ニュース一覧

  1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. キャラクターデザイン学科
  4. TimeAge株式会社に内定した後藤さんに ロングインタビュー

CHARACTER DESIGNER NEWS

2019年02月27日

TimeAge株式会社に内定した後藤さんに ロングインタビュー

VR(Virtual Reality)コンテンツの開発・制作・販売及び運営を手がけるTimeAge株式会社に内定をいただきましたキャラクターデザイン学科2年生の後藤(ごとう)さんに、作品制作や学生生活、就職活動など内定までの思い出をインタビューで答えていただきました!

Q1.内定おめでとうございます!では、内定の知らせを聞いたときの気持ちを聞かせてください。
ようやく就職先が決まったんだ!と、とても安心したのと、これで卒業制作に力を入れられる!と嬉しく思いました。とても長い就活でした。
CH0227
※卒業制作品と後藤さん

Q2.大阪アミューズメントメディア専門学校で、就職に役立った講義や先生、サポート制度はなんですか?
面接練習です。人数が多いにも関わらず、キャリアセンターの先生が一人一人に時間をとって下さり、丁寧にご指導いただきました。面接で不安なことは全て先生にぶつけました!

Q3.就職活動、指導でなにか思い出のエピソードを教えてください。
わたしは集団で面接等を行うことが苦手です。最初に受けた会社がそれだったので、とても焦りながら受けた記憶があります。また、周りの方はみな大学卒なので自分より年上ということで不利なんじゃ、と不安になりましたが、無事突破できました。

Q4.学校の雰囲気はどうですか?
個性豊かなメンバーが集まっているので、わいわいとした明るい空気です。学科によって様々なようですが、休憩時間も過ごしやすく、リラックスできます。
CH0227-2
※卒業制作展での後藤さんとクラスメート

Q5. 大阪アミューズメントメディア専門学校へ入学してよかったと思うことがあれば教えてください。
様々なジャンルの講師の方々に細かく教わることができる点です。グッズ系からゲーム系まで幅広く学ぶことができるので、知識を蓄えることができます。進まないジャンルだとしても、勉強になることばかりです。
CH0227-4
※クラス内での話し合いの様子

Q6.学園祭や展示会など発表会での思い出はありますか?
よくまとめる役を務めていたので、いつも大変だと思いながらもやりがいを感じる経験をしてきました。卒業制作展示に関しても、同じく大きな役割を担っていたので、展示用のイラスト・就活・まとめ役と苦労はしましたが、いい思い出です。
CH0227-3
※編集者をお呼びしての表紙イラスト授業

Q7.就職活動でくじけそうな時は、あったでしょうか?どんな時ですが?どう乗り越えましたか?
周りの友人たちが内定し、私は焦りが募るばかりの日々を過ごしました。しかし、とある会社の採用担当の方に「あなたらしくしていれば受かります。」と励ましていただけたのをきっか けに、明るく面接に挑めるようになりました。

Q8.これから、どんなクリエイターになっていきたいでしょうか。
就職先は、ゲームやグッズといったジャンルとは違いますが、スピードと正確さを兼ね備えたクリエイターになりたいと思っております。ですので、日々訓練を積み重ねていきたいです。
CH0227-5
※卒業制作では、後藤さんが大好きな「鳥」をテーマにした作品を展示

Q9.後輩や、これから同じ業界を目指す人にメッセージやアドバイスがあれば、お願いします!

どうしても行き詰まることは出てきてしまうと思います。ですが、そんな時は焦らず、リフレッシュすることが鍵になります。わたしはピアノを弾くことが解決策でした。課題も就活も大事なことですが、趣味も大事にしてください。
あなたを救ってくれます!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

後藤さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。