ニュース一覧

  1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. キャラクターデザイン学科
  4. イートレックジャパン株式会社に内定した本田さんに ロングインタビュー

CHARACTER DESIGNER NEWS

2019年02月25日

イートレックジャパン株式会社に内定した本田さんに ロングインタビュー

モバイルコンテンツや映像コンテンツの開発を手掛けるイートレックジャパン株式会社に内定をいただきましたキャラクターデザイン学科2年生の本田(ほんだ)さんに、作品制作や学生生活、就職活動など内定までの思い出をインタビューで答えていただきました!

Q1.内定おめでとうございます!では、内定の知らせを聞いたときの気持ちを聞かせてください。
まずは就職先が決定したという安心感が大きかったです。次に内定の喜びとどういう未来になるのだろうかという不安とが半々でした。
CH0033

Q2.大阪アミューズメントメディア専門学校で、就職に役立った講義や先生、サポート制度はなんですか?
やっぱり企業の方が直々に学校(学校内のイベント)にて来てくださる機会があるというのは大きいかなと思います。わたしは特に就職先は、それがなければ知り得なかったところもあるので積極的に参加しておいて良かったなと思っています。

Q3.就職活動、指導でなにか思い出のエピソードを教えてください。
とにかくポートフォリオの更新がつらかったです!!新しい作品を仕上げる度に、自分の絵と死闘を繰り広げている感覚でした。今も作品を仕上げるという事においては、苦労は尽きないんですが、まだ内定が取れていない足元が不安定な状態での作品制作は中々に堪えるものがありました。
CH0034
※デッサン中の本田さん

Q4.学校の雰囲気はどうですか?
他の学科の事は存じ上げないのですが、私のクラスはお互い邪魔しない程度に丁度良い距離感で雰囲気は中々良かったのではないかなと思っています。私の場合、友人関係で良いものを築けたのでそれのおかげもあるのかもしれません。
CH0035
※校外授業の国立民族学博物館(モアイ像の前でポーズ)

Q5. 大阪アミューズメントメディア専門学校へ入学してよかったと思うことがあれば教えてください。
短期間の修学期間の為に自分の課題点と向き合う事が出来たところかなと思います。
短期間で、自分がステップアップするとなると当然それだけ素早く課題となる部分を見つけなければいけなくなるので辛いところもあるのですが、講師の方々もこちらが助けを求めると必ず親身になって応えてくださるのでそこも良かったと思っています。

Q6.学園祭や展示会など発表会での思い出はありますか?
何より就職先の人事の方との出会いだと思います。春季発表会で最初にアドバイスを頂いたのですが、その時が丁度、気持ちがまいっていた時だったので褒めていただいたり前向きなアドバイスを頂けたときに、まだ頑張れるな!と思った記憶があります。

Q7.就職活動でくじけそうな時は、あったでしょうか?どんな時ですが?どう乗り越えましたか?
くじけそうな時は正直数えきれないほどありました!
主に前述した作品制作でのことが多いのですが、その度にもう内定が決まっている友人の顔を思い出しては”負けてたまるか”と自分を奮い起たせていました。
慰めよりもこういう反抗的な方が自分にはあっていたので…。
CH0036
※クラスでの様子

Q8.これから、どんなクリエイターになっていきたいでしょうか。
ここの仕事は私が担当したんだ!と自分の仕事に胸を張っていけるようなクリエイターになりたいです!

Q9.後輩や、これから同じ業界を目指す人にメッセージやアドバイスがあれば、お願いします!
とにかく作品制作に対して自分に負けないことが一番大事だと思います。能力不足などの自分の至らなさに直面することも多いと思いますがとにかく己と向き合って沢山悩んで沢山泣いてください!死ななければ大体の事は乗り切れるので!応援してます!!!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

本田さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。