ニュース

  1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. アニメーション学科
  4. 株式会社A-1 Picturesに内定した南 りりこさん インタビュー

ANIMATION CREATOR NEWS

2019年03月23日

株式会社A-1 Picturesに内定した南 りりこさん インタビュー

anime-minami

TVアニメ『ソードアート・オンライン』シリーズ、『THE IDOLM@STER』シリーズ、『うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE』シリーズなど人気作品の制作を手掛ける株式会社A-1 Picturesに内定が決まった南さん。
学校での生活や、制作の様子、そして就職活動の状況などを答えてくれました!

AN-SAOAN-utapuriA-1CLOVERWORKS

Q1.アニメーション業界を目指したきっかけは?
昔からアニメが大好きで、将来はアニメに関わる仕事につきたいと小学生の頃からなんとなく思っていました。特に映画館でアニメを見るのが大好きで、大画面と大音量で会場全体がその作品に包み込まれるのが本当に好きで、この感動を自分もだれかに届けられる存在になりたいと思ってアニメ業界を目指すようになりました。

Q2.大阪AMGに入学を決めた理由は?
最初は美術大学への進学を考えていたのですが、母の薦めもあって四年間ではなく二年間で就職ができる専門学校を考えました。そこで就職率の高い大阪AMGのことを知り、体験説明会で実際に教務の先生の話しを聞いて、一番就職が出来そうだと思い入学を決めました。

Q3.クラスの雰囲気はどうでしたか。
物静かな人が多かったですが、話しているうちに楽しく話せるようになってきました。やはりみんなオタクなので話が合うし落ち着くなぁと思います。学校生活についてはプロの先生が近くにいるし、画材は揃っているし、放課後も夜まで開放されているので作業するには最適な環境だと思います。

Q4.役に立った、印象に残っている講義は?
正直全ての講義が今まで習ったことのないものなので、すべてが新鮮で印象的でした。技術面の講義だけでなく、プロの講師の方のお話はとても面白くて、業界の裏話や業界に入ってから役立つことなど、いっぱい教えてくれてとてもためになります。

Q5.アニメーション制作の思い出は?
二回目制作となる冬期共同制作で企画を立ち上げ監督を担当したことです。監督の他にも脚本やキャラデや背景、音響や演出などほとんどの職種に携わり、とても良い経験になりました。完成したときの達成感はすごかったです!一枚一枚描いた絵が動いて、音がついて出来上がった作品は、胸を張ってよい作品になったと思います。アニメを最初から最後まで作るということを経験して、大きく成長できました。

Q6.就職活動時の指導の事や就活エピソードをひとつ。
会社に面接に行ったりする先で一緒に試験を受けた人たちに声をかけて、同じアニメ業界を目指す友達を作れたことが一番良い思い出です。就職活動は大変で辛いこともいっぱいありますが、楽しいこともたくさんありました。

Q7.アニメ業界でどんな人になりたいですか?
この人の作画が好きって言われたり、たくさん仕事をもらえるアニメーターになりたいです。

Q8.これからアニメ業界を目指す方へひとこと!
自分がしたいこと、今からしなければいけないことを自分でよく考えて、まず始めることが大切だと思います。そうしたら、きっと自分が輝ける場所が見つかるはずです。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

南さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。