ニュース

  1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. ゲームプログラマー学科
  4. 株式会社ロジカルビートに内定した小川くんロングインタビュー

GAME PROGRAMMER NEWS

2018年10月22日

株式会社ロジカルビートに内定した小川くんロングインタビュー

『いけにえと雪のセツナ』のプログラミングや『ドラゴンボールファイターズ』で有名な株式会社ロジカルビートに、大阪AMG在学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームプログラマー学科2年生の小川くんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

IMG_6851

Q.内定の知らせを聞いたときの気持ちを教えてください。
帰りの新幹線で内定通知が来たので戸惑いつつも早い時期に内定をいただいて、ほっとしました。

Q.今回内定した会社を受験しようと思ったのはなぜですか?
3Dグラフィックス系のプログラムが強く、自分も非常に興味がある分野で自分もやりたいと思い、受験しました。

Q.ゲーム業界を目指すようになったきっかけは何ですか?
将来のことを考えたときに、大学にいって一般企業に就職することも考えたのですが、改めて自分のやりたいことを考えたときに、好きなゲームを仕事にしたいと思い目指すようになりました。

Q.AMGに入学を決めたのはなぜですか?
2年制だからです。4年のスパンで見たときに4年間学校で学ぶより、2年間学校で学び、残りの半分をプロの現場で学んだ方が技術力が身につくのは明らかだと思い入学を決めました。1年で3回ゲーム制作を行うのも魅力でした。

Q.クラスの雰囲気や友人関係はどうですか?
とてもいい雰囲気で楽しいクラスだと思います。みんなゲーム好きなので仲良くなるのに時間がかからなかったです。

Q.印象に残っている先生や講義はありますか?
どの先生方も個性的で非常に印象に残っています。講義だけでなく、ゲーム業界のニュースとそれに対する意見などもいただけるので、ありがたいです。

Q.入学してすぐに始まる夏期共同制作はうまくいきましたか?
初めてのゲーム制作だったのですが、自分でも納得のいく世界観に仕上がったと同時に、制作する過程でたくさんの失敗を経験し課題の残る共同制作になりました。多くの課題を見つけられたという点では、うまくいったと思います。

Q.学祭およびビジネスデーでの思い出は?
一日中立ちっぱなしでゲームの説明や宣伝など忙しく、とにかく大変でしたが、一般の方、企業の方の評価やアドバイスを多く頂ける本当に貴重な機会でした。

Q.冬期共同制作と春季発表会はどうでしたか?
冬期共同制作ではプログラマー同士でお互いにやりたいことが明確だったため、比較的スムーズに進みました。全員が企画を考え話し合い、面白いゲームにしようと心がけました。
春季発表会では就活に直結する発表会なので学祭とは緊張感が違いました。また、企業の方と直接お話しできるので、評価やアドバイス以外にも就職活動などのお話も聞かせていただいて、とても貴重な体験でした。

Q.入社後の目標や決意を教えてください。
まだまだ技術力不足なので、いち早く戦力になれるよう努力したいです。

Q.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。
2年でゲーム業界へ行くにはそれ相応の努力が必要です。ですが、熱意があれば誰でもいけると思います。努力を怠らずに頑張ってください。

IMG_6850

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

小川くんありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。