ニュース

  1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. ゲームプランナー学科
  4. 株式会社ゲームスタジオに内定した塩濱くんロングインタビュー

GAME PLANNER NEWS

2020年06月01日

株式会社ゲームスタジオに内定した塩濱くんロングインタビュー

株式会社ゲームスタジオに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!内定者であるゲームプランナー学科・塩濱 翔さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。
思っていたよりも早くに内定をいただけてうれしい反面、社会人になれるか少し不安です。

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?
ゲームが好きだったからです。好きなことを仕事にすれば、たとえ辛いことがあっても乗り越えられると考えていたからです。

shiohama01

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?
CMの影響が大きかったです。ですがそれだけではなく、様々なオープンキャンパス、ガイダンスを見た中で一番ゲームクリエイターの道に近づけそうだったからです。

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?
全くなかったです。パソコンすら持ってなくてパソコンにも慣れていないくらいでした。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?
とても楽しいです。やはりゲームが好きという共通点を持つ者同士、話も合いますし、先生方も一緒にノッてくれたりもします。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?
小笠原先生です。ゲームプランナーとしての基礎を私たちに叩き込んでくれた先生です。安道先生の世界観の講義は様々なことをより深く知ることができ、知識がより一層深まりました。

shiohama04

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。
入学して3か月後の出来事で正直なにしたらいいんだろうと手探り状態で始まったのですが、やはりゲーム制作は大変なものだったんだと改めて知りました。進行が遅れたり、話し合いがまとまらなかったりと大変でしたが、そのたびに先生方が助けてくださり何とか乗り越えることができました。この制作のおかげで私はゲームクリエイターとしてかなりレベルアップできたなと思っています。

Q8.学園祭やビジネスデーで自分のゲームを遊んでもらった時の感想を教えてください。
楽しい!面白い!といった感想を多くの方に頂き、もう言葉にできないほど嬉しかったです。その反面、難しいと言われた時はもっとこうすればよかったなぁという後悔もあり、次の制作ではもっとうまくやってやろうという気持ちになりました。
企業の方からは思いもよらない発想が飛び交い、なるほど!と思うことばかりでした。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?
大変でした。思っていたよりも一つ一つの企業の採用数が少なく、ひたすら応募してました。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。
自分の作ったゲームが話題になって、またこの人が作ったゲームをやりたいなと思ってもらえるクリエイターになろうと思っています!

shiohama02

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。
これから先たくさん苦労して時には挫折しそうになったりもしますが諦めず前に進んでほしいと思います。ゲームが好きという思いがあれば頑張っていけると思います。これは経験談です(笑)皆さんがクリエイターになるという夢をもってこの業界を目指して、いつかクリエイターとして逢うことができればいいなと思います。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

塩濱くん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。