
春季発表会では、より多くの企業の方に見ていただきました。自身の作品で足りない所や改善点を挙げていただき、大変参考になる発表会でした。

藤原:夏期の教訓を基に初めから全力でスタートしました。最初に思い描いていたゲームとは少しずれたものの、やりたかったアクション性は実現することが出来たと思います。春季発表会でも、企業の方々からアクション性を評価いただくことができたので嬉しかったです。

Q.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?
市原:早い段階で第一志望の企業の選考に落ちたことがとても印象に残っています。ショックは受けましたが、早い段階で分かったので気持ちの整理をすぐにできたのは良かったと思っています。

藤原:キャリアセンターの先生に、何度も面接練習をしていただきました。大変お世話になりました。あと、短期間に何度も東京に行くのは大変でした。

Q.入社後の目標や決意を教えてください。
市原:一日でも早く役に立てるよう努力していきたいです。
藤原:勉強することを怠らずに、プログラマーとして高みに上っていけるよう頑張りたいです。

Q.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。
市原:プログラムは書けば書くほど上達するものですので、根気があれば誰でも始められます。ゲーム業界に行きたいけど何から始めたらいいか分からない、そんな人はぜひプログラムから始めてみてください。

藤原:諦めずに努力を続けていれば、不可能なことなんてないと思います。どうか諦めずに、夢を叶えてください。
1112

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

市原くん、藤原くんありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。