ニュース

  1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. ゲームプランナー学科
  4. 株式会社ラクジンに内定した余吾くんロングインタビュー

GAME PLANNER NEWS

2020年03月24日

株式会社ラクジンに内定した余吾くんロングインタビュー

株式会社ラクジンに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!内定者であるゲームプランナー学科・余吾 淳志くんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。
今までやってきた努力が実って嬉しいです。

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?
小さい頃からずっとゲームが大好きで、ゲームの話題で友達ができた経験から、「自分もゲームを作って人を楽しませたい」と思ったのがきっかけです。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?
学校のカリキュラムにある「共同制作」が決め手でした。2年という短い間で二度制作する機会があるため、スキルアップになると思いました。

yogo0001

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?
なかったです。趣味でRPGツクールなどを使っていましたが、完成させるというハードルは高かったです。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?
ゲームが好きな生徒が集まってゲーム制作に関係する授業を受けるというのは、こういった専門学校でしかできない体験なので、毎日が楽しいです。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?
特に印象的なのは、小笠原先生の企画書作成の講義です。企画書で面白さを伝えるためには文章だけでなく、図や目を引く言葉を使い、その企画での一番面白いと思う瞬間をわかりやすく伝えなくてはいけません。企画を見てくれる人の気持ちを考える重要性を学びました。

yogo0003

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。
自慢みたいになるのですが、チーム結成の時、僕の企画に入りたいという希望がすごく多くて(認められてめっちゃ嬉しい)、やっぱりゲーム業界で働きたい!と自分の考えを再認識しました。
もちろんそこで制作が終わったわけではないので、組んだチームメンバーと意見を出し合ってゲームを完成させていったその経験が、自信につながりました。

Q8.学園祭やビジネスデーで自分のゲームを遊んでもらった時の感想を教えてください。
一般の方の中にノーダメージクリアを目指した男の子がいて、ミスをして悔しそうにしながらも何度も挑戦してくれて、最後のボスを倒した時に「やった!」って言ってくれたんです。それがとても嬉しかったです。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?
キャリアセンターの脇先生や担任の下間先生に、何度も面接練習に付き合っていただいたことです。企業に自身をアピールするのが苦手でしたが、場慣れしていったので就活を有利に進められたなと思います。

yogo0004
夏期共同制作 声優オーディションの様子

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。
自分の考えた企画や仕様が反映されたゲームを、友達や家族に遊んでもらうことです!夏期共同制作の時のように、悔しそうに何度もプレイしてくれる人をまた見たいんです(笑)

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。
ゲーム制作を通して辛いことも楽しいことも経験してほしいです。特にプランナーの人は色んなゲームを研究して、それを制作だけでなく企画書にも役立ててください。

yogo0002

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

余吾くん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。